海外ラン旅

放浪ランナーのランニングブログ

今回はカナダの主にバンクーバーを拠点とした面白いランキングレースを紹介したいと思います。

 カナダのブリティッシュコロンビア州にて1月から9月まで行われる約10レース(年によってレース数が異なる)でポイントを競うロードレースシリーズがあります。
距離は5kmからハーフマラソンのレースまであり1位— 30 , 2位— 25, 3位 — 20, 4位 — 18, 5位 — 16, 6位— 15, 7位 — 14と20位 — 1、まで得点がもらえベスト5レースの総得点で順位が決まります。
誰でも参加でき5歳刻みの年代別に分かれていて、シリーズ最終戦終了後に表彰が行われます。
  私は2015年4レースに参加して途中までランキングトップでしたが最低5レースが必須なので最終的にはランキング外となってしまいました。
私の時は11レースあり、2018年は9レースのようですが、カナダのトップ選手が参加してくるレースもあれば 非常にローカルなものまであります。
 
途中まではこんなランキングレースになっているとは知らなかったのですが友人より聞いて面白かったです。
トップ選手も出てきますが、基本5レース以上は出てこないので一般ランナー勝機ありです。
その中でも印象に残ったレースを紹介したいと思います。

2月に行われた、バンクーバー・ファースト・ハーフマラソン
BC州のチャンピオンシップレースにもなっているこのレース。11004485_10155117048750136_1670254169_n
優勝はロンドン五輪マラソン、カナダ代表のディラン・ワイクス選手。縁がありディランからアドバイスをもらいながらボチボチ当時は走ってました。
私は当時の実力でまさかの奇跡的な快走で1'09"25秒で3位入賞を果たしました。


3月のModo Spring run-off 8k
 997091_10153230951953846_2561672167867021422_n
このレースの優勝は5000m13’40位のベストを持つケリー。 
世界クロカンのカナダ代表でもあります。2位には13'24の記録を持つリオ五輪5000mカナダ代表、ルーカス・ブーチェット。
私は7位でしたがトップ4人とはものすごい差があります。
ケリー・ウィービー、国内でもかなりの期待選手でしたが昨年27歳という若さで引退しました。
走ることへの熱意が薄れていったとの発表がありましたが、関係者の間ではエンジニアとしてもかなり優秀なため工学に専念するためじゃないかとの声もありました。
大学卒業時はランナーとして生きるかエンジニアとして生きるか迷ったそうです。



St.Patricks Day 5km
10429358_10153694862493709_7951014915150636001_n
このレースもケリー対ルーカスの対決となりました。5kmの州の選手権でもあるのでこのレースは私は30位ほどと撃沈しました。最初の1kmを一気に下り、最後1kmは一気に駆け上る中々きついコースです。
私が働いていたRunning Room主催でレースディレクターを務める上司のスティーブはいつか日本の実業団、学生選手をこのレースに呼びたいと話していました。結構前々から言ってるみたいですが、時期的に難しいのでしょうか。



ローカルレースの中でもトップ選手と走れる機会があるカナダのロードレースシリーズ。しかも各レース賞金レースです。エリートエントリーも可能で私の実力でも参加費を払わずにほとんどのレースに参加しました。

様々な距離、場所で行われるカナダのランキング、ロードレース。
きっと他の国にもその国特有の大会があるのではないでしょうか。 

また今度、カナダの別の大会も紹介していければと思います。 


 

 今回はオーストラリア10000m記録保持者ベン・セントローレンス自身がベストレースの一つと語るMelbourne Classic 5000m 前の調整メニューと基本的な練習サイクルを紹介します。

紹介するに当たってコーチ、本人からの承諾済みです。

私もベンとは数ヶ月一緒に練習をしていたので流れとしてはこの2011年のメニューとそんなに変わっていないと思います。もちろん特別なレース前や合宿中などは違ったメニューが入ってきます。

1セット何分サイクルというやり方が多かったのでレベルが違う私は距離で調整させられました。1000m の時は900mでやるなど。ちなみに1km3分ペースで走っても2'40来られたら抜かれます。

120m hillスプリント。私は110mで一緒にやっていましたが、一番きつくて嫌いなメニューでした。

他にも3000m(300 float+700onの交互)+2000m(200m float+ 200m onの交互)
Float=流す感じで走る。jogではない。(ただ人によって表現が色々あります。)
普段行なっているペース走のイメージでいいのではないでしょうか。
どうもオーストラリアの選手はペースの変化を組み合わせるのが多い気がします。ただ慣れてないとペースの変化がないままにめちゃくちゃな練習になります。
ベンとハリーは8'25+5'25くらいでやってました。


以下が2011年時の基本的な流れとペース。



火曜 ・9×1km 2’40/km4分サイクル、ラスト2’35以内

   ・10×400m 61 (2分サイクル) 5分休憩 4km threshold 12’20(砂利道)

木曜 ・30×120m hill sprint 1分サイクル)

   ・5km14’001km loop 

   ・8×500m hill(緩やか) (1’22)2’20サイクル 5分休憩後 4km threshold 12’20(砂利道)

土曜 ・12km threshold (3’05/km)

      4×2km (5’30) 9分サイクル

日曜 ・28-30km long run (5’00/km3’40/km程度) 

 160km/week 

 

 


こちらがベストレースと語るMelbourne Track Classic前の調整メニュー
バーナード・ラガト、クリス・ソリンスキーとの白熱したバトルです。

am :12km easy(4’20/km)  pm: 6km easy(4’30/km)

am:4km(11’30) 5分休憩 5×100m hill sprint 1分サイクル    4km warm-up cool-down 

am:15km easy (4’25/km)

am: 6km easy   pm:800m(2’05)4’30サイクル 400m(62)2’30サイクル 、4×200m (31)1’30サイクル  

          4km warmup  cooldown

pm:8km easy(4’40km)

pm:7km easy(4’40/km)

am:4km easy  pm: Melbourne Track Classic5000m (13'10)

91km/week

12728766_953327738088835_3224640173194097160_n


ジョグやロングランに同行もしましたが、特にジョグのペースに決まりはないと思います。

1km6分くらいで走る時もありました。この時はこのペースだったというくらいの認識でいいと思います。


月曜日は午後にトレーナーとのジムトレーニングと水泳を行なっています。水、金は個人でのジムトレーニングを行います。

ジムトレーニングにも同行しましたが、トレーナーが考えたメニューなので内容は伏せておきます。

ベンの専属トレーナーに私が気になる質問をした内の一つを紹介します。
「もしベンがマラソンに向けて、もしくは800mに向けて練習しているなら内容は違ってくるのですか?」

「いいや。仮にベンの走る距離が違っても内容は変わらない。一番目的としているのは筋力の強化による故障の予防だからだ。」

私も彼に一人でできる臀筋強化のプログラムを作ってもらい週2回行なっています。

全てがこのおかげとは言いませんが、もちろん練習内容が内容なので。ただ私自身再び走り始めて2年間怪我なく走り続けています。

 

動きづくり、ドリルもかなり重要視していて、いろんなトレーニングに組み込んでいます。
19424573_1373196586101946_4828338648088657378_n

 

今でも定期的にメールでアドバイスをくれます。アスリートとしてもそうですが、それよりも人間性という部分にいつも感心します。

たまにふざけてからかってきますが、、笑



リオ五輪後はトラックの第一線からは離れトレイルランに参戦しています。今年9月にはマラソンデビュー。ほろ苦い結果となりましたが彼が今後どんな形で次に挑むかが楽しみです。

次のレースは45kmトレイルだとか!!

今回、1125日に行われた八王子ロングディスタンスA組に出場した友人のハリーサマーズについて紹介したいと思います。

今年の8月下旬、ハリーから11月に10000mのレースに出場したいと連絡がきました。

11月下旬に八王子ロングディスタンスというレベルの高いレースがあると伝えたところ、ぜひ出場したいとの返答がありました。正直海外選手のトラックレースへのエントリーなどどうすればいいのか分かりませんでしたが、自分自身彼がまた走る姿を見たかったので出場に向けて動きました。



【ハリー・サマーズとは】


ハリーは8月中旬にシドニーで行われたCity to Surf という14kmのレースで2連覇を達成しています。昨年のCity to Surfが終了してからはモチベーションを失い、しばらくはファンランのみで今年に入ってからは6月まで約半年間は家族との旅行などプライベートを楽しむため完全に休養に入っています。しっかりしたトレーニングを始めたのは6月下旬からわずか6週間のトレーニング2連覇を達成しています。

私がハリーと初めて会ったのは20158月。当時もモチベーションを失って長い休養から復帰したばかりで当時の走力は私と同じレベルでした。10kでいうなら32分ちょっとくらいでしょうか。

しかしそこから2ヶ月後、メルボルンマラソン10kmを独走で2858秒で走っています。その後のオーストラリア選手権10000mでも2842秒をマーク。(自己ベストは2813秒)この10000m以降、今回の八王子まで約2年間トラックを走っていません。

そこからはリオ五輪のマラソン代表を狙うためかなりハードに練習していました。

20163月頃が一番の調子がよかったといいます。確かに一緒に練習をしながらレベルの違いにかなり驚きました。

1000m×9本(244秒平均)Rest1分 

他にも8kmTT1kmの周回)を1人で2227秒で走ってます。タイム取りをやっていたので距離が短いかなと思いましたが、1週間後の私自身6kmTT20分かかりました。だからと言って距離が正確とも言えませんが。当時の私のレベルが5000m1537秒です。

当時、10000mのオーストラリア記録保持者のベン・セントローレンス(2724秒)も一緒に練習をしていましたが、内容ではハリーの方がいい練習をしていました。ベンはしっかり考えて、ハリーは感覚的に練習するタイプなので、もちろん練習を比較するだけでどちらが上とは言えません。

20164月の長野マラソン、期待をもって応援に行きましたが体調不良により3kmで棄権という結果になりました。オリンピック代表を逃したショックが大きかったみたいで、そこから徐々にモチベーションを失っていったみたいです。




裸足ランニング


ハリーは基本的に練習は裸足で行います。レースはビブラムフィンガーのベアフットシューズを主に履いていますが、最近はロードレースではレーシングシューズを履くとのこと。

今回の八王子ロングディスタンスもですが、5000m1334秒)10000m2813秒)前回のコモンウェルスゲームズ10000mもビブラムのベアフットシューズで走っています。

ただハリーの考えの中に裸足の方が速いとか、シューズの方が速いとかそういう考えはないみたいです。路面に対して走りやすいほうで走るみたいな感じでしょうか。

現に今回も新宿のStep sportsに連れて行ったら、日本のシューズの種類の豊富さに驚いていて、ミズノのウエーブエキデンを購入しました。ジョグシューズはアディダスのGlide Boostを履いています。

私自身、カナダのランニング専門店、Running Roomでの勤務経験があるので確かに日本のランニングシューズの種類の豊富さはすごいと思います。しかも安いです。




23472445_10154942116536722_4191234098033274035_n


八王子ロングディスタンスに向けて


コーチのショーンからは、状態はすごくいいので2750秒を狙えるとの連絡がありました。11月初旬に行われた起伏のきついハーフマラソンを6422秒で優勝しています。

2013年、このコースで6523秒、1ヶ月後のZatooek10(オーストラリア10000m選手権)2816秒で走っています。2014年も6522秒。

単純に考えると2750秒は狙えそうな感じです。

最終の追い込みを芝生の400mトラックで1600m×5本(427秒平均)7分サイクルで行いました。この芝生のトラックはボコボコしていてかなり走りにくいです。

この後腰に痛みがでたようで日本入りする水曜日まで9日間走れていません。木曜日に2×1km254秒、252秒)を行ったときは問題ないと言っていましたが、レース当日はウォーミングアップ後、やはり気になったのか痛み止めを飲みました。

コモンウェルスゲームズのB標準2831秒が最低条件です。

5000m14分で通過。集団から離れてからも68-69秒で粘っていましたが、ラスト1周で71かかってしまいました。しかしなんとか2823秒で無事B標準は突破です。

あとは3週間後のZatopek10にて3位以内が条件です。Patrick Tiernan, David McNailがすでにA標準2754秒を突破しています。激戦になるとは思いますが、今回のレースでトラックレースの感覚も戻ったと思うので、後は状態を良くして2大会連続のコモンウェルスゲームズ代表を勝ち取ってもらいたいです。

本人曰く、20代前半の時と違ってビブラムはふくらはぎがすごく張るから次はレーシングを履くとのことですが、そこにも注目です。


コーチ ショーン・ウィリアムズとは


10月よりハリーは拠点をメルボルンに移して再びショーンの下で練習を行っています。

私も9ヶ月間ショーンから指導していただきましたが、半年近いブランクから2ヵ月半後にフルマラソン2時間25分で走れました。


ショーンが過去に指導してきた主な選手は


Ben St Lawrence10000mオーストラリア記録保持者、ロンドン、リオ五輪代表)5000m 1310秒 10000m 2724

Victoria Mitchell 3000mSC北京、リオ五輪代表 )

 3000sc  930

Morgan McDonald5000m ロンドン世界陸上代表 現 Wisconsin University

5000m 1315

Haryy Summers2014年コモンウェルスゲームズ10000m代表)

  5000m 1334秒 10000m 2813

Cameron Page2013年 オーストラリア選手権5000m優勝)

5000m 1329

Oliver Hoar (オーストラリアクロカン U20優勝 現Wisconsin University)

Lara Tamsett(世界クロカン、世界陸上10000m代表、世界ハーフマラソン13位)

 5000m 1528

Hugh WilliamsU20 世界クロカン代表)

 5000m 1359

Keith Bateman(マスターズ55歳クラス 界記録保持者)
5000
m 1525秒  10000m 3151



Craig Mottram(5000m オーストラリア記録保持者 1255)の高校時代のパートナーシップアドバイザー

オーストラリアナショナルチームコーチ


IMG_1653
 


20164月よりショーンはシドニーからメルボルンに拠点を移して新たなグループでランナーを指導しています。

今でも私自身メールにてアドバイスをもらっています。

オリンピック選手から一般のランナーまで国籍関係なく幅広く指導するショーンです。


オーストラリアのレジェンド、スティーブ・モネゲッティが“Shining Light”と認めるハリーの才能。やる気をなくさないで継続して練習をしてほしいというのがみんなの願いでしょう。
気持ちの面も含めての実力と思うので、そこを克服して頑張って欲しいところです。
IMG_2516


 


↑このページのトップヘ