March 29, 2010

『函館』への♪『Love Letter』

先日、自分へのご褒美に函館へ帰省(おいらは札幌生まれww)してまいりました。

あ、その前に『春』を夢見て背景も変えてみましたよ。

でも、まだ雪はすこうしありますが・・・・・・・・・・

今回は楽しいこと、気づいたこと、懐かしかったことの他に・・・・・・・


妙に『寂しく』なってしまいました。

『うぉーくまん』君のBGMはシャッフルプレイだったのですが・・・・・

突然”しばじゅん”の♪『Love Letter』を繰り返しリピートしてしまうくらいになぜか、

『寂しい』帰省。

でも、この時期だからなのかなぁ・・・・・・・・・・・

ちょっと昔のことも思い出したりした瞬間もあって。

3回くらいは人目もはばからず涙を流してしまいました(涙)

ま、

『薬』切れで情緒不安定なのもあるのですがね。


詳しいことはこの動画にしてみました。







完成して・・・また泣いちゃった(恥)

ホントにおいら『函館』や『函館』のみんなを愛しているんだなぁとつくづく感じた3日間でした。

また近々、帰省したいと思っています。

まずはGW明けまでの地獄を乗り切らなきゃ・・・・・

はいはい、ブログブログ。

ではでは。

おやすみなさい。


guitarman19660308 at 01:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話

February 24, 2010

おわびとお知らせ。

えっと・・・・・まずは約4ヶ月の放置についてお詫び申し上げます。

別館は持続しているのですが昨年末より体力的に二ヶ所の更新がなかなか難しくなってきていました。

このところじっくり考えたのですが、結論を出しました。

誠に申し訳ありませんが当本館については当分の間更新を凍結させていただきたくお詫び申し上げます。

特に相互リンクさせていただいている函館商工会議所様にはお詫びのしようがありません。

ですので、函館商工会議所リンクからお越しくださった方はもちろん検索でお越しいただいた皆様には下記のリンク先へ御来訪頂ければ幸いです。


http://blogs.yahoo.co.jp/guitarman19660308


尚、ブログを引っ越したわけではありませんので念のため。
この場所は残りますし、かなり不定期に更新する場合もあります。


というわけで今後ともよろしくお願いします。

Guitarman's Diary 管理人
         Guitarman


guitarman19660308 at 23:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 01, 2009

『わたし出すわ』(注:一部ネタバレの可能性あり)

久しぶりの更新で申し訳ありません。

さて・・・・・・・

見てきましたよ。

= 10/31公開 映画『わたし出すわ』 主演 小雪 =

わたし出すわ

http://watashi-dasuwa.com/ ←公式サイト

突然東京から故郷の『函館』に帰郷した摩耶(小雪)。
帰郷と言うか引越。引越業者にポチ袋に入った『心づけ』を渡す摩耶。
業者の先輩の方ははビックリ。中身は10万円、ちなみに後輩には1万円。
返しに戻るが、『あなたの思い出作りに使ってください』と摩耶に言われる。

そうして帰ってきた摩耶は同級生達、市電の運転手をしている道上、一時はマラソンで有名だったが故障で進退に悩む川上、専業主婦のさくら、水産研究をしている保利、地元有力企業社長夫人のサキ達に再会しそれぞれが夢があったり、困っていたり・・・・・その状態に、

『わたしがそのお金出してあげようか・・・・』『なんでも買ってあげる。』『出すわよ』と言ってその費用を自ら現金で出したり、店で物を買ってあげたり。

果たして彼女はなぜそんなに財産と言うかお金を持っているのか?
冒頭から同時に函館市内に起こる『金塊を家のポストに投げ込まれる』事件との関連は?
摩耶はなぜ『函館』に帰ってきたのか?

公開前から『?』が頭の中一杯になっていました。

でも、今日公開初日に見て全て解決。
と言うか今回は『静かな感動』がありました。

ほとんどが冬の『函館』の風景。登場する市電は718号(道新ぶんぶん号)。
それだけで懐かしくなってしまってつい笑顔に。

主なロケ地は谷地頭、函館八幡宮、函館空港、湯川(グルメシティ北海道湯川店横と気づくまで時間がかかったなぁ)、"大門"松風町、函館新道&ホーマックスーパーデポ石川店、はこだて未来大学、大森浜等々。

さすが『はこだてフィルムコミッション』協力です。

でも・・・・おいらの記憶違いだったら申し訳ないのですが、気づいたことがあります。

『困っていたり』とか書きましたが実は摩耶からお金を貰ったり買って貰ったりした友人達は誰一人として摩耶に『困っている』と言ったりしていないんですよね。

明らかに摩耶の方から察したり、調べたりしているようで『わたしがそのお金だしてあげる』なのです。

しかも・・・・・・・・・・

誰一人、その物やお金を手にしても摩耶には『ありがとう』の言葉が無かった。
(唯一さくらが1万円の冷蔵庫を買って貰ったのですがラストに近いシーンで『摩耶の1万円は重いよ』と感謝していますが)

実は摩耶には重病の母親が『函館』にいたと言うのも本編を見なければわかりませんでしたし。

ネタバレしない程度においらの考察と言うか感想を。

実は摩耶は何かに『成功』した自分を見せるためではなく、東京に『独り』を感じて故郷の友人たちにお金を出していたのではと思いました。

もちろん『見返り』は無いものと思って・・・・・

でも本当に『見返り』というか摩耶が欲しかったのは友人たちの『ありがとう』だと思うのです。

人から何かしてもらったりしたら普通は『ありがとう』と言うのが当たり前です。

でも、この登場人物たちは『ありがとう』と言う言葉を発しなかった気がするのです。

唯一、一人だけ摩耶に『ありがとう』を言う人物がいましたが・・・・・・


『ありがとう』。
感謝の言葉はとても大事です。
最近の社会が一番忘れていることを森田芳光監督は言いたかったのかな?とおいらは思いました。

本当に『静かな感動』でした。

早く『函館』に行きたくなっちゃった。
でもその前に『検定』の勉強しないと(笑)

ちなみに冒頭に字幕で格言がいくつか出るのですが中でも

『富は海の水に似ている。どちらも飲めば飲むほど渇きを覚える』

と言うのが印象的でした。

人と人は心でつながっているんですよね。お金じゃなくて。

とてもいい映画でした。DVD出たら絶対に買おうっと。

あ、DVDと言えば・・・・・・今日こんなの買いました。
裕木奈江DVD

裕木奈江ちゃん!
半額とはいえ・・・・・・しかも店頭になんて無いと思っていたので即買いでした(笑)

後で見ようっと。

さて、次に見る映画はやはりこれですね!
マクロスFイツワリノウタヒメ


guitarman19660308 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in dream/アニメ・特撮・映画

October 16, 2009

魚長が従業員約200人削減

食品スーパーの魚長(函館市西桔梗町、柳沢一弥社長)は6月から8月までに希望退職や解雇で従業員約200人を削減した。人件費圧縮による経営改善策に取り組み、今後は人員削減をせずに現行の22店舗を維持しながら黒字回復を目指す。

 同社は創業以来最高の売上高となった2007年2月期の約210億円をピークに、個人消費の低迷、他店との競争激化で、売上高は09年2月期に約190億円へ落ち込み、約2億円の赤字となった。このため、不採算店舗の閉鎖や休業、人員削減に着手。8月で営業休止となった新川、豊川店の約50人を含むパート、アルバイト約150人を解雇、併せて希望退職を募り、正社員43人が退職することになった。

 現在の従業員数はパート、アルバイトを含めて約1000人。このうち正社員約220人の基本給の15%カットを実施する。これらの対策で前年比で年間約3億円の経費削減を見込み、同社は「2010年2月期は黒字転換できる見通し」としている。(2009.10.15 函館新聞 NEWS WEB)


最近、『函館』の仲間から不景気の話題を以前にも増して耳にしていたのだがまさかここまでとは思いませんでした。

”魚長”といえば函館では有名な『マルカツグループ』の中核をなすスーパー。
おいらが住んでいた頃は既存店の改築リニューアルや新店のオープンを繰り返していてある意味『鼻息の荒い』状況だった気がします。

http://www.uocho.co.jp/

特に記事にある『新川店』は確か去年道南進出2号店となった昭和橋のマックスバリュのオープンに対抗して近隣に開店した店だったはず。

それがわずか約1年程で閉店したとは・・・・・

元々函館は『ダイエーの町』とも呼ばれた位だったが元函館ダイエー現グルメシティ北海道も不採算店を相次いで閉店、特に最近では本町の五稜郭店の閉店が話題になりました。

その五稜郭店の入居していた建物は魚長が属するマルカツグループが所有していたはず。テナント料の減少も影響しているのでしょうか?

長期的な不況の中にある北海道。
その中で顕著に影響を函館は今受けているのかも知れません。

マックスバリュにせよ最近人見町で新築移転したコープさっぽろにせよ・・・
同じ北海道内とはいえ地元外部のスーパー。

函館で歴史を持つスーパーの不調は地元経済に一層暗い影を落としているのかもしれません。

ますます心配です。








guitarman19660308 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | 最近の話題

October 15, 2009

赤い彗星?

たまに一休みして・・・・

テーマ投稿でもしますか。

『シャアザクの魅力』ですか?

ううむ・・・・ジャスト世代のおいらがまともなことを言っても仕方ないので(笑)


最近、といってもここ1〜2年はガンダムパロディ漫画にはまってました。

中でも・・・・・・

『トニーたけざきのガンダム漫画』by.トニーたけざき

『機動戦士ガンダムさん』by.大和田秀樹

の2作品を読んでいただければその魅力はわかるでしょうね(爆)

特に『ガンダムさん』でシャアは『赤い色』と『ツノ』にこだわります。

もちろん、笑いですけど。





結構小心ものだったり・・・・意外とあっけらかんとして軍人辞めてたり(笑)

結構笑えます。

ちょっとおすすめ。

トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)
トニーたけざきのガンダム漫画 (角川コミックス・エース)
クチコミを見る


機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)
機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)
クチコミを見る







guitarman19660308 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in dream/アニメ・特撮・映画 | I belive in anyway/多趣味な話題

October 12, 2009

函館帰省日記その3-2『坂と感動を訪ねて”カフェモーリエ”』

『ゆのちゃん』じゃなくて、可愛い『まゆちゃん』とお別れを惜しみながら歩いていて、考えました。

「ここは函館の西部地区だし。せっかく電車に乗ってきたから・・・・歩いて西部地区の坂とおいらの『函館映画』のロケ地や歴史を巡ろう!」

まずは外人墓地方面へ。
この方向にはまず今回どうしても行きたかった場所があります。

しばらく歩いていくと・・・・

『ん?』
仏花屋さん?

なぜか仏花屋さん。しかも連立しています。
「なんでだろ?」
と思っていたら、なるほど・・・・・・
高龍寺

高龍寺でした。
このお寺は函館市内でもっとも古いお寺と言われているのですが、何度もあった大火で移築を繰り返して現在の場所にあるそうです。

ここの『おことば』がありがたい。
高龍寺のお言葉

特に『愛情のこもった料理はうまい 人生だって・・・』が身に染みました。


そうして、ロシア人墓地を通り抜けて
ロシア人墓地


普通の道路わきの林の中の日本人の墓場を抜けると・・・・・ありました!
モーリエ到着


モーリエ4

『カフェモーリエ』です。

ここは映画『星に願いを。』のロケ地で有名な場所。
http://www.bsr.jp/hoshi/




ストーリーは・・・・

―北海道・函館―。 3年前の交通事故により、失明し、声も失ってしまった青年・笙吾(吉沢 悠)。 事故直後、心を完全に閉ざしてしまった彼に立ち直るきっかけを与えたのは、担当の看護師・奏(竹内結子)だった。彼女の献身的な看護と時に厳しいリハビリは、笙吾に再び生きる勇気を取り戻させた。 そんなふたりは時がたつにつれ、言葉を超えて心が通じ合う特別な存在になっていた。
 しかし、幸せの時間はあまりにもはかなく短かった…。笙吾は車にはねられ、奏の目の前で息絶えてしまったのだ。 受け止めがたい事実に奏はただ泣き崩れる事しか出来ないでいた…。

 市電の車庫で目覚める笙吾。不思議な事に体には傷一つなかった。 しかも視力が回復し、声も出せるようになっていた。実は流星のチカラによって数日間だけ笙吾は再び生命を与えられたのだ。
但し、生前とは違う全く別の人間として。誰も彼が笙吾だとはわかる人間はいなかった。あの奏でさえも…。死んでしまった悲しみと、生まれ変わった喜びが入り混じり苦悩する笙吾。

奏に“ある想い”を伝えようとするが、彼女にとって今の笙吾は無神経な他人にしか見えない。 そして、その存在が人に知られる時、笙吾は永遠にこの世界から消滅してしまうのだった。 残されたわずかな時間で、果たしてふたりの心は再び通じ合うことができるのか…。(公式HPより転載)

この映画の中で『モーリエ』は笙吾が事故にあう前からの知り合い霧島仁(國村 隼)が経営する『ジンズバー』として登場します。

ここから海を見ながら笙吾の真似をしてトマトジュースを一気飲みしたかったのだけれど・・・・
モーリエ3



定休日でした。

でも、去りがたいので中を覗くと
星に願いをポスター


映画のポスターが貼ってありました(><)

しかも、この『モーリエ』には感動の話があって・・・・
『星に〜』の公開後、店主が閉店を決めて一度店を閉めたのですが映画のファンをはじめ市民の嘆願もあって店を再開したとかとの話があります。

やっぱり『函館』は素晴らしい!

もちろんこの『モーリエ』から見る海の風景も素晴らしかったです。

さて、まだまだ序の口!歩きますよぉぉぉぉぉぉぉぉ(by『水曜どうでしょう』藤村D)wwwwww


つづく。

guitarman19660308 at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in dream/アニメ・特撮・映画

October 01, 2009

歴史の幕

今日、9月30日。
札幌西武が閉店しました。

いわゆる旧『札幌五番館』です。創業から103年目の閉店です。

どうしても今日訪れたくて、現場から会社に帰社する途中に寄りました。

すると『赤レンガ館』の7階で過去の写真や展示物と公募した『札幌五番館』=『五番館西武』=『札幌西武』に対する想い出等のエッセイが展示してありました。

エッセイを一つ一つ読んでいて・・・・ちょっとだけ最近文章を書くことに憧れているおいらは感動してしまいました。

その公募には応募できなかったのでここに書きます。

『五番館』。
多分おいらの記憶ではたぶん札幌で一番歴史のある『百貨店』だった気がします。

幼少当時は『五番館』『丸井今井』『三越』『金市館(現在のラルズ?)』『サンデパート』『丸ヨ池内』があって、小学校頃に『東急百貨店』『松坂屋(後のヨークマツザカヤ)』『札幌そごう』『札幌パルコ』等ができて・・・・・そのほかに『4丁目プラザ』『コスモ』『エイト』『緑屋』等のファッションテナントビル等があったり札幌の街中はにぎやかでした。

特に『五番館』には想い出があります。
というかデパートの『大食堂』。

おいらの『親父』は特殊な公務員だったせいなのか日曜になると『家族サービス』と称して、それぞれにおめかしをさせて『デパート』に連れて行くことが多い人でした。

で、昼時になると今なら『あれが食べたいこれが食べたい』と専門の飲食店に行くのですが、当時はやはり家族連れは『デパートの大食堂』でした。

ショーウィンドウで食べたい物の見本を確認してから窓口で手売で硬券の食券を購入して席へ。

水はウェイトレスさんが持ってきてくれますが大概の『大食堂』でお茶はセルフサービスだった気がします。

コーナーに瀬戸物の大きな急須と湯飲みがあってそこまで両親のお茶を兄妹で競って取りに行ったり、机上にある100円の星占いおみくじを見つけて『どうなんだろう?』とか考えて親に強請る瞬間を伺ったり。

食事のあとは屋上の遊園に連れてって欲しいなぁとか思ったり。

ホントに『百貨店=デパート』は子供の頃のおいらにとってある意味『遊園地』でした。

中でも『五番館』では大食堂で『親父』が必ず『チャーメン』(いわゆる塩味のあんかけ焼きそば?)を頼んで酢をかけて頬張っていたことを思い出します。

その血筋なのかおいらもこの歳になってあんかけに酢を大量にかけるようになりました(笑)

ちなみに今日ソノシートと歌詞カードが展示されていましたが『札幌五番館』のテーマソングは『赤い鳥』が歌っていました。

テーマフラワーは『カトレア』でした。

同じく展示されていた紙袋や包装紙を見て、『ウチにもあったなぁ』とか思い出してしまいました。


103年のうちのウン十年ですが・・・・・・
『札幌五番館』を知っているおいらとしてはとても悲しいです。

『そごう』の時とはまた違った悲しみと言うか・・・・・・

西武になったとはいえ、創業は札幌ですから。

丸井今井も札幌創業だったのに『三越伊勢丹HD』の傘下になってしまいました。
将来は見えません。

『デパート』『百貨店』の時代は終わりに近づいているのかもしれません。
今月初めに旭川に行った際、『丸井今井旭川店』が閉店していてちょっと実感しました。

ちなみに先ほど書いたおいらの幼少時の店名を全てわかるあなたは・・・・・・
生粋の札幌っ子か『百貨店』マニアです(笑)

そういえば『函館』。
『中合棒二森屋』には頑張って欲しいです!

明日も食いしばらなければ・・・・・

でわ〜ん☆



guitarman19660308 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I belive in anyway/多趣味な話題 | 最近の話題

September 18, 2009

函館帰省日記その3-1『”ゆの”ちゃん?に会いにいこう』

なんか、愚痴をこぼしたり辛いことをつい甘えて吐き出してしまうと御来訪の方が増えます(笑)

昔からこのブログはそういった傾向なのですがここに来てきちんと読んでいただいていて、心配していただいているんだなぁと改めて感謝してしまいます。

おいらの大好きな『しばじゅん』こと柴田淳ちゃんの日記にもそんな傾向が?

いやいや(笑)

みなさん本当にありがとうございます。

とても辛いこのごろですが・・・・・函館日記再開しますっ!
函館4日目

函館帰省4日目。いい天気です。

今日は愛する『函館』を実地学習の日に決定!

まずは・・・・・・・おいらのアバター(プロフィール画像)になっている『柏木ゆの』ちゃんに会いに『箱館ハイカラ號』に乗ろうっ!

昨日五稜郭公園前電停発時間も9:22とチェック。ホテル1階の『サンクス』で『1日乗車券』も購入済みです。

朝、張り切って電停へ。

1両を見送り・・・・予定時刻にやってまいりました。

ちなみに『箱館ハイカラ號』とは?

1910年(明治43年)12月千葉県成田市で初めて運行された車両が1918年(大正7年)函館へ移り、1936年(昭和11年)まで客車として運行しておりました。1937年(昭和12年)からは、ササラ式除雪車に車体改造し、冬期間の除雪作業車両として活躍していました。1992年(平成4年)函館市制70周年記念事業のひとつとして、当時の姿に復元することとなり、台車は、製造当初の米国ブリル社製をそのまま使用し、車体は当時の図面を基に製造され1993年(平成5年)8月より「箱館ハイカラ號」の愛称で、再び函館の街を走っています。(函館市交通局HP http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/index.htm より抜粋)

5/1〜10/31まで運行されています。(だって冬は寒いからぁ)

とてもノスタルジックな電車です。住んでいた頃から数えてもおいらは2度目の乗車。
ハイカラ号車内

よぅく見ると車内のつり革まで・・・・・
ハイカラ号つり革


あ、そういえば『ゆのちゃん』は?
実はこの『箱館ハイカラ號』は他の電車と違い女性の車掌さんが乗務していて、乗車後に行き先を告げて切符を買います。それをモデルにした『鉄道むすめ』が『柏木ゆの』ちゃんなのです。
YUNO

http://tetsudou-musume.net/character/07_yuno.html
ここには載せられませんが『150周年』の一環で切符にも『ゆのちゃん』が印刷されていました。
これはコレクターズアイテム?(笑)

で、肝心な車掌さんですが・・・・・
とても可愛くて親切な女性でした。
ゆのちゃん?いえ、まゆちゃん

『ゆの』ちゃんではなく『まゆ』ちゃんでした。
車窓に歴史の町並みを見ながらくつろいで、終点『函館どつく』到着した際に写真撮影をお願いしたところ快く快諾していただきました。『まゆ』ちゃんありがとうございました。

さて、『函館どつく』に到着しておいらは次の行動を決心します。
それはまた次回。
函館どつくのハイカラ号

ところでこの『箱館ハイカラ號』について再度ネットで確認している際に新たな情報を発見。
2003年『星に願いを。』2007年『LittleDJ〜小さな恋の物語』2008年『犬と私の10の約束』に続くおいらにとっての函館映画第4弾!『わたし出すわ』が10/31より公開されるそうです。
http://watashi-dasuwa.com/
森田芳光監督作品。主演はあの小雪さん。(結構好きです!(><))
絶対見に行かなきゃ。

見る前からDVDも買いたくなっているおいらはもはや『函館』から離れられません(笑)

さ!寝なきゃ。明日も早起きで滝川日帰りです(涙)

おやすみなさい。

guitarman19660308 at 01:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I belive in anyway/多趣味な話題

September 10, 2009

函館帰省日記その◆愕后人と語り合う』

すっかり日にちが経ってしまいましたね。
ごめんなさい。

ようやく文章が書けるようになりました。


どこまで書きましたっけね?
あ、3日目の日曜日でした(笑)
函館3日目

さすがに、2日連続の朝までコースは身体にかなり辛さが出たので3日目は一応11時までホテルで休みました。もちろん薬を飲んで・・・・

で、3日目はのんびりゆっくり身体を休めようと本町周辺を散策しながら『街』や『人』と語り合おうと決めました。
724号

かっこつけじゃ無く・・・・・昨日の『DREAM BOX150』に若干疑問があったので。

まずは『街』。

街灯には『函館開港150周年』の旗がゆれていますが何も変わりはありません。
いつもの『函館』の日曜日です。

人通りも少なく・・・・日曜日の『函館』はどちらかというと美原や亀田、七重浜と郊外のショッピングセンターへ人が集まります。

あ、観光地は別ですが・・・・・(観光客ばかりです)

実は昨夜『和遊彩食 郷』で隣り合わせた、飲み仲間のある社長の一言がとても気にかかっていました。

『開港150周年って言うけどさぁ、市民はだぁれも関心ないよ。ブルーインパルスだって2〜3日前に知ったくらいだし。』

驚きでした。

ということは昨日の来場者の何%が市民なの?

などと考えて歩いていたら、昔のお客さんのお店の前。タバコ屋さんです。

『こんにちは。』と入ると店の中のタバコはほとんどありません。
3台もあった販売機が1台だけ。

『来年にはこいつも下げられるよ。』とお客さんの言葉。

ショックでした。



昼になり、昔から食べたかったけど食べられなかった(駐車場がないから)『万龍』の
満龍

『味噌カレーラーメン』を食べに。
みそカレーらーめん

ビールを飲んで(昼間のビールが美味しいんだよね(笑))ラーメンを食しました。

で、食べ終わって店のお母さんと会話。

『150周年っていうけどさ、本町には何にも関係ないんだよね。飲食店協会も何にもしないし。』

へっ?どういうこと?

『街灯にはああやってノボリを下げてるけど何の恩恵もないしね。やっぱり観光客が減っていたり景気が悪いと人通りも少ないしさ。』

お母さんには申し訳ないけど、美味しかったラーメンの満足が半減してしまいました。


実はおいらがいた頃からこの街の人たちの考え方はあまり変わっていない気がします。
確かに歴史的景観保存地区の西部地区(十字街や函館山の方)は観光客が来ますがそれ以外の地区に人を呼び寄せる努力が実っていない。それ以前に地元の人たちが知らないことが多すぎる。

函館の成り立ちや五稜郭、箱館戦争の歴史。どうして函館の市章は『巴』の印なのか?

日本で一番歴史を持ち、現在改装中の『函館競馬場』を最初に提唱して作った人の話。
戦時中、函館山は軍事施設であったため写真撮影はおろか絵に描く事も禁じられた事。
それこそ函館山の別名。
『函館みなと祭り』はどうして開かれるようになったのか?

午後になって、久々の知り合いに会いましたが一言言われて唖然としました。

『札幌に転勤になってよかったねぇ。札幌は都会だし何でもあるし便利だしいいなぁ。憧れちゃうよ。』

決定的な一言でした。
要するに市民全員がとは言いませんが自分の故郷に『誇り』を持っている人が減ってきているのだなぁと思いました。

よそ者の分際で申し訳ありませんが・・・・おいらは北海道を、札幌を、稚内を、旭川を、そして『函館』を愛しています。住んだ場所は全て故郷であり『誇り』に思っています。

その為にはその時住んでいる土地の歴史や習慣等を出来るだけ学ぶようにしています。

怒らないでいただきたいのですが・・・・・・

『函館』という土地は非常に『もったいない』歴史資源の使い方をしていると思います。
あれだけ色々な歴史史跡があっても待っているだけ。観光ガイドさんが案内する仕事。
市民は関係ない、という姿勢にしか見えない気がします。

申し訳ありませんが。

だから『はこだて検定』や『イカ検定』が生まれたのだと思いますが・・・・・・それも逆効果?
タクシー会社や地元の観光関係に従事する人たちは受けていますがその他の市民はどうなのでしょうか?


などと嘆いたところで本町の猫クンが慰めてくれました。
本町の猫

さぁて。今日はMちゃんと夕食して語り合おう、と決めてメール。

結局この日は3時でお開きとなりました
3日目終了




4日目につづく。


guitarman19660308 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話

August 17, 2009

函館帰省日記その“ヾ朿港150周年『DREAM BOX 150』

お待たせしました。
(待たせてないか(笑))
ようやく更新できる状況になりましたので徐々に行きますね。

第1回は初日〜2日目まで。

初日は会社を逃げるようにスタート(笑)
札幌出発は8/7の19:30。
早く函館に行きたくてウズウズしていたのでしょうね?
愛車『SW-20』君にムリをさせて4時間弱で到着しました。

宿に荷物をぽーんと放り投げて、Mちゃんの店へ。
一杯目のビールが美味しかったこと。

たぶん『世界一贅沢な晩酌』だったかもしれません。

ちょうど”でぃー”も登場。
この日というかこの夜は結局夜明けまで続きました。

で、Mちゃんと翌日の約束をして初日は終了・・・・・・・・・。








函館2日目




『2日目』。天気悪い(><)
Mちゃんの店で有力情報!
十字街の水道局の屋上はこの時期一般開放されているとか。
『それはそこでブルーインパルスでしょ!』
と10:00に十字街水道局前で待ち合わせ。

五稜郭公園前から市電に乗ってビックリ。
車内に『柏木ゆの』ちゃんの広告が!
ゆのちゃん車内広告




10時ちょうどに着きましたが、お互い朝までですからどちらかが遅れても文句なんてありません。天気もよくなってきました。
水道局




それ以前に市電は5分間隔。ここにいるだけでもう大変。
ハイカラ号は来るは
ハイカラ号登場




あ、『ゆの』ちゃん?
ゆのちゃん?





おいらの大好きな530号(映画『星に願いを』『犬と私の10の約束』に登場)は来るは
530号




ああ!らっくる号まで。
らっくる号




元都電の1006号は増車で登場。
1006号




ちなみにこの十字街にはこんなものがあります。
操車塔




これは昔、函館どつく方面と谷地頭方面のポイントを有人で切り替えていた操車塔です。
操車塔




眺めが良さそうと思ってはしごを見ると(笑)
登る事はできません





ついでに水道局の中に入ってみるとさすが!『函館の水』販売機。
函館の水販売機





買いました(笑)
買いました





とかやっているうちにMちゃん登場。
早速屋上に行きました。

今朝の天気が嘘のように晴れ上がったのですが・・・・・

ブルーインパルスは中止。
雲等の関係だったようです。

屋上、気持ちよかったのに・・・・・

じゃぁ会場へ!
『DREAMBOX 150』 at 緑の島!
緑の島とはその昔『青函博』の会場となった埋め立て地です。
会場1





ステージでは海上自衛隊の音楽隊の演奏。
ステージ





とにかく暑い!!!
2人で団扇をくれそうなブースを探していると・・・・・

イカール星人ショップ





出たな(笑)


結果、某国営放送のブースで団扇をゲット。

それにしても水辺は気持ちがいいです。
摩周丸とイカ釣り漁船





金森倉庫




マリンスポーツ体験や乗馬コーナー等々ありましたが、圧巻は
星ノ記憶1




『星ノ記憶』と題されたプラネタリュウム。
函館開港150年の歴史と星の光の発せられた時を重ねて、石川鷹彦さんの音楽・音尾琢磨君のナレーションでお送りする約20分間。

ちょっと感動でした。

ちなみにこの入場料や食事は入り口や会場内で買う
星ノ記憶2




ペロリ





『ペロリ』という通貨を使います。
100ペロリ=100円です。


お腹もすいたので・・・・

フードコーナー




フードコーナーへ。

サッポロビール限定醸造




函館開港150周年限定醸造のサッポロビールと


ファストフード




から揚げ・焼きそばなどを食べました。

それにしても・・・・・・

焼きそばって人気あるんですねぇ・・・・・・・・・
おいらが買ってからすぐに売り切れてました(笑)

お祭りの定番?なんでしょうか?

この後もう一度会場を周って、Mちゃんと定番のボウリングへ。

聞けば彼女、ボウリングにはまったのか?マイシューズを購入したとか。
結果はもう少しで負けるところでした(汗)

そして彼女は開店のためいったんお別れ。

おいらはお得意の『和遊彩食 郷』へ。
活イカがどうしても食べたかったぁ〜!
活イカ!






結局この日は『とん兵衛』『エクセレント』『RIZE』と周り・・・・・・・

Mちゃんの店にたどり着いた時は多分2:00を回っていたっけ(笑)


結果はまたまた・・・・

夜明けの本町





夜明けまで(笑)


ホテルに着いた頃は
2日目終了





空もうっすらと明るくなっていました。

でも、興奮して寝れませんでした。


実はこの『DREAMBOX 150』にはとても言いたいことがあるのですがそれは次回3日目の巻にとっておきます。

まずは楽しい一日でした(><)



guitarman19660308 at 22:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話

August 13, 2009

ようやく落ち着いてきました。

『函館帰省』から2日。
実はかなり辛い二日間でした。

疲れもあるのでしょうが・・・・・・楽しかった5日間と翌日からの現実のギャップにまいってしまって、正直自分を見失いそうになりました。

ホントに危なかったなぁと思います。

今日になってようやく少しずつですが落ち着いてきました。

今週末に病院にいって薬をもらってきてから大切な5日間を少しずつ綴って行こうと思います。

まずは予告の意味ではないですが・・・・・

こんな気持ちで5日間を過ごしました。


今、ちょっと思い出して日焼け跡がヒリヒリしています(笑)

ものすごく幸せだったなぁ・・・・・・・・

guitarman19660308 at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)I believe in my heart/メンタルヘルス | I believe in my hometown/『函館』『稚内』

August 12, 2009

帰って参りました

11日の22時半前に札幌に帰ってきました。

今回の5ヶ月ぶりの『函館帰省』はとても充実していて楽しい5日間でしたが、反面自分にとってある意味『これからを考える』5日間でもありました。


この場を借りて

Mちゃんを始め、お世話になった皆さんにありがとうを言いたいです。


次の帰省はいつになるかはわかりませんが近いうちとだけ考えています。

まずは明日から今回の5日間を少しづつ記事にしていきたいと思います。

ではでは。

guitarman19660308 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話

August 10, 2009

函館ダイジェストその一です。

えっと・・・・・・・
函館帰省3日目が終了しました。

早いっ!

主要な記事は札幌に戻ってからにするとしてざっとダイジェストを。

初日金曜日は前回書きましたね。結局朝まででした(笑)

2日目。
開港150周年イベントへMちゃんとデート?でした。
残念ながらブルーインパルスは中止。

でも会場は賑わっていました。
その後の発表で午後3時までで1万8千人の来場者だったとか。

いろいろな催しやブース・体験コーナーがありましたが、秀逸はプラネタリュウムでした。

150年前の函館の夜空やその他函館の歴史の出来事を星になぞえて上映。
ナレーションはチームナックスの音尾君というのも泣かせる出来でしたね。

会場を後にして久々にMちゃんとボーリング。
まあ引きこもりが長かったのか(笑)ヘロヘロ。

いったんお別れしてお待ちかねの『和遊彩食 郷』へ。

『ただいまー』
『はいいらっしゃ・・・・えっ!なによーお前連絡くらいしろよぉ!』

連絡していなかったのでマスターにはサプライズだったようです。

お待ちかねの活イカ。美味しゅうございました。

いろんな美味しいものを食べて、また月曜日に来るので今日はもう一軒。

『とん兵衛』へ。

こちらもサプライズ。

札幌の『とん兵衛』に行ったことを報告して。

予定していなかったのだけど『ちーちゃん』に月曜日のデートの申し込みに。

まあ、こっちも驚かれましたね。

歓迎もされましたが。

結果もう一軒引っ張られて行って・・・・Mちゃんの店にたどり着いた時はもう2時をまわっていたかなぁ?

とりあえず今日はここまで。

詳しくはきちんと記事にします。

ではでは。

guitarman19660308 at 04:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話

放置ごめんなさい・・・・・・そして。

(この記事は別館8/7の記事の転載です)

えっと・・・・・・

先日の3日に勤続20年表彰を受けてからちょっと心が混乱していました。

理由はたぶんいわゆる『ぶり返し』だと思います。
賞状の文面の『他の社員の模範』の部分に反応したのか?
それともまた自分を責め続けたのか?

3日の夜は眠れませんでした。

で、会社に行って上司からお小言です。

『なんだその顔?』

いや、ねてませんから。

『20年経とうが変わんないんだなお前』
『いつになったら治るのよ』
『病院に通っているから病気じゃないのか』
『それならほかのみんなだってある意味病気だぞ』

これらの一言にキレたのかもしれません。

2日位は感情的にもいわゆる『low』な状態が続いていたと思います。

ブログも更新できませんでした。ごめんなさい。

あ、この場をかりて
MAJIKさん、すごく丁寧なメールをいただいたのにお返事が書けなくてごめんなさい。
なるべく近いうちに書きます。

上記の調子だったのでいわゆる『夏休み』も上司に『権利だけ主張するな』と言われていて、内心取れないのだろうと思っていましたが社長の一言で社員全員強制的に既定の日数を消化することとのお達しが出たので一昨日に夏休みが10、11日に確定しました。


で・・・・・・・・


実は・・・・・・・・・・

昨夜から大好きな『函館』に帰省しています。

ちょっと霧がかかっていましたが、函館に着いたというか『カントリーサイン』を越えた瞬間、奇声をあげてしまいました。

到着して、宿に入り、外の空気を吸うだけでもう興奮状態です。

今日は毎度のMちゃんの店でオールナイトしてしまいました(笑)

不思議と眠くありません。

で、現在ホテルのロビーのパソコンで更新をしています。

最近のホテルって便利ですよね?

っておいらが時代について行っていないのか(笑)

やっぱりこの街はいい街です。

今日も人と知り合いました。いい男でした。

という訳で11日まで『函館』に滞在します。

狙い通り『開港150周年』です!

今日(笑)はMちゃんと開港150周年デートです。

緊張半分嬉しさ半分。

デジカメでたくさん映像を撮影して出来るだけアップしようと思います。



ああ、今ちょっと幸せです。

guitarman19660308 at 04:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in my heart/メンタルヘルス

August 01, 2009

『ちー』ちゃんへ

今回は個人的に。

函館のあるGialFriendに宛てます。


『ちーちゃん、お誕生日おめでとう』


実は彼女はこの言葉はあまり使いたくないのです『夜のお店』で働いている女の子です。

いわゆる『スナック』でしょうか。

函館にいる時に人の紹介?でその店を訪れました。

最初は『地味な娘だなぁ』(ごめんね)と思っていたのでしたが・・・・・

通う毎に彼女の魅力がどんどんわかってきました。

まず、キャラ的には『かわいい』『キレイ』とかあまり言われない存在だったそうです。でもその明るさと屈託の無い笑顔が一番。

姉御肌に見えるようで実は気が弱くて慎重派で自分を責めるだけ責める責任感の強さ。

おいらは一番に虜になりました。

彼女には実は商売の『お師匠』がいるのですが(その『お師匠』もおいらより年下www)

その『お師匠』の店にいわゆるアフターで初めて彼女と行った時に、

『おーよかったなぁ。そんな貴重なお客さんが出来て』と言われて。

彼はおいらに『これからも『ちー』をよろしくお願いします。』と頭を下げられました。

おいらは正直面食らってしまいました。

なぜ、彼女の魅力に気づかない男がそんなにいるのか?

そんなキャラに徹している彼女が不思議でした。


今でも携帯(前の機種ですが)に彼女の写真は保存してありますが、今見てもとても魅力的です。

このブログで『谷村有美』さんを『姫』という称号?で書いていますが・・・・彼女はある意味おいらにとって函館の『姫』です。


今度の函館帰省で、時間が出来たら是非1週遅れですが花束を持って逢いに行きたいなと思っています。

最後にもう一度。

『ちーちゃん、お誕生日おめでとう。そしてありがとうね。』

では彼女の誕生日に心を込めて動画を捧げます。






guitarman19660308 at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)I believe in my hometown/『函館』『稚内』 | I believe in Love/好きな人の話