March 09, 2016

BORA ONE35のインプレ

おはこんばんちわ。げばらですん。ブログをやめるやめる詐欺を辞める事にしました(;^_^A

結局なんかあった時にギャーギャー文句たれたり好きな事を言いたい放題書くのはココだなとも感じたもので。今まで同様のんべんだらりと書くと思いますので、期待せずに見守って頂けると幸いです。


BORA ONE35のホイールが1月頭に手元に届きました。2ヶ月でだいたい500キロぐらい乗りました。ヤバイよ。このホイール。。いやまぢで。

IMG_1699前から言っていたカンパニョーロのニュートロン ウルトラが何故下りで安定性に欠けるのか?といった事も何となく原因を掴んできました。

ニュートロンはリムハイトがローハイトと呼ばれるホイールで、リムの高さが低い=リム自体が小さい=剛性が低いってところでしょうか。キビキビと走る素直なホイールであると感じますが。
で、下りで50キロを超えたりするとホイールに対して遠心力も働き、リムが変形しながら走る為に不安定に感じるのではないか?といったところでしょうか。

変形してるところはハイスピードカメラでズームアップ撮影でもしない限り視認は出来ないのでしょうが、少し頭を使えば判る事だろと自分にめっちゃツッコミを入れたいっす。。さすが頭悪いですね。穴が有れば入りたい(´・ω・`)

IMG_1729で、BORA ONE35ですが、オールマイティなホイールです。まず軽い。これは当たり前ですが、そして回転部であるハブがUSBと呼ばれるセラミックベアリングで良く回る。登りでも一漕ぎした後にスーっと前に進む感覚を感じます。

平地でもある程度の速度域で有れば足を少し休めても速度維持が比較的ラクです。そして何より一番良いところですが、下りでの安定性がハンパない。ココだと思います。

先ほどニュートロンの話で下りで遠心力が働いてと書きましたが、カーボンリムはアルミ合金のリムより硬いため、真円度が高いとでも表現しましょうか。速度が出すぎて怖いなと感じればブレーキかけて速度を落とすしかないのですがね。。

ブレーキの効きに関しては急ブレーキをかけると鳴きが半端ないっす。ママチャリでいうところのリアのドラムブレーキがサビサビでキキっー!!と鳴るあんな感じでしょうか。

あとクリンチャータイプですが、下りでブレーキも普通に効きますよ。リムがアルミ合金のと比較すると弱いなと乗り始めた直後は感じましたが、ブレーキをかけるタイミング慣れの範囲内だと思います。

他のBlogの方も言ってますが、基本スペックはとても高いけれど、コレといった突出した特徴の無いホイールとも言えます。レースよりかはロングライド向きだと感じました。

あとは自分に言い訳が出来ないホイールとも言えるでしょうね。真円度が高いですから、ペダルを回していて、硬い物体を回しているような感覚もあります。BORA ONE 35をはいてダメなら自分を鍛えるしかないでしょうね。自分を追い込むのが好きな人向きかも(^^ゞ


自分なりのインプレッションとしてギャーギャーと書きましたが総合してとても良いホイールだと思います。FENICEの乗り味自体もこれまでと異なってきております。あとは分割払いも頑張って返さねば(笑

ではでは今日はこの辺で。あでゅー(・ω・)ノシ



guevara_k at 22:40コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Blog内検索
Archives
  • ライブドアブログ