パチンコ必勝ガイドCLASSIC

パチンコ必勝ガイドが贈る愛と希望のレトロパチンコ雑誌通信

1990.10月号
パチンコ必勝ガイドCLASSICが贈ります
昔の必勝ガイド、バックナンバー紹介
今回はまだバブル景気に浮かれる中、
パチンコではゲーム性の拡大や攻略法が
活気づけていた頃のお話です
●1990年10月号
いわゆる当時の攻略法というモノは
おおっぴらにプログラムへ書き込めず主には
通常システムのアヤ(という形)で発生させていた
連チャンの、ムリをさせている部分を突いたモノでした
1990.10月号.08
巻頭を飾った『フィーバーボルテックスⅡ』(三共)は
そんな攻略法たちの中でも「チャンスタイム」
というタイプ。図柄揃い直後の祝福テロップが
流れている5.6秒の間に点灯した保留が約51%で
連チャンします
16
保留満タンで大当りさせてはダメですが、余りに
簡単かつ効果の高いこの打法は今号必勝ガイド
掲載時に最初で最後(?)の「袋とじ」発売となります

1990.10月号.01
目次を見ましても、意図的な連チャンに疑惑の持たれた
デジパチを主に攻略検証が大きく扱われているのが
目立ちますね

1990.10月号.02
攻略法になるかどうかは別として前述の通り、
連チャンシステムは隠してあるモノでしたから
解析で判明しなかった場合は編集部攻略ルームにて
何日か条件を変えつつ検証していく必要があります
否定された場合でもその過程は楽しいものでした

1990.10月号.03
新機種レポートもゲーム性のほか連チャンデータや
発生状況、予測などで構成されています
当時の「デ連委(デジパチ連チャン向上委員会)」
の面々も、実戦および攻略ルームで頑張っています

1990.10月号.04
この号のニューマシンは上機種のほか
『海賊キッド』(羽根モノ・平和)
『ローリングシャトル』(羽根モノ・平和)
『メカコング』(アレンジボール・太陽電子)
『ロックアップ』(アレンジボール・太陽電子)
となっております

1990.10月号.05
真面目な記事も多い中、必勝ガイドらしいと言えば
「これも攻略法か?」。通称「これ攻」として
一時は「オリジナル攻略法(オリ攻)」と比肩した
マイ攻略法のページ、今号では今は昔の
「煙草の吸ガラで優秀台を見抜く」攻略法でした

1990.10月号.06
最後に一発台の記事を2つ
メッセージの流れる三つ穴クルーン機
『ビッグポーター』(マルホン)では
釘研究と調整別の入賞ルートを研究

1990.10月号.07
デジタル式一発台の『サイクロン』(平和)は
出目の偏りを1万回転データで検証しています

また今号の「田山幸憲のパチプロ日記」は
平成2年7月5日の池袋S店。
『ローリングマシンⅠ』(三共)
『ビッグシューター』(平和)、『うちのポチ』(三共)
といったお馴染みラインナップの後、病のように
『ジェットライン』(西陣)を打っていた模様が
記されています

扱う必勝ガイドの時代はランダム予定、
次回更新がいつになるかは分かりませんが
反響などありましたら、また次回 ^^) _旦~~

1996.08.04
パチンコ必勝ガイドCLASSICが贈ります
昔の必勝ガイド、バックナンバー紹介
このアカウントにしましては反響もありましたので
気を良くして第二弾をしたためてみます

●1996年8/4月号
バブル崩壊もどこ吹く風、「30兆円」産業という
数字に浮かれた市場絶頂期
その反面様々な問題を抱えつつも、当時のホールは
「3分の1突入&継続確変+時短」という
『CR大工の源さん』(三洋)に代表される
「爆裂CRデジパチ」がその天下を謳歌しておりました
05
必勝ガイドでも巻頭記事から『源さん』
『モンスターハウス』といった今に続く機種たちが
カラー記事として目を惹いています
04
一方創刊以来、巻頭カラーに続く赤・黒の
2色ページでは様々な機種を追求する内容となっております
今号の場合は下の『マジックホール』(アレンジ・ニューギン)
の他新機種として
『スーパービック7A』(大一)/『満員御礼SV』(西陣)、
ノーマル機特集など、現金機にも目を向けていましたね
03
ニューマシンは計10機種
下の『熱血運動会DX』や上記の他に
『OL倶楽部』(一般電役・大一)/『セクシームーンA』(権利モノ・大一)
『大金星&2』(権利モノ・奥村)/『たこでちゅー』(羽根モノ・奥村)
など、デジパチ以外の機種が多数ラインナップされています
02
この号の目玉攻略法は『アクダマンSP』(権利モノ・SANKYO)
の大当り直撃。これは
・貯留球を解除するデジタルの時間が集中している初当り時のVゾーン位置調整
・権利中は一定になる解除タイミングに合わせたデジタル回転開始
という2パターンの攻略法でした

ちなみに自分、本記事の担当でした。この時は解析から上がってきた
デジタル回転(解除)時間と、目の前の実機とをにらめっこしつつ
攻略ルームで2晩くらいか、何度も試行したのを思い出しました
01

ちなみに「田山幸憲のパチプロ日記」では
平成8年6月5日の実戦。ホールは桜新町H店
メインで打ったのは『CR黄門ちゃま2』で、
二時四十五分には三万九千十個を持って終了しています

とりあえず、今回はココまで
時代的にはCRデジパチがシェアをガンガンと
増やしていく中ではありましたが、CR権利モノや
少なくなってきていたとはいえ様々な現金機など
ホールで多様なジャンル、投資金額の機種を
遊べた時代でもありました
もっともこの翌年からは、リミッター機が
登場してくる訳ですが、その話はまたに譲ります

扱う必勝ガイドの時代はランダム予定、
次回更新がいつになるかは分かりませんが
反響などありましたら、改めまして('◇')ゞ

1990.02月号

世の中自粛中、そろそろCLASSICとしましても
お家で読めるモノが必要ではないか? と、考えまして
長い歴史を持ちます「パチンコ必勝ガイド」から
担当の手元にあるバックナンバーを
気まぐれで紹介してみたいと思います。

宣伝では無いですので、この紹介号を
購入できる訳では無い点にご注意下さい!

●1990年2月号
巻頭特集! 当世役物図鑑
この頃ホールのメイン機といえば当然羽根モノ。
正月発売な今号の巻頭は、見目麗しい機種が揃っています
05

続く記事面では、やはり羽根モノの連チャン特集
特に一世を風靡した『ザ・トキオ』(平和)の
「タワー止め攻略」初掲載とその顛末が記録されています。
01

この後、『フィーバーレクサスⅦ』の解析記事を経て
続く目次をザッと見てみましょう
02

特筆すべきは『ドンスペシャルB』(豊丸)の
連チャン打法! 奇しくも『ザ・トキオ』攻略が読者の
高校生からもたらされたのと同様に、今号では後に
オリ攻大賞を受賞する、静岡県のFさんからの投稿を軸に
「朝イチ単発回し」攻略が完成する流れが記されています!
03

やはりこの頃全盛であった一発台からは
『スターライトⅡ』(三共)・『ビッグサンダー』(三星)を
ストローク・釘・役モノ研究と、多面的に紹介しています
06

巻末はニューマシンのコーナー。やはり時節柄、
羽根モノの新機種が多いですね。
04

ちなみに「田山幸憲のパチプロ日記」では
平成元年11月の模様を。
打っていたのは『ビッグシューター』(平和)、
『ローリングマシンⅠ』(三共)・『ザ・拳法』(西陣)
といったお馴染みのラインナップでした。

自粛中の特別編ですので定期更新という訳には行きませんが、
なるべく続けていければ…と思っています
扱う必勝ガイドの時代はランダム予定、
反響があれば頑張りますよっと(*^^)v

「羽根モノ」の歴史を一冊に凝縮した
「パチンコ必勝ガイド 羽根モノ大全」
令和2年1月27日に発売予定です!

ただ今、鋭意作成中でありますが
掘れば掘るほど編集担当でも知らない台が
出てくる事に驚きを隠せません!

本書は基本的にネット書店のみの販売となりますが、
ココでご注目!
ガイドワークスのネットショップから予約購入をして頂くと
ココのみの特典として特製DVDがオマケに付きます!!!!!

内容は
貴方野チェロス/ヒロシ・ヤング/大崎一万発
の三名による「羽根モノ座談会」を予定!

いずれもあの時代をパチンコと歩いてきた
強者ですので、編集担当も今から楽しみであります!!

●ガイドワークスHP特設ページ

●スマホの場合はこちらからでもOK!
http://guideworks.co.jp/s/index_test20191101


また、各種ネット書店さんへの
リンクも揃いましたので、以下もご利用下さい

●Amazon


●セブンネットショッピング
https://7net.omni7.jp/detail/1107045842

●楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16138934/?l-id=search-c-item-text-01


本書が好評な場合には第2・3弾と続けやすくもなる
という事情もありはしますが、
まずはパチンコを愛する皆さんへこの本を見て欲しい!

皆様、どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

羽根モノ大全AD.宣伝用

「羽根モノ」の歴史を一冊に凝縮した
「パチンコ必勝ガイド 羽根モノ大全」
令和2年1月27日に発売予定です!


1981年の平和『ゼロタイガー』誕生より歴史の始まった「羽根モノ」。登場当初よりCR前期までに一時代を作り、各メーカーごとにタイプなどのバリエーションが多数存在します

メインのゲーム性である「玉の動き」に魅了された羽根モノには非常に多くのファンが存在し、また2000年度以前のパチンコを知るパチンカーにとって、ほぼ全員に「マイベスト羽根モノ」が存在するほど支持が高い一大ジャンルです

パチンコ必勝ガイドが発行している世界で唯一のレトロパチンコ専門誌「パチンコ必勝ガイドCLASSIC」では、誌面で「メーカー別羽根モノカタログ」、DVDには「羽根モノパタパタ倶楽部」という企画を毎号掲載。これらを一冊にギュッと凝縮した上、バックナンバーをお持ちの方にも満足できますよう、未扱いメーカーの追加や取材記事、またCLASSIC掲載時には未掲載であった機種などを追加し永久保存用に作成します!

さらに2枚組DVDではVol.7までの「羽根モノパタパタ倶楽部」採録に加え、新規で『ゼロタイガー』『ファインプレー』といった2つのエポック機種を収録(予定)という豪華版の一冊!!

Amazonほか主要ネット書店でも購入は可能ですが
ガイドワークスのネットショップから予約購入をして頂くと
ココのみの特典として特製DVDのオマケ付き!!!!!


●誌面
・メーカー別羽根モノカタログ(再録)
西陣/SANKYO/三洋/ニューギン/平和/マルホン/大一/奥村
計600機種超掲載
・未取り扱いメーカー機カタログ(新規)
京楽/まさむら/豊丸/竹屋/銀座…ほか
・こぼれレア機種掲載(新規)
・ゼロタイガー、レッドライオン製作者インタビュー
「神保美佳の羽根モノ35年」(増補改訂)
・2000~2019年登場機種カタログ

●DVD・羽根モノパタパタ倶楽部
□DISC-1
・Vol.1再録:出演・貴方野チェロス/ちょび
マジックカーペットⅠ(三共・89)/パチンコ大賞13(西陣・90)/グレートキャノンⅠ(三共・89)
・Vol.2再録:出演・貴方野チェロス/ちょび
マッハシュート13(西陣・89)/キングスター(西陣・82)/サーカスⅢ(三洋・91)
・Vol.3再録:出演・貴方野チェロス/ちょび
アクアパラダイスGP(SANKYO・04)/たぬき丼(平和・90)/オールスターⅡ(三共・89)
・Vol.4再録:出演・貴方野チェロス/玉ちゃん
魔界組(西陣・89)/ブンブン丸(平和・91)/ニューモンロー(西陣・91)

□DISC-2
・Vol.5再録:出演・貴方野チェロス/玉ちゃん
ビッグシューター(平和・86)/ゴリコップ(大一・93)/玉ちゃんファイト(京楽・96)
・Vol.6再録:出演・貴方野チェロス/玉ちゃん
ローリングマシンⅠ(三共・88)/うちのポチⅡ(三共・90)/一休さん(三洋・89)
・Vol.7再録:出演・貴方野チェロス/ちょび/玉ちゃん
ゴロニャンマーチ(西陣・95)/たこでちゅー(奥村・96)/サンダードラゴンGP(三共・91)

・新規収録:出演・貴方野チェロス/大崎一万発/ヒロシ・ヤング
ゼロタイガー(平和・81)/ファインプレー(マルホン・95)
※上記新規内容は予定です


役モノ入賞~V・パンクまでの玉の動きをスーパースローでリピート&徹底解説する企画!
羽根モノの歴史上、重要かつ人気の高い機種を映像で網羅!!

●ガイドワークスECサイトでのみ購入特典あり!
60分間まるまる羽根モノトークDVD!!
貴方野チェロス/大崎一万発/ヒロシ・ヤング
・その時代に羽根モノを打ちまくった、3人の重鎮による「旧~新要件の羽根モノ」座談会
・当時を知る者にとっては頷きが止まらないDVDディスクのおまけ付き!
※上記内容は予定です

●特設ページ
http://guideworks.co.jp/hanedai

●スマホの場合はこちらから
http://guideworks.co.jp/s/index_test20191101




↑このページのトップヘ