魂をこめることなんて一生の内に

どれくらい訪れるのであろう

自分自身のある行動が軽く受け止められるか

迫力ある状況が伝わるか

その分岐点が魂がこもった時点

変わってくると思う

それだけ真剣さの度合いが計れるかもしれない

得意とすることは黙っていても

夢中になりいつの間にかに成し遂げていた

なんてこともあり得る

そこには魂をこめる意識なんて存在しない

逆に得意としない分野での行いは

余計に意識しないと難しいだろう

どうやれば魂をこめらえるのか

そこには目標とするものの重要さだったり

イメージしたワクワク感などが必要と思う


強制的にそうなる場合も多々あるが

理想は不得意であってもやり遂げれば

その先には嬉しいことが待っている期待感

が取組の心意気を向上させる

ただその期待感をどれくらいの臨場感で

頭の中に実際の場面として鮮明に

描けるかにより魂のこめ具合は変わる

それからすると人よりも少しでも優れている

事柄をより思い切って推進すると

可能性を飛躍的に高めることになる。

魂をこめるには時にはリラックスが必要

趣味の漫画は素晴らしい事