ゲストハウス新宿スタッフNです。

スリランカのゲスト君との意思疎通がなかなか思うようにいかないので、ヘルパーIちゃんと、「いっそのこと私たちがシンハラ語をマスターした方が早いかもね。」なんて、身の程知らずなことを相談していました。

シンハラ語

マスターどころか、文字を覚えることさえ難しそうですね。