鈴と海外FXと億り人

鈴と海外FXと億り人

鈴が海外FXとバイナリーオプションでサラリーマンの月収以上を稼ぐブログです。

オススメFX会社

ユーロ(EUR)を買うということ

こんばんは。
鈴です。



目指せ為替市場放置員!

相変わらず万年通院太郎な鈴の久しぶりのFXブログです。


久しぶりだと何を書いて良いのかわからなくなるところはありますが、

今日はある意味次のテーマになる可能性のある通貨

ユーロ(EUR)について書いてみます。


euro


最近の鈴は、体調を悪化させないように

治療行為に踏ん張りながら為替放置員を勤しんでいるのですが、

為替放置員にあると便利なのが、

テクニカルチャート以外に

『ファンダメンタルズなどの見方』です。


ファンダメンタルズと言っても

そんなに難しくはないです。



ただ通貨の現状について自分の中で把握していくだけです。

今日はユーロを例にとって書いてみますね。


◆ユーロの現状


★買い材料

・金融緩和の縮小

・ドル高牽制の反動
(トランプ大統領などのドル安誘導)



★売り材料


・フランス大統領選挙 
(ほぼ終了?)

ギリシャ財政難 (ほぼ終了?)

金融緩和からの低金利 (終了間近?)

・英国のEU離脱での混乱

・移民問題

 

今まで売られまくったユーロという通貨ですが、こうして並べると、

今まで満載だった売り材料が色々と通過してきて

売り材料がマーケットの話題から消えつつあるのが

理解できると思います。



もちろん、問題自体が消えたわけではないです。

しかし、過度な不安で売られていた場合、

問題自体がある程度把握できる形になると、

もう恐れて売る必要も消え、

今までに多くの人々が売ったポジションは

利益を確定するためには「買い戻さないといけない」わけです。



つまり、直近では北朝鮮やISなどの

いわゆる地政学的リスクで買われていた

日本円(JPY)や

トランプ大統領のドル安誘導や、政策不安で売られていた

米ドル(USD)に対して

売っていたユーロ(EUR)を買い戻す

ということになります。



そうなると、今まで売られていたユーロ絡みの通貨ペアが大きく買い戻され、

今まで売っていれば利益の出ることの多かったユーロを買うことで

今後は、むしろ利益が出ることの方が多くなりそうです。


さて、そのきっかけになりそうな指標が控えています。

それが今週、4月27日(木)に予定されている

20:45 ECB政策金利発表

21:30 ドラギECB総裁定例記者会見です。



色々な見方があり、

ECB総裁のドラギさんは否定はしていますが、

ユーロの金融緩和もそれそろ打ち止めで

今回か次回に『金融緩和の縮小』について

アナウンスがあるのではと

言う見方も増えてきています。



そう考えると、今週または次回のECB政策金利では、

どこかでユーロ高に絡んで利益をもぎ取る方法はありそうですね。



先日GOLDMININGの読者さん向けに

経済イベントにからめて利益をGETする方法のアイデアを送ったのですが、

このECB政策金利についてもアイデアを送ってみようと思います。



まだ迷って登録してない方は、

この機会にGOLDMININGにもチャレンジしてみてくださいね。

ほぼ無裁量のFXのデイトレ手法です。


↑↑ バイナリーオプションを確実に超える優位性
オリジナルノウハウ「ゴールドマイニング」配布中!



役に立ったなと思ったら応援クリックお願いします。
↓↓↓
br_c_1532_1

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
2017年04月26日| コメント:0Edit

見えている悪材料はただの押し目

こんばんは。
鈴です。



目指せ為替市場放置員!

相変わらず満身創痍の鈴のFXブログです。


ユーロ圏の大統領選挙について

あれこれ言われている毎日ですが、

為替相場で大きなニュースに遭遇した時に

その影響力の差に唖然とすることはないですか?


その差は、先日書いた記事の「織り込み済」という言葉で決まってきます。





mieterumietenai
『先が見えてる?見えてない?』



ここのところ起きた為替相場に関わるような

重大ニュースを振り返って見てみましょう。


★リーマン・ショック

不勉強ながら、ことが起こった後に
初めて「サブプライムローン」なんて言葉を知りました^^;
そういう人も多いんじゃないかなと思います。

その後長期間に渡り、為替相場に影響を与え続けました。


★チャイナショック

これも鈴的には急に表面化した感じで、
起こるまで意識した記憶はないと思います。

それなりに長い期間動きがありました。


★スイスフランショック

「介入は逆張り」と言われることもありますが、
これはタイミングとしてはまさかの突発だったので
取れた人は、かなり長期間に渡って
スイスフランの買いを入れていた人だけかなと思います。
影響の大きさの割には動きは単発でした。

後に続かず一回だけの動き。


★ブレクジットショック


事前から情報が大きく出ていたにも関わらず、
ありえないと油断していた人の多い事件です。
イギリスの国民でさえ、まさかと思っていた人も多く、
ある意味では現在も大きな影響があります。

動き自体は単発ですが、現在も関連のニュースではそれなりに動きます。
(ただし、動きは離脱の決まった当日とは比較にもならない)


★トランプショック

これはイギリスのユーロ離脱の後で、
まさかが続くかもと警戒していた人も多く
情報も十分出回り、準備万端だった人も多かったようです。

動きは単発どころか、往って来いの一瞬で終了した感じの動きに。



これらを見てみるとすぐに分かることですが、

情報が十分出回り、かつ正しく判断できる状況であるほど、

為替相場に与える影響は少なくなり、

また影響を及ぼす期間も短くなります。


トレーダーの対処もこなれてきて、

「見えている悪材料はただの押し目」とばかり、

下がりきったところで仕込みにかかる場合が多くなっています。


こうしてみると、

トレーダーとして恐れないといけないのは、

見えている大きな驚異ではなく、

見えてない、突然降ってくる驚異だというのがはっきりしますね。


今、EU圏のトップの選挙など

色々リスクについて言われていますが、

鈴としてはそれらより、むしろ今見えづらくなっている

中国とかの方が怖いなと思います(;´∀`)






鈴のブログでは読者様のために

FXの初心者でも再現しやすい、裁量トレードの手法を配布しています。


裁量トレードで勝つ手法ですので、デイトレードはもちろん

スキャルピングにも応用して頂けるかと思います。



またシステムトレードとも似通った

GOLDMININGという無裁量のシステムも配布していますので

利益をあげるキッカケとして使っていただければと思います。





役に立ったなと思ったら応援クリックお願いします。
↓↓↓
br_c_1532_1

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
2017年03月09日| コメント:0Edit

AIには負けないトレード

こんばんは。
鈴です。



目指せ為替市場放置員!

相変わらず体調不良マンの鈴のFXブログです。


最近よく聞く話題に、「AI」という人工知能の話題が増えてきています。


AIが普及することにより、人間が不要になるという話もありますが、

鈴は決してAIには負けません。



pepper03



相場に関わってる人なら少しは耳にしたことがあるとは思いますが、

人間の仕事がAIに取って代わられるという話や、

投資をAIが判断して、アドバイスをくれるという話などがあります。



実際にAIの方がうまく判断できたり、

うまく機能したりすることは結構多いのじゃないかなと思います。

私達の関わる投資の世界でも、

データをいち早く揃えて条件が整ったらエントリーするという点では、

AIの方が遥かに上を行くでしょうね。


では、人間はAIに勝てないのかというと、

もちろんそうではないと考えています。


シンプルに機械の方が勝る分野で勝負しなければ良いわけです。

データを揃えて単純に速度を競うことでは、

人間はAIには勝てません。


なら単純に判断できない分野でこそ勝負スべきです。

判断の速度だけが相場の全てなら、

とっくに全ての投資家がAIに取って代わられているはずです。



例えば経済指標を受けての投資判断でも

AIには判断できない内容もあります。



よくある話に、経済指標が良かった=買いだとは限らないという話があります。



例えばこういう経験はないですか?

「アメリカの雇用統計が良かったのに、ドル円が上がらなかった…」

そういった時に、「織り込み済だった」という言葉を聞いたことがあると思います。


それがどういうことかというと、

すでに、雇用統計の数値が良いとわかっていて、

ドル円は買われていたということです。



AIは、少なくとも現在は、

雇用統計の数値が予想より良かったかどうか判断できても、

雇用統計の数値が良いことが投資家に予想されて、

すでに価格に織り込んでいたかどうかは判断することができないということです。



直前のマーケットの様子を見て、

白黒とは限らない、微妙な判断はAIには荷が重いということでしょう。


また決して一つではないマーケットの材料も

AIには判断がつきません。

今の相場が何を材料に動いているのか、

それがどこで変化するのか、

そういったことは、現状のAIでは判断するのが無理ではないかと思います。



また、細かい複雑な相場の予測も

AIには厳しいかと思います。



通常の会社員などの仕事でもそうですが、

AIにできる仕事というのは、限られています。


自分の仕事のスキルを

いわゆる「誰にでもできる仕事」ではなく、

「自分にしかできない仕事」へと昇華することで

AIが普及しても負けずに会社員としても生き残っていけると

鈴は常々考えています。



相場の話からはちょっと逸れちゃいましたが、

立ち止まらず、前へ前へと進み続けることは、

どんな世界でも大事なことでしょうね。



現状に満足せず、前へ前へ進みましょう♪



鈴のブログでは読者様のために

FXの初心者でも再現しやすい、裁量トレードの手法を配布しています。


裁量トレードで勝つ手法ですので、デイトレードはもちろん

スキャルピングにも応用して頂けるかと思います。



またシステムトレードとも似通った

GOLDMININGという無裁量のシステムも配布していますので

利益をあげるキッカケとして使っていただければと思います。





役に立ったなと思ったら応援クリックお願いします。
↓↓↓
br_c_1532_1

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
2017年03月08日| コメント:0Edit
Copyright © 鈴と海外FXと億り人 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます