空を見上げて

弘教寺だより 平成29年10月号

今晩 食べる物は
取りあえずある
それは人間様の
「食権」乱用!

 先日のネット映像です。川を泳ぐ1頭のシマウマに襲いかかるワニ2頭…それを何とか振り切り、陸に上がってやれやれと思ったら今度はライオンたちに襲いかかられ、結局は…。
生きるために生き物は皆必死です。動物は冷蔵庫を持っていません。腹が空いたら他の生き物を襲って、エサ(命)に喰らいつくしかありません。
 「私はそんな残酷な、不作法なことは致しません」…ヒトだけは食物連鎖から外れているようです。お金という「食券」を使えば、何でも自由に食べられます。私が食権(生存権)を持っているから? 私の命は多くの命の犠牲に成り立っています。そこに気付けなければ感謝は生まれません。「コレ(他の命)マズイ」と言いながら食い残すヒトをこそ阿弥陀仏は捨て置けないのです。

-------------------------------------------------------------------
『弘教寺もんしんと会館だより』
☆もんしんと会館での行事(10月)〈平日10時〜16時開館〉
 
☆『ハンドベル練習会』(水・金 13時〜)
…4日 6日 11日 13日 (20日 25日 27日は13時30分〜)
☆『演劇練習会』(月・水・金 14時〜)
…2日 4日 6日 11日 13日
☆『法要・讃歌練習会』…4日 11日 10時〜
 発声練習から始めます。仏教讃歌をご一緒に歌いましょう。
☆『仏教書道の会』…2日 23日 10時〜 (筆ペン・半紙をご持参下さい)
 正信偈が一段落しましたので、次の御経に取りかかりましょうか…。
☆『定例もんしんと会議』…25日(水) 11時〜
 今回は「報恩講法要」についての反省、並びに来年度の内容について話し合います。昼食お持ち込みで御参加をお願い致します。

☆『弘教寺報恩講』のお知らせ
16日(月)10時〜お昼過ぎ(予定)
『報恩講 御供え餅作り」』
&法要記念品袋詰め等の準備
昼食は門信徒会にてご用意致します
※あればエプロン・三角巾をお持ちください。

18日(水)10時30分〜15時30分
弘教寺報恩講法要

 報恩講は、宗祖・親鸞聖人のご命日に先立ち聖人の御遺徳を偲び、ご恩に報いるためにお勤めする、浄土真宗寺院において一年のうち最も大切な法要です
10:30〜法要/『宗祖讃仰作法』御俗姓拝読・御絵伝解説
      仏教讃歌/『報恩講の歌』『しんらんさま
      ハンドベル演奏/『やさしさにであったら』『芬陀利華』
12:00〜お斎(昼食をご用意致します)
13:00〜演劇…『生きている幽霊』(出演…弘教寺劇団) 
14:00〜御法話『報恩講』…住職、副住職
15:00〜仏教クイズ(賞品もご用意!)
     引き続き「ひとりじゃなかもん」斉唱 (15:30頃 法要終了)
◎お斎(昼食)、法要参拝記念品も用意しております。どうぞお誘い合わせ、ご家族・お友達とお気軽にお参り下さい!
◎平日10時〜おあさじ勤行、15時30分〜おゆうじ勤行にお参り下さい。

〈その他〉 10月1日(日)「連研」第1回(於・西光寺様)が開催されます。
-------------------------------------------------------------------
ハンドベル 劇練習 009
◎江東区『塩浜ホーム』にてボランティア活動
 去る9月12日(火)、門徒さん8名でボランティア活動に参りました。 初参加のお方もあり、皆でわいわいと、でも一生懸命に繕い物やアイロン掛け、雑布裁断作業に勤しみました。住職も初参加でしたが、それなりに活動させて頂き、貴重な経験となりました。
来年もボランティアに伺う予定ですので、是非ご一緒致しましょう。
尚、ホームの「スチームアイロン」が不調です。「浴用固形石けん」と共にご寄贈頂けましたら幸いです。宜しければ、お寺まで御連絡頂きたく存じます。
-------------------------------------------------------------------
ハンドベル 劇練習 002
☆「みんなで結ぶ」プロジェクト
 日本のおもてなしの心を海外の方に伝える活動をなさっている『プロジェクト結』さんにお越し頂いて、「箸置き」作りを指導して頂きます。和紙製の美しい箸置きをご一緒に作りませんか。
日時/11月6日(月)13時〜
会場/当寺もんしんと会館
参加費/不要
※少し先になりますが、今から予定しておいて下さいませ。
-------------------------------------------------------------------
◎『こころの元気相談室』 
 皆様のお悩みについて少しでもお力になれれば、また思いの丈をお話し頂ければと思い、「心の相談室」を開設しております。 予約/御来寺されての相談、または電話相談共に前もって必ず電話(0436‐62‐8789)にてお時間をご予約下さい。電話相談希望のお方にはその際、「相談専用の電話番号」をお知らせします。
※相談の御費用はかかりません。秘密は厳守します。至らぬところは多々あるかと存じます。どうかその点は御寛容頂き、お気軽にご相談頂ければ幸いです。
☆また当方より御自宅に参って、お話しを伺わせて頂く形でも結構です。その際、御布施などのお気遣いは一切ご無用です。どうぞお寺までお気軽にご連絡、ご相談下さいませ。
○個人的な悩みを寺に相談することに抵抗をお持ちかも知れません。坊さんに問題解決が出来るのかという疑問もおありでしょう。でも、とにかく勇気を出して御連絡頂ければ…と存じます。話すことで気分が軽くなることもあります。ご一緒に考えて参りましょう。

gukyoujigukyouji  at 21:10  |  この記事をクリップ!