2020年01月01日

おしらせ

GumbaVisionBlogにご来訪頂きまして有難うございます。
現在PCのトラブルにより公式サイト【脚本作成支援サイトGumbaVision!!】の更新が滞っております。
それに伴いまして、下記URLよりそれぞれの最新情報を公開しております。
各種情報に関しては下記リンクを是非ともご利用下さい。


◆最新脚本を読みたい!
⇒【岩本憲嗣脚本集】http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=121020

◆最新の執筆情報(上演・放映情報)を知りたい!
⇒【最新執筆情報】http://blog.livedoor.jp/gumba1227/archives/52098257.html

◆岩本憲嗣とは?
http://blog.livedoor.jp/gumba1227/archives/52085313.html


【コンタクト】
《twitter》http://twitter.com/gumbavision
《facebook》http://www.facebook.com/profile.php?id=100002013579345
《mixi》http://mixi.jp/show_friend.pl?id=158169
《MAIL》gumba1227@hotmail.com




gumba1227 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月14日

職権乱用

職権を乱用してまた『BREAK』の通し稽古を見てきました。

結論からいいますと。BREAK……なんと体に悪いお芝居だ。

カッチョイイ殺陣の連続にテンション上がりすぎてきっと血圧は急上昇してるハズ。
過酷な運命に抗い必死に生きる登場人物たちにキリキリと胸が締め付けられる。心臓に負担だ。
おまけに切なすぎるクライマックスで涙腺から水分があふれ出て、これじゃ血中濃度が高まってしまう。
健康診断に何項目も引っかかるような身からすればこんなに体に悪い芝居滅多にない。


でも。


それと引き換えにしてでも得たいものが詰まっている。


奇想天外なギミック溢れるバトルにワクワクは限界突破。
個性豊かなキャラクターたちの八面六臂の活躍に気持ちはすっかり童心に。
そして、幾つもの苦難を乗り越えた末に描かれるクライマックスでは、まるで登場人物の心情を自身のことのように考え惹き込まれてしまっている。

なんかもうね……そう、漲(みなぎ)るんです!!
そう、幾つもの違った形で心が漲る芝居!!


C2さんのことだからきっと後々映像ソフト化してくれるんだろうけど、でもこれは絶対に生で、劇場で、すぐそこに登場人物たちが居る中で、観るを超えて体感した方がいい。絶対にいい。
新生『BREAK』いよいよ今週水曜から開幕です。




C2-Project Vol.17
『BREAK』

脚本 岩本憲嗣
演出 やすを(改)


◆出演
【劇団C2】、松山コウ、大西李沙、
【Guest】井家久美子(劇団アニマル王子)、井下康平、板橋直久(演劇声優塾)、片田友香梨、神崎洸太(AGN@Enthena)、久保瑛則(株式会社エッグスター)、齋藤香織、佐武未希子(AGN@Enthena)、セキュリティ木村(劇団ビタミン大使「ABC」)、千住晃太(ライラックプロモーション)、田巻愛夢、照山翔子、野本由布子、原田樹、深月要(KOTEN)、前田優(A-LIGHT)、前野くるみ、松下勇(劇団えのぐ)、松澤香菜(closet,inc)、丸山加代子(えりオフィス)、柳瀬翼(劇団宇宙キャンパス)、吉岡圭介(エヌウィード)、他

◆TICKET
前売4,000円/当日4,500円
★初日割引3,500円(他の割引と併用不可)
フェスタ割 前売・当日共500円割引
(フェスタ割とは、グリーンフェスタ2016参加作品のチケットの半券をお持ちいただくと、他のグリーンフェスタ2016参加作品のチケットの割引などのサービスが受けられるサービスです。)

販売:https://www.quartet-online.net/ticket/break


◆TIMETABLE
 2/17(水)19:00 ★初日割引あり
 2/18(木)19:00
 2/19(金)14:00/19:00
 2/20(土)14:00/19:00
 2/21(日)15:00

◆INTORODUCTION
劇団 C2 の最新作演劇公演となっております。
過去 2011 年に上演され、人気作品となった時代物エンターテイメント「BREAK」の再演公演です。
C2 の 5 周年記念の人気作品が 5 年ぶりに満を持して蘇ります。
もちろん、脚本家・岩本憲嗣による新規追 加要素、そして脚色/演出・やすを(改)による新演出を施して、より切なく、より感動的な物語をステー ジに創り出します。
独自の世界観の中に「見せる」というこだわりを存分に盛り込み、C2 ならではの殺陣アクション・ダンス をストーリーに取り入れる作品は、スピード感溢れる「体感エンターテイメント」を表現。
ドラマチックに描かれる登場人物たちが創り出す胸を突き抜ける感動。
C2 最新エンターテイメント公演は過去もっとも悲しく、最も切ない時代物アクションファンタジーです。

<あらすじ>
これはココとは違うイマを歩んだ世界の物語。
ゲンジツの先にあるシンジツに立ち向かった者たちの記録。

1862年……その国は一夜にして一人の女の手に陥ちる。
女の名は魅鬼(ミキ)。
疲弊した国に突如として現れた救世の民。
人智の及ばぬ秘術を用いて忽ちの内に諸問題を解決した彼女は、当然のように時の将軍の寵愛を受け、国の明日を担うであろう希望の存在と目されていた。
だが、彼女にはそれを是とする気など毛頭なかった。
世の理すらも操る人外の力を用いて瞬く間に城を占拠。幹部をはじめとする兵の大半も懐柔。
圧倒的すぎる反逆劇は何の問題もなく完遂するかに思えた。

しかしたった一つの出逢いが綻びを生じさせる。

あらゆる攻撃を無効のものとする【絶対防御】の能力。
魅鬼によってその魔性の力を与えられし青年、鎌田真吾朗。
彼が戦場で出逢ったのは浮世離れした雰囲気を纏った記憶を持たぬ一人の少女。

そう……それは世界の真実が施した運命と言う名の罠。
決して出逢ってはいけなかった……しかし出逢わずにはいられなかった出逢い。

その出逢いは惑う人々にとっての道標となり、遂には知ることのなかった現実を暴き出す。
大きな反逆の裏で進むもう一つの周到な謀略の影。
真吾朗のたった一人の兄、総てを斬り裂く【絶対斬裂】の能力者、和之進が隠し続ける過去。
魅鬼が国を奪ってまで成さんとする絶対に失敗の許されない計画。
そして……少女に秘められた力の持つ本当の意味。

予想だにしなかった事実を前に怒り、悲しみ、苦しむ真吾朗。
しかしその想いの果てにやがて一つの答えを導き出す。
実の兄に、魅鬼に、そして現実の先に待ち受けるくそったれな真実に、全てに刃を向けんと。
そう……ただ己の目に見える正しさだけを信じて全てを破壊する為に。


<詳細> http://www.c2-project.com/
      http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=71013





ちなみに岩本は土曜夜と日曜は確実に劇場におります。
見かけたら声かけてやってください。








gumba1227 at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2015年12月31日

2015年 本年も有難うございました。

いやはや……もはや年末のみしか更新していないという。
2015年最初で最後のブログです。

ザクッと今年あったことでも振り返ろうと思うたのですが……昨年に比べて今年は表面上は静かな一年だったのかしらと。

舞台脚本でいえば新作は1本のみ。
5月に上演頂いた和装演劇集団張り子の虎さん『月を待つ人』
この1本が非常に思い出深く、そして思い入れも深い作品となりました。

拙作の中でも一番上演を頂いている『さくら』から派生した【横路軍平】を描く物語の系譜となる本作。
時系列上は一番古い『MESSAGE』と2013年にゴールデンタイム!さんに上演頂いた『ゲッコウテラス』の空白期間を描いた物語でした。

昨今流行りのスターウォーズ(の1〜3部作)ではないですが、時系列で後に来る『ゲッコウテラス』があることから、予め結末の決まっている物語です。
でもってその結末もなんというかもの悲しいというか……。
そういった制約の中で、いかに物語に起伏と意外性を持たせ、そして何より救いを明示するか。
こりゃまた縛りだらけで難しいなぁと唸りながらも、制約大好きオジサンとしては実に楽しんで執筆した覚えがあります。

そうして生まれた物語に命を吹き込んで下さったキャスト・スタッフの皆さん。これがもうプロフェッショナル揃いで、ため息が出過ぎて危うく呼吸困難になるんじゃないかと思いました。
中でもその最たるは“殺陣”!!
これまでも数多く殺陣のあるお芝居を描いてきましたが、本作の出演者はもう皆さんが揃いも揃ってイベントなどで日ごろから活躍しておられる超一線級!!
軍平も白川師範も美弥さんも基頼も、その強さに説得力がありすぎて溢れんばかりに漲っている。
そして強さと同時に美しい。
圧倒的なスピードを兼ね備えながら、要所要所で魅せられる。
なんかもう、クライマックスの殺陣シーンなんかは記憶にしっかり焼き付けて、墓場までテイクアウトしたい。
そんな一生ものの作品に仕上げて頂きました。


時代劇繋がりでいくと、昨年の新作『波、果つるまで』を劇団TSUBASAさんに上演頂いたのもいい思い出。
初演は遠方だったので実際に観に行くことが出来ず、本作を生で見たのはTSUBASAさんVerが初めてとなりました。
胸を打つまっすぐな演技と意外性のある演出のアプローチが上手く纏められていてとても楽しめました。

あ。あと再演ですが『キヅナノート』も思い出深かった。
初演に出演していた子供たちの成長した演技。
そして新たに参加した子の素直な熱演。
本当に胸を打ちました。


舞台以外だと、ラジオドラマサークル茶飯事さんが頒布しました『SomedaySomewhere』が今年の出来事。
こちら自身の十八番とも言っていい【タイムトラベル時代劇】とも言えるジャンルの作品となっております。
出演者の皆さんが本当に上手い……というより巧い方が揃っておられて、感動しながら収録に立ち会った記憶が思い出されます。


それ以外にも素敵なお話を頂いてコリコリ執筆した作品があるのですが、それは恐らく年明け以降にお伝えできるのかなと思います。
舞台の新作に関しても既に執筆済みのものがあるのですが、そちらの情報も来年の上旬には恐らくお伝え出来るのかなと。




……と、ここまで描いて思い出した。
来年C2さんに再演頂く『BREAK』の改訂をしたのも今年でした。

拙作の中でも五指に入るお気に入りの本作。
改訂にあたってあれやこれやと新要素を追加しております。

新たな登場人物有り。
新たに明かされる真実有り。
そしてなんとエンディングがゴニョゴニョゴニョゴニョ。

何よりも上演頂くのが安心と革新を併せ持ったC2さんですから。そりゃもう期待が膨らみまくりです。
というわけで公演詳細。



劇団C2 C2-Project Vol.17
『BREAK』
脚本:岩本憲嗣 演出:やすを(改)

◆STORY
1862年。
この国は一夜にして彼女の手に陥ちる。
彼女の名は魅鬼〔ミキ〕。
常世より降臨し人外の女王。そして世の理を操る化物。
……己が目的を成さんが為、彼女は圧倒的な力を以って世界を統べる筈だった。
しかし、理に歪みが生じる。
……魅鬼に与えられし魔性の力を持つ彼は、戦の最中一人の少女に出会う。
それは出逢ってはいけなかった出逢い。
しかし出逢わずにはいられなかった出逢い。
そして彼は人外の女王に刃を向ける。
ただ己の目に見える正しさだけを信じて。

◆Timetable
2月17日(水) 19:00〜★
2月18日(木) 19:00〜
2月19日(金) 14:00/19:00〜
2月20日(土) 14:00/19:00〜
2月21日(日) 15:00

◆Price
前売4,000円/当日4,500円
★初日割引3,500円(他の割引と併用不可)
フェスタ割 前売・当日共500円割引

◆初演版PV
https://www.youtube.com/watch?v=sWwA6E7lvgk
◆HP
http://www.c2-project.com/
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=71013




最後はなんだか来年の話になってしまいましたが。
改めまして各方面の皆さま、本年はお世話になりました。
来年も何卒よろしくお願い致します!!


gumba1227 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2014年12月31日

2014年。本年も有難うございました!

日刊→週刊→月刊→季刊
……ってな感じに順調にペースダウンした結果とうとう年刊になってしまいました。
せめて年の終わりに1年を振り返るくらいは……ってなことで久々に更新をしてみます。



さてさて。今年も多くの方と多くのご縁を頂いた実り多き年でありました。
新作の舞台脚本は4本を上演頂きました。

『メモリーリリィ-MEMORY LILY-』
『メビウスローズ-MEBIUS LAWS-』
『Bright SIDE STORY』
『波、果つるまで。』


『メモリー〜』と『メビウス〜』は久々にC2さんでの上演。
多分……というかカウントしなくてもほぼ間違いなく今までで一番拙作を上演頂いているのがC2さん。
2年前まで制作としてお手伝いもしていたので気心の知れた団体さん。
そんな近しい関係だけれども、創る作品は決してなぁなぁではなくって、常にハイクオリティが約束
されている……というか、ハイクオリティ前提で、そのクオリティが果たしてどこまでグググンっと
伸びていくのかが毎回楽しみな劇団さんです。

そんなC2さんと久々にご一緒出来たのは作劇はもちろん、それ以外の部分でもとても楽しく刺激的。
でもって作風もこれまた久々の中二病全開を描かせて頂きました。
普段、時代劇やら中二アクションモノが続くと『そろそろ殺陣のない現代モノとか描きたい……』
などと泣き言をぬかしているのですが、どちらも久しく描かないと逆に禁断症状が激しいワケで。
丁度中二病的なそれを吐き出したかった時期に良いお話頂けてとても嬉しかった作品だったりもします。

※ちなみにこちらは既にDVD販売中です。コチラ。


んで、↑の泣き言を神様が聞き届けてくれたのか、今回新たにご縁頂いたのがパレットシアターズさん。
『Bright SIDE STORY』を書下ろしさせて頂きました。
本っっっっっ当に久々の現代モノの長編演劇脚本。(オーディオドラマだったり短編だったりはあった
のですが)
いがみ合っても斬り合いをしなければ、超能力も使ったりしない登場人物たちが妙に新鮮に感じられる
不思議な違和感を味わったりしながらもカリカリ書き上げた記憶があります。

世代としてはあたしよりも少し下のパレットシアターズの皆さん。
そんな世代ぼノスタルジーの琴線をコショコショコショっと触れられるような作品を目指しました。
なんせ久々な現代劇だったので、どうかしら……上手くいったかしらと不安に思いながら稽古場で拝見
した通し稽古を見て、そんな不安は吹っ飛ぶと同時に、少しオッサン世代のあたしまで金銭コショられ
てしまって目元が妙に潤ってしまうという。
芝居に対して真摯なパレットシアターズの皆さん。
そんな素直で実直なつくりが拙作を世代を超えて楽しめるノスタルジックストーリーへと昇華して下さ
いました。本当に有り難や有り難や。


でもって最後は新作幕末時代劇『波、果つるまで。』
これまた初体験の脚本。
何が初体験かって、高校生に新作を書き下ろすことが初体験。
昨年『風の響』を上演頂いた一笑ドミノの皆さんのご紹介で貴重な経験を頂くことが出来ました。

高校演劇。かく言うあたしも高校演劇の出身です。
中学時代は帰宅部だったあたしが入る部活を決めているワケもなく、そこをたまたま前の席に座って
いたI堀君に誘われて演劇部の見学に行くことになり……気が付けばそれから20年。今でもこうして
お芝居に携わり続けています。
そんな高校時代。部員が増えた2年時に初めて地区大会というものに出場しました。
これ、決して贔屓目ではなく、思い出に下駄を履かせまくっているワケでもなく、ポッと出のあたしたち
の高校が他のどの高校にも負けない大好評を頂きまして、こりゃ上位大会確実だと誰しもに思われていた
のですが……蓋を開けてみれば上演時間を数分オーバーしていたとのことでそれも叶わず。。。
結果として高校演劇にはやりきれぬ大きな忘れ物をしてきてしまったという思いがずっと残っていました。
そんな折に頂いたこのお話。
あまり自分の想いをどうこうしてはいけないなと思いつつも、やはりどこかで、あの時と同じ思いを彼ら
彼女らにはさせてはいけないという意識が確実に執筆時にあったのは否定のしようがありません。
20年経ったところで、一部の高校を除いては高校演劇の悩みは共通のようで。人数、男女比、セット、
その他諸々。けれど20年経って自分自身は多少は変わったようで、そういった制約がむしろプラスになる。
女性主体の演劇部。そんな演劇部だからこそ輝かせることの出来る幕末時代劇が仕上がったと思います。
ちなみに結果は、かつてあたしが果たせなかったステップへと進むことが出来ました。
まるであの時の忘れ物を届けて貰えたようでとても嬉しかったです。
駿河総合高校演劇部の皆さん、本当に有難うございました。



新作……ではないのですが、上記以外に印象深かったのが下記2作

『MESSAGE』和装演劇集団張り子の虎
『雨の寂』劇団After6


『MESSAGE』は多くの団体で上演頂いた人気作なのですが、それを今まで多くの舞台でご一緒した武居さん
の劇団で上演頂きました。
とにかく大迫力の殺陣。そして機微を上手く捉えた演技。
最高のクオリティのものが組み合わさって生まれる舞台は、やはりこうも感動出来るのだと実感するととも
に、こういった作品がより多くのお客様に届くように、自身の執筆もさらに頑張らなければという励みにも
なりました。
これ、確か本番が関東を襲った大雪の日で、あたしもヒーヒー言いながら劇場に行ったのですが、それにも
関わらずお客様で埋まった客席がとても印象的でした。
あとこの観劇が相鉄本多劇場での最後の観劇になったのも良い思い出。劇場がなくなるのは残念だけれど、
最後に観た作品がこれでよかった。

『雨の寂』はこれまで多くの拙作を上演頂いたAfter6さんの最終公演。拙作の再演でもあります。
After6さんとの思い出は……なんかもうありすぎて困る。
After6さんとご縁が頂けたからこそ広がったものが数多くあります。
それは人脈的なものも芝居に関する観点的なものもそうですが、それ以上に脚本家としてのスキルが何より
大きいと思います。新作の執筆ごとに打ち合わせをして、要望を吸い上げて、それをテキストに起こして、
さらにそれに修正を加えて。そんな今となっては当たり前の作業が、当時はまだ新鮮で、それと同時に本当
に楽しかった。
今の自分はAfter6さんに育てて貰ったところも大きいのではないかなと思っています。
そんな劇団の最終公演。
舞台上の2時間弱もそう。そして結成から今までの長い時間もそう。
本当に素敵な時間を提供してくれてありがとうございました。





新作舞台脚本(+α)は上記なのですが、今年も旧作は多くの劇団・演劇部さんで上演頂きました。
本当に有り難い限りです。
どこの団体さんも様々に工夫を凝らして拙作を見事な作品に仕上げて頂いて、毎度毎度感動するのですが
今年特に印象に残ったのは、学生演劇のクオリティの高さ。
あたし自身も学生演劇は経ているので、決してレベルが低いとは思ってなかったのですが、あたしが学生
時代に観ていた他の学生劇団さんって、何かこう、イマイチ【お客様に楽しんで頂く】という意識が欠落
してたように感じてました。ひょっとしたら今でも残っているのかもしれないですが、エンターテイメント
性を追及することを下に観てる学生劇団さんが当時は多かったのかなと思います。
それが昨年・今年とたまたま近所で学生劇団さんが拙作を上演頂くことが多く、生で学生演劇に触れる機会
が複数回会ったのが考えをガラリと変えました。
どうすれば見やすいか、どうすればより分かりやすく面白く楽しんで頂けるか。
芝居本編はもとより、宣伝から制作まわりも当日パンフもありとあらゆるところにそういった想いが通って
いる。そんなクオリティの高さを感じることが出来ました。
また来年もそういった素敵な学生演劇に出逢えればなと思います。

と。もう一つあった。感動したことあった。
名古屋の劇団、劇団異空間さんが『さくら』『MESSAGE』『ゲッコウテラス』の3作連続上演をして下さった
のも今年でした。
やりたい!!……とは思ってもなかなか実現が難しい企画。
それをこうして現実のものとして下さったのは、異空間さんの劇団としての安定感。
常に良作を提供しつづけ、多くのお客様の支持を頂き続けたからことの賜物なのかなと思います。
残念ながら、まだ一度も生で観劇に伺えていないので、いつか必ずお伺い出来ればなと思っています。



と。ここまでが舞台の話。
実は舞台以外にも幾つか動いていたのですが、それはまだ情報公開出来ないものだったりするので、また次
の更新で。(1年後ってことか?)



ちなみに来年は舞台脚本の新作ですと新作幕末時代劇が1本と、中二系の作品が1本決まっております。
こちら、どちらも情報公開出来次第Twitterでご報告致したいと思います。


それでは、改めまして本年様々にご縁を頂いた皆様本当に有難うございました。
来年も何卒よろしくお願い致します!!


gumba1227 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年12月31日

2013年、皆様有難うございました。

約半年ぶりにブログを書いております。
はい。ブログはすっかりご無沙汰しておりますが、Twitterなどでは煩いくらいピーチクパーチクしとりますので、宜しければ是非是非に。

【Twitter】
【Facebook】

んで。
まぁ、年の最後くらいは少々長文にて一年を振り返ってみようかなとブログを書いているワケです。
そう、自分自身の記憶のデフラグ的な意味も込めて。

今年は……忙しかった。。。
ほんと、全く笑えないほどにカツカツに公私ともに。
ううん。公(脚本的なもの)はある程度予想出来てたからよかったのですが、私的なものが……。
健康保険証を何度作り替えたんだってくらいの大激動だったりで。。。

まぁ、そんな激動のクタクタを乗り越えられたのも全て"公"とも言える脚本関連の素敵な出会い
と素晴らしい作品を創りあげて下さった多くの皆様のお陰でもあります。

JPOPの歌詞並に本当に感謝感謝の大感謝しまくりなワケです。


てなわけでザクっと一年を振り返る。。。

◆おるたりずむリーディングシアター
 『冬二咲ク桜』
 2013/02/21  @パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』

……はい!年明けてすぐにこちらの公演がございました。
リーディングシアター!!
詰まるところ朗読なワケですが、こちら只の朗読公演ではなかった!
照明や音響を効果的に用いた、より感覚に訴えかける演出手法は本当に新鮮!
こういう形の公演、是非機会あればまたご一緒させて頂きたいなぁと思うてます。
個人的には【連作短編】という新しい構成の脚本を描くことが出来たのがとても
楽しかったです。
一つ一つ物語として独立させつつも、それらを通して見ると……おおっ!!的な。
こういう形の脚本もまたいつか描きたいです。かなり。
ちなみにこれらの脚本は下記にて無料でご覧頂けます。


冬ニ咲ク桜 http://haritora.net/look.cgi?script=10526
君ニ繋グ想イ http://haritora.net/look.cgi?script=10525
明日ニ笑ウ彼女 http://haritora.net/look.cgi?script=10524
彼ノかえる時 http://haritora.net/look.cgi?script=10523


◆ふじみ児童ミュージカル
 『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』
 2013年4月21日 @東村山市立中央公民館ホール

そしてこちらも初体験だったミュージカル!!
企画自体は2年くらい前から動いていて、執筆終わったのも少し前になります。
こんなに公演まで長期に渡って携わった作品というのが初めてだったという点
でも思い出深くあり、それ以外にも”初ミュージカル脚本”だったこと、そしてそれ
があたしの出身たる、愛する”東村山を題材とした作品”であったこと。さらには
”児童ミュージカル”であったこと。どれもこれも初めてずくしのスペシャルずくしで
これでもか、これでもかって程に思い出深い作品となりました。
今でも気が付くと劇中歌をついつい口ずさんでいたりします(笑)
そんな魅力的な曲の一部、そして稽古風景などは公式HPのPVでご覧頂けます。

キヅナノート公式HP:http://kidunanote.jimdo.com/


◆オーディオドラマ
 『ライトハンド』配信スタート!!

そう!そうなんです!!
キヅナノートが上演された4月21日はもう一つ大きなイベントがあったのです!!
それこそが『ライトハンド』の第一話配信開始!!
昨年から企画が動き出していたこちら。
自身にとっても初のオーディオドラマ脚本であり、更には連続モノも実は初めて。
そんなドキドキの中で、健介さんをはじめてする素敵なスタッフの方々、そして
収録時は終始感動しっぱなしだった、卓越した技術を持っておられる出演者の
皆さん。
多くの方のお力添えをいただくことでこの日1話の公開開始となりました。
初めて1話のプロトタイプを聴いた時は……本当に感慨深かったです。
これは今までに体感したことのない嬉しさだったかも。
そんな『ライトハンド』ですが、多くの方の応援、ご声援を頂きまして、この秋に
全20話を完結することが出来ました。
今改めて思うのは、昨年今年と『ライトハンド』に……いや、オーディオドラマの
製作に携われて本当に良い経験をさせて頂いたなぁと。
こんなに刺激的で楽しい経験を出来て本当に幸せだったなぁと思います。
そしてこちら『ライトハンド』全20話。
下記にて公開中です!!
なんせ20話ですから、随分と長くはありますが、逆を言えばこの正月休みの
お供には絶好の作品かもしれません。
宜しければ是非ご視聴下さい。

『ライトハンド』公式サイト: http://www.lighthand.org/




◆劇団ゴールデンタイム
 『ゲッコウテラス』
 2013年8月1日〜8月4日 @明石スタジオ


そして夏です!!
昨年、『Sunnyday』でご縁頂きました、劇団ゴールデンタイム!さんに書き下ろし
をさせて頂きました渾身の一作!!
久しぶりの新作時代劇であり、『さくら』『MESSAGE』と連なる横路軍平に纏わる
物語の最新作『ゲッコウテラス』の登場です!!
昨年の旗揚げ以来、もうレモン30個纏めて口に含んでみましたってくらいに口を
酸っぱくして言っている、今一番注目な若手劇団とも言えるゴールデンタイム!
さんと再びご縁を頂くことに出来た作品です。
明治初頭を舞台に、横路軍平の息子である横路郁太を主人公とした物語。
流石とも言える、ゴールデンタイムの皆さんの演技力。そして見事に心の琴線を
かき鳴らしてくれちゃう佐東さんの演出。そこに更に、衝撃上の数々の舞台で見事
な殺陣を披露してきた客演陣が加わっちゃったものだから……もうちょう満足!!
本当に素敵な舞台に仕上げて頂きました。
ゴールデンタイム!さんとはご縁あるようでしたら是非ともまたご一緒したいものです。
そんな『ゲッコウテラス』の脚本は下記にて無料にて公開中です!!

ゲッコウテラス:http://haritora.net/look.cgi?script=10959



◆演劇集団若人
 『Smoker's mail』
 2013/08/17~18 @中板橋新生館シアター


そして夏のもう一つの公演!!
かねてから大好きだった劇団でもある若人さんに書き下ろしをさせて頂いた『Smoker's mail』
です!!
こちら、これまでの自身の作風とはガラリと違う一幕物。
そしてファンタジーでもSFでも時代劇でもラブストーリーでもない……そんな意欲作でした。
暗中模索しながら仕上がった脚本……これを初めて演じて下さったのが若人さんで本当に
良かったと心から思いました。
若人さんの役者陣のこの演技力!!クオリティの高いこと高いこと!!
そうして描いていただいた本作。本当に素敵な舞台に仕上げて頂きました。
こういう作風の作品も是非また描いてみたいものです。
そして若人さんともまた是非ご縁いただければいいなぁと思ってます。
そんな『Smoker's mail』の脚本は下記にて無料公開中です!!

Smoker's mail:http://haritora.net/look.cgi?script=10991



◆演劇ユニット一笑ドミノ
 『風の響』

そして今年の新作時代劇第二弾!『風の響』の登場です!!
上演いただくのは一昨年『こはく』を上演頂いた一笑ドミノさん!!
そして演出は"演劇集団ふりぃらんさぁ"で数々の拙作を上演頂いた大畑さん!
何だこの心強すぎる布陣は!!
夏の『ゲッコウテラス』が明治を舞台にしていたのに対して、こちらの舞台はガチ
幕末!!もっと言えば『MESSAGE』の翌年の物語となります。
『MESSAGE』実はふりぃらんさぁさんでも過去に上演頂いてまして……んもう、
流石大畑さんったらありゃしない!!
静岡まで観劇に行ったのですが、大きな舞台を存分に活かしたダイナミックな殺陣
と共に描かれた本作は……本当に素晴らしかったです!!
新作をこんなにも素敵な作品にして頂けて本当に感謝です。
そんな『風の響』の脚本は下記にて無料公開中です。

風の響:http://haritora.net/look.cgi?script=11225



◆オーディオドラマ
 『ゲラ』配信開始


そして今年の最後を締めくくるにはオーディドドラマ『ゲラ』です!!
有り難いことに『ライトハンド』に引き続き健介さんの作品にご縁頂きました。
今回は有馬明香先生の原作コミックのオーディオドラマ化。
あたしはコミックの脚本化ということで携わらせて頂きました。
本作の特徴は……ふふふ、ご視聴頂ければ分かります!
まだ未視聴という方は是非下記から!!

オーディオドラマ『ゲラ』公式:http://www.gera-comic.net/




といったところが2013年に公開された主なおしごと。
もちろん来年以降に公開のおしごともカリカリやってたので実際はもうちょいワタワタしてました(笑)

しかしながら、どの作品にも共通して言えるのは、本当に良縁に恵まれていて実に幸せだったということです。
それは一緒に作品を創るスタッフの面々であり、作品に携わって頂いた方々であり、そして作品を応援して下さった多くの皆様とのご縁ということです。
この素敵なご縁の一つ一つを大切にして、来年もまた精力的に作品創りに向き合っていければなぁと思っています。

お世話になりました皆様、本当に有難うございました。
そして来年も何卒宜しくお願い致します!!




PS.そうそう、↑で書き忘れたのですが、私事ではございますが今年結婚致しました。
   お祝い頂きました皆様、本当に本当に有難うございました!!































 

















gumba1227 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 

2013年07月19日

【公演間近】『ゲッコウテラス』を違った視点でお楽しみ頂く為の裏ワザ!

気がつけば7月も後半。
というわけでそろそろ見えて参りました。


劇団ゴールデンタイム公演
『ゲッコウテラス』



はい。脚本を書きおろしました新作時代劇の公演でございます。
上演頂くのは昨年拙作『Sunnyday』を再演頂き、その心の琴線に触れまくっちゃうような見事出来栄えに多くの方から絶賛を受けた劇団ゴールデンタイム!さん。
これ昨年辺りからレモン30個分くらいの口の酸っぱさで言うとりますが、今あたしが一番注目してる若手劇団さんです。


保証されたクオリティと制作的なアプローチの巧さ故でしょうか。
本日現在で多くの方から期待の声が上がっている本公演。

もちろん作者であるあたしも声を大にしてすべての方に『これは名作になる予感びんびん!観ないと後悔してしまうっ!!』と公言出来るようなそんなクオリティの仕上がり具合なのです。



……と。
そんな期待高まる『ゲッコウテラス』なのですが、実はこれをさらに違った視点で楽しむことが出来る裏ワザがあるのでここで宣伝でもしておきたいなと。

はい。実はもう気づかれている方は沢山いらっしゃるようなのですが。今回の『ゲッコウテラス』実は過去の拙作と関係のある作品なのです。

そう。この辺の作品。
『さくら』
『MESSAGE』
どちらも拙作の中でも人気のある作品です。
『さくら』は幕末と現代が交差する物語。
『MESSAGE』は元治元年の京を舞台とした新撰組の物語。
そもそもこの二作が関連性がありまして、『さくら』に登場する新撰組隊士である軍平さんの過去を描いたのが『MESSAGE』に当たるのです。

では、これらとゲッコウテラスにどのような関係があるのか?

実は『MESSAGE』に登場した軍平さんの息子、郁太君の成長した姿を描いたのがこの『ゲッコウテラス』なのです。
なので、細かな部分で『MESSAGE』をご存知だとニヤリと出来る要素がチラホラと。
『MESSAGE』をご存知の方は是非みつけて楽しんでみてください。


さ ら に !!
これらの物語の生まれた順は
『さくら』→『MESSAGE』→『ゲッコウテラス』なのですが、じつはこれら時系列で並べると。
『MESSAGE』→『さくら』→『ゲッコウテラス』となるわけでして。そうすると……はい、『さくら』をご存知の方がニヤリと出来る要素も多数用意しております。

これはもう『さくら』『MESSAGE』をご覧になったことがある、あるいは上演したことがあるという方にとっては必見の一作なのです!!
もちろん、これらをご覧頂いた上で見ていただくような【続編】的な作品とは違いますので本作だけでも十二分にお楽しみ頂けます。


『ゲッコウテラス』どうぞお楽しみ…………あ!!


忘れてた。


実はもう一作、本作と関連のある作品が。


大正時代を舞台にした物語『こはく』
ここに登場するなんともアレな老人【斉藤平太郎】
そして『ゲッコウテラス』のあらすじを読むと……【斉藤平太郎】!?

ぬぬぬぬぬぬぬぬ!?同一人物!?


この詳細は劇場にて是非お確かめ下さいっ!!




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

劇団ゴールデンタイム
『ゲッコウテラス』

脚本:岩本憲嗣 演出:佐東 丞

<期間> 2013年8月1日(木)〜2013年8月4日(日)
<開演時間> 8月1日(木)14:00★/19:00☆
8月2日(金)14:00☆/19:00★
8月3日(土)14:00★/19:00☆
8月4日(日)13:00☆/16:30★
※本公演は『月チーム(★)』と『光チーム(☆)』による、一部ダブルキャスト公演です。
※上演時間 約80分

劇団HP:http://goldentime.6.ql.bz/
チケット予約:http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=34814

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<脚本無料公開中>
『さくら』
 こちらより無料でご覧頂けます→http://haritora.net/look.cgi?script=56
『MESSAGE』
 こちらより無料でご覧頂けます→http://haritora.net/look.cgi?script=1212




gumba1227 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年07月06日

とてもとてもご無沙汰なので。

二ヶ月ぶりのご無沙汰さんです。
そうか、『キヅナノート』の頃からブログの更新滞っていたのですね。
申し訳なかとです。。。

ブログ買いてない分(というのか何なのか)Twitterは四六時中いたりします。
よろしければフォローなんぞしてみたりしたって下さい。

【Twitter】http://twitter.com/gumbavision



はい。この二ヶ月の間色々ございましたので、それぞれ少しづつ回顧っ!!





まずはなんといってもこちらっ!!

オーディオドラマ『ライトハンド』


4月21日に第一話を配信開始してから現在第8話迄公開中。
非常に多くの方からご好評の声を頂いております。
ご視聴頂きました皆様、本当に有難うございますっ!!!

尚、こちらの配信は下記にて行なっております。
まだ聴いたこと無いという方、この機会に是非是非ご視聴下さいませっ!!
きっとお楽しみ頂けると思います!!


公式サイト: http://www.lighthand.org/
Podcast: http://itunes.apple.com/jp/podcast/id638815772
ニコニコ動画: http://www.nicovideo.jp/watch/sm20664599


さてさて、このライトハンド。
配信と同時並行して収録も行われておりました。
その収録も早いものでつい先日終了。
一つの区切りに立つことが出来て嬉しくもあり、一つの区切りを迎えてしまったことが寂しくもあり複雑な気持です。

全収録に立ち会わせて頂いたわけですが、これ、本当に感激しっぱなしでした。
改めて声優さんの技能の高さに舌を巻くばかり。
そして、そんな皆さんの手によってテキスト上の登場人物に少しづつ、しかし着実に、温度の通った命が吹き込まれていく。
それを世界中の誰よりも早くに体感することが出来るこの役得(笑)

これまで舞台の世界には脚本家だけでなく制作として携わっていた経験がありますので、舞台でも同様のことを感じたことはあります。
しかし舞台のそれと、スタジオ収録でのそれは全く異質のもの。
この体感したことのなかった、演者が命の息吹を吹き込む瞬間に立ち会えたことは何よりも貴重な体験に他なりません。

本当に本当にいい体験でした。
またこんな体験出来るといいなぁ。


んで!!次……の前にライトハンドでもうちょっと。
これも今回初めて体感することの出来た感動。
前述の通り、収録に立ち会わせて頂くという贅沢な経験をさせて頂いたわけですが、当然そこで作品は完成……というワケではないわけで。
その後、編集を経てようやくリスナーの耳にお届けすることが出来るワケですが。

ここ!!ここが凄いの!!感動なの!!

改めて、健介さんの技術の高さと感性の豊かさに敬服しっぱなしなワケでして。
登場人物たちの会話の背後にある生活音を始めとする様々な“音”
そして今回の作品とも密接な関わりのある主題歌を始めとする“曲”
これらが実に巧妙に、それでいて自然に、にも関わらず時にダイナミックに。
本当に細部に至るまで綿密に至る所にそれらが施されている。

それらを経ることによって、本来音だけで構成されている作品に、ビジュアルが自然と浮かぶような、匂いが鼻先をくすぐっていくような、体にぬくもりが伝わってくるような、そんな“リアル”さが生まれて来ているのです。
本当に本当に感激感動モノです。

もう、これはアレです。
あたしなんぞがあれやこれやいっても上手く表現しきれません。
百聞は一聴にしかず。
是非、一度ご視聴下さい!!
【ライトハンド公式:http://www.lighthand.org/





んで。違うお話。
気がつけばもう一ヶ月後に迫っておりました。
何か?

そう!!こちら!!


劇団ゴールデンタイム『ゲッコウテラス』


はい。脚本を書き下ろしました新作時代劇でございます!!
時代劇……とは言っても明治な作品。
どんなお話かというと……こんなっ!!



明治5年8月。

上弦の月に導かれるかのように彼らは出逢う。

薗部郁太は真実を求めていた。
懸命に戦いぬいた父の行方。
誠の旗の下、守る為に振り続けた一太刀の想いを。

斉藤平太郎は真実を消し去りたかった。
鮮明に刻まれた後悔の記憶。
己の未熟さが故、守ることの出来なかった人たちの想いを。

異なる想いを秘めし二人の男。
この出逢いこそが全ての始まりだったのだ。

鉄道の正式開通を目前に控えた帝都東京。
その陰で巡る様々な思惑。
月明かりに照らされるように明るみになっていく真実。

そして二人は決意する。その想いを成さんが為に。



ゴールデンタイム!次回公演は劇団史上初の『時代劇』!

熱く熱く・・・時に切なく・・・始まりから終わりまで一気に駆け抜ける!
上演時間は、あっ!と言う間!ななな・・・なんと『80分』!!

『演劇はちょっと苦手・・・』、『お尻が痛くなっちゃって・・・』そんなアナタも大丈夫!

『絶対に観足りなくなる』こと間違いなしっ!!

劇団ゴールデンタイム!が贈る、熱く切ない真実の物語!


『本当の「強さ」とは何か・・・その目に焼き付けろ!』




ってなあワケで、先日稽古場にお邪魔して参りました。
今回2チームでの上演とのことで、稽古もそれぞれのチームを交互にやるようなそんな展開。
そしてあたしが伺った頃にやっていたのは、これからクライマックスへ向かってという導入の部分。
もうバリッバリに緊迫感アリアリなシーンなワケですが。


ニヤリ。

ニヤニヤニヤリ。



どちらのチームも圧倒的な臨場感と迫力。
この時期にしてこんなにも高い完成度なのかと度肝をぬかれます。
そして何がニヤリかと言いますと……2チームともどっちも物凄くいい演技!!
なんだけど、どちらもまた違った緊迫感のオーラをまとっている。
これはどっちが正しいとかっていうんじゃなくて、どっちも好き。というかどっちも観たい!!といういより、どっちも是非ご覧頂きたい!!

いやはや、これを創りあげる演出の佐東さんの技量に圧巻です。

そういえば劇団ゴールデンタイム!さんは最近結成1周年を迎えたとのことでして。
こちらの劇団さん、作品のクオリティはもちろんなんですが、各種サービスなどの制作面での充実も目を見張るものがありまして。
最近の劇団さんの中では個人的にもっとも注目している劇団さんです。

もしまだ未見という方いらっしゃいましたら、是非これを機会に『ゲッコウテラス』のご観劇をお勧めします!!

ちなみに土日だとあたしも劇場のどこかにいると思います(笑)


劇団ゴールデンタイム
『ゲッコウテラス』

脚本:岩本憲嗣 演出:佐東 丞

<期間> 2013年8月1日(木)〜2013年8月4日(日)
<開演時間> 8月1日(木)14:00★/19:00☆
8月2日(金)14:00☆/19:00★
8月3日(土)14:00★/19:00☆
8月4日(日)13:00☆/16:30★
※本公演は『月チーム(★)』と『光チーム(☆)』による、一部ダブルキャスト公演です。
※上演時間 約80分

劇団HP:http://goldentime.6.ql.bz/
チケット予約:http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=34814





からの。
もう一つ時代劇のお話。

こちらも脚本を新たに書き下ろしました新作!!

演劇ユニット 一笑ドミノ
『風の響』

公演日程がいよいよ決定したとのことです。
デデン!!


演劇劇ユニット一笑ドミノ
『風の響』

日時/2013年12月8日(日) 13時予定
会場/藤枝市民ホールおかべ予定

−揮う刃のその先に、彼らは何を求むのか−
 笑い、涙、感動あり。数々の時代劇を手懸けてきた岩本憲嗣氏の新作・幕末時代活劇。
 まだ誰も知らない彼らの音色に、耳を澄ましてみませんか。
 
【公式HP】http://ichishodomino.web.fc2.com/


静岡での公演となります!!
年の瀬は是非静岡で!!





からのからの。
実はもう1本新作のお報せ。

若手の超実力派劇団である演劇集団若人さんの公演に新作脚本を書きおろし致しました!
はい、実力派ではなく、”超"実力派です。
何度か公演を拝見したことがありますが、役者さんのレベルの高さが本当に高いんです!!
そんな面々に拙作を上演して頂けるこの感動。
本当にありがたいかぎりです。

公演の詳細は追ってご報告致します。
とりあえず……8月の中頃はスケジュールをお空け下さい(笑)

































































gumba1227 at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年04月15日

4月21日っ!!

忙殺されております。岩本です。
忙殺だなんてこりゃ非常によろしくない。
心を亡くした上に殺されたなんてどれだけ人でなしなんだという感じですが、どうにか人の形は留めております。

忙しいとは言っても、そのほとんどが脚本絡みのスケジューリングなワケでして、口では忙しい忙しいと言っていてもその実『たまらん、もっともっと!』とM心が疼いて疼いて仕方なくもあったりしております。

さてさて、そんな日々の忙しさの一番のご褒美!!
天一!!
……もそうなのですが、やはり何といっても作品が形となって世にお披露目になる時です。

というわけで、今月も2作!新作を世に公開して頂けることになっております!!
まず1本目はこちら!!



ふじみ児童ミュージカル
『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』

2013年4月21日(日)
東村山市立中央公民館ホール
開場13:30 開演14:00
大人(高校生以上)... ¥1,500
子ども(〜中学生)... ¥1,000

東村山の子供達を中心に活動する通称「ふじみゅ〜」、
初のオリジナルミュージカル作品。
栗本詠津子総監督のもと、
こどもと大人が鉄壁のチームとして結束した、
本当に手作りの公演です。
地域の皆様はもちろん、市外のお客さんにもぜひ、
子供達の今しかない光を見ていただけたら幸いです。

主催・ふじみ児童ミュージカル合唱団 / オリジナルミュージカル開催実行委員会
後援・東村山市 東村山市教育委員会
*キリン福祉財団 キリン子育て公募事業*

脚本 岩本憲嗣
作曲 金山徹
製作総指揮・演出・作詞......栗本詠津子(講師)
振付......中村けいこ(講師)
演出・演出助手......秋田修輔
衣裳デザイン・舞台美術......斉藤美智子
音響......柿本重生
照明......STUDIO HeadZ 照明部
歌唱指導......薄井真紀(講師)
協力......かねこ大道具工房(株)、Kダンススタジオ
ポワッソンルージュ、カガワカオリ
協力プロダクション......KAMプロモーション

<公式HP>
http://kidunanote.jimdo.com/



はい!!
拙作初のミュージカル作品!
そして初の児童向け作品!!
『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』の公開がいよいよ今週末なのです!!

実は昨日通し稽古にお伺いして参りました。
通し稽古の前にクライマックスシーンの返し稽古を拝見したのですが、それだけでもう涙腺の貯水率がヤバイ状態(笑)
そして通しを見終わって確信。
これは劇場で照明と音響が加わった状態で見たら涙腺が枯れ果てるわと。

まず何より子供たちの熱演が素晴らしい!!
もちろん拙い部分はあるものの、それを補って余りある魅力があるわけです。
それは大人の役者がいくら頑張っても絶対に表現しようのないような、純粋に前向きなエネルギーのようなもの。
この想いの篭った言葉、聴衆の心に響かないハズがない。
そんな言葉をさらに増幅させているのが、楽曲の魅力!!
実に多種多様な曲調の楽曲が次から次へと出てくる。そしてそれに合わせて歌い踊る子供たち。

拙作をこんなにも素敵に仕上げて頂けたこと感激です。
一週間後、劇場で拝見出来るのが楽しみでなりません!!


ちなみにこちらの公演のチケット、なんと完売とのこと!!
全てが東村山産のメイドイン東村山ミュージカル。話題性も抜群なのかしら!?



そしてそして!!
何の因果か運命か!!
『キヅナノート』と同日に公開されますのがこちら!!
大変お待たせ致しましたっ!!




オーディオドラマ
『ライトハンド』


消すことのできない傷跡。ただ汚いばかりの現実。
私は一人、安心できる居場所を探していただけだった。
行き交う雑踏と止まぬ喧騒に包まれたこの街。
溢れるノイズの中、たった一つ、純粋に最短距離で私に響いた君の声。

停止した思考。ただ過ぎ行くばかりの毎日。
俺はただ、些細な下心から小さな刺激を求めただけだった。
行き交う情報と止まぬつぶやきに包まれたネット。
溢れ出た感情の先、ホテルの一室、両手を真っ赤に染めて立っていた彼女の姿。

この出逢いが偶然なのか必然なのかなんてわからなかった。
でもこれだけはわかる。二人とも互いにもっと分かりたかったんだ。
分かりたくて伝えたくて届けたくて。
汚くて酷くて後悔して。

これは、二人の男女の出逢いからはじまる、痛みと温もりの物語。


シリーズ構成・脚本:岩本憲嗣
イラストレーション協力:akamori
音楽協力:SENTIVE、Civa、由仁
オープニングテーマ:「ライトハンド」CoolRunnings
原案・音響効果・演出・選曲:健介
2013年4月21日より公開

<公式HP>
http://www.lighthand.org/


はいっ!脚本として携わらせて頂いております健介さんの新長編作オーディオドラマです!!
実はこちらも先日収録に立ち会わせて頂きました!!
場所は麻布のスタジオ!!

もう一度言います。
麻 布 の ス タ ジ オ !!

……なんだろう、このそこはかとなく感じる大人の色香。


そのスタジオさん。本当に綺麗で設備も立派でなんとも恐縮しっぱなしな中で、主演声優お二人の演技を誰よりも早く聴く機会に恵まれたワケです。
すげぇぇぇぇぇぇぇぇ感動!!
お二人とも本当に演技が上手いなんてもんじゃない!!
舞台の稽古場には何度も立ち会って参りましたが、それとはまた違った雰囲気。
そして声優さんの魅力的な演技。
テキストが今この瞬間に立体となってこれから作品としての産声を上げる第一歩に立ち会えたというこの感動ったらもう!!


これは間違いなく素晴らしい作品となることでしょう!!
是非是非是非是非!ご期待しまくって下さいっっっ!!!!!





gumba1227 at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年03月17日

『キヅナノート』PV公開!……だけじゃない!!

3月ですって。桜開花宣言ですって。
着実に春が近づいておりますが、個人的には春嵐真っ只中です。

んもう、いろいろ大変(笑)


大変だけど笑っていられるのは、そのほとんどが脚本関係でのワタワタだからなワケでして。
『この春は暇です!』
と公言していたのが、だらりんと油断していたらば、気がつけば〆切に周りを囲まれておりました。

なんというかもう……春の〆切祭り(笑)
有り難さの中で嬉しい悲鳴をあげております。

えぇ。大丈夫でしょう。きっと。
だってほら……楽しいことも沢山控えてますから。



はい!楽しいこと!!
と言えば……公演でございます!!
というわけで、いよいよっ!!本当ぉぉぉぉぉぉぉにいよいよ!!
『BREAK』の前から携わっていたので……そう、二年以上!!
二年以上のの月日を経ていよいよ皆様の前にお目見えでございます!!


東村山を舞台にした児童ミュージカル!!
その名も……

『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』


公演を1ヶ月前に控えて公式PVも公開されました!!


これが……もう、これだけでグッと来てしまう。
東村山を舞台に、東村山のありとあらゆるエッセンスをギュッと詰め込んだ物語。
子供たちの澄んだ歌声!華やかなダンス!そしてまっすぐに突き刺さる熱演!!
是非とも多くの方にご覧頂きたいです!!

詳細はこちら!!
チケットのお求めは下記問い合せ先か、岩本迄ご連絡下さい!!




ふじみ児童ミュージカル
『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』

2013年4月21日(日)
東村山市立中央公民館ホール
開場13:30 開演14:00

大人(高校生以上)... ¥1,500
子ども(〜中学生)... ¥1,000

【問合せ】fujimimusical@gmail.com

東村山の子供達を中心に活動する通称「ふじみゅ〜」、
初のオリジナルミュージカル作品。
栗本詠津子総監督のもと、
こどもと大人が鉄壁のチームとして結束した、
本当に手作りの公演です。
地域の皆様はもちろん、市外のお客さんにもぜひ、
子供達の今しかない光を見ていただけたら幸いです。

主催・ふじみ児童ミュージカル合唱団 / オリジナルミュージカル開催実行委員会
後援・東村山市 東村山市教育委員会
*キリン福祉財団 キリン子育て公募事業*

脚本 岩本憲嗣
作曲 金山徹
製作総指揮・演出・作詞......栗本詠津子(講師)
振付......中村けいこ(講師)
演出・演出助手......秋田修輔
衣裳デザイン・舞台美術......斉藤美智子
音響......柿本重生
照明......STUDIO HeadZ 照明部
歌唱指導......薄井真紀(講師)
協力......かねこ大道具工房(株)、Kダンススタジオ
ポワッソンルージュ、カガワカオリ
協力プロダクション......KAMプロモーション

<公式PV>
http://www.youtube.com/watch?v=TzZAev_8W6A





そして……それだけではないのです。
もう一つお知らせ!!


既にTwitter上では情報公開済みなのですが。
8月に新作時代劇『ゲッコウテラス』を書き下ろす劇団ゴールデンタイム!さんの最新公演。
『LISTEN TO THE STEREO!!』に……なんと!!

拙作『たゆたいの時間のアゲハ』『ライオントリック-the lie on the trick-』より神部みゆきと鳥居亮子がゲスト出演するのです!!

これはアレですわな。
餓狼伝説SPECIALに竜虎の拳のリョウサカザキが出るような。
スマブラにメタルギアのスネークが出るような。
ドラゴンボールでアラレちゃんが出てきたような。
そんな企画っ!!

果たして彼女たちがどんな活躍をするのか、実に楽しみです!!


ゴールデンタイムさんの『LISTEN TO THE STEREO!!』は3月29日〜31日。要町第七秘密基地にて。
詳細は公式HP【http://goldentime.6.ql.bz/pc/top.html】で要チェックです!!




そしてそして……こちらも大変お待たせ致しました!

春!!

ということで、オーディオドラマ『ライトハンド』も怒涛の如く動き出しております!!
次にブログを更新する頃にはきっといろんなことをまとめてドドドンッと大発表出来ると思います!!
ご期待下さい!!

ライトハンド公式:http://www.lighthand.org/

gumba1227 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年02月27日

『冬ニ咲ク桜』からの『ライトハンド』

もう1週間近く経過してしまっているのですが。
今年最初の新作公演である、おるたりずむさんの『冬ニ咲ク桜』無事大盛況のうちに幕を閉じることが出来ました。

ご来場頂きました皆様、公演を支えて下さいました皆様、応援頂きました皆様本当に有難うございました!!

本作は<リーディングシアター>と銘打っておりまして。
そりゃなんじゃと言うたら、まさに読んで字の如し。
リーディング公演でありながら演劇公演的なエッセンスをふんだんにもりこんだものと申しますか。

照明やSEなどを豪華に用いて表現される朗読劇の世界は、今までに体感したことのないような刺激的なものであり、このような実に面白みのある形で拙作を表現いただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。


おるたりずむさん、本当に有難うございました!!




……と、いうわけで、公演も終りましたので、実は『冬ニ咲ク桜』の脚本の無料公開を開始しております!!

『冬ニ咲ク桜』……といっても、それは公演のタイトルであり、実際は3本の短編+1本の掌編で構成された連作短編となっております!!

1作のみでも当然お楽しみいただけますが、全作品を通してご覧頂けますとさらに大きな発見や、様々な伏線が次々と繋がって行くのが感じられてよりお楽しみいただけると思います!!

というわけで、どちらの作品も無料にてご覧・ご利用頂けます!!下記リンクより是非!!
事前ネタバレしてしまいますと、アレです。<時代劇><大正モノ><タイムトラベルモノ><不器用な恋愛><ツンデレ><粗暴少女><中二病>こんなフレーズに少しでもピクリと来るようでしたら是非(笑)



『冬ニ咲ク桜』(http://haritora.net/look.cgi?script=10526
時は大正。大切な彼女のその願いを遂げる為。大切なあの人の言葉を嘘にしない為。彼は、時を越えやって来たその男と誓いをかわす。1冊のノートが導いた、運命を繋ぐ笑顔の物語。

『君ニ繋グ想イ』(http://haritora.net/look.cgi?script=10525
元治元年。薬学者の河津時真は一人の少女と出逢う。そう、大切なあの人に瓜二つの少女と。偶然という必然に導かれて出逢った二人。だが時の荒波が二人を翻弄する。……1冊のノートから始まる、笑顔を紡ぐ為の物語。

『明日ニ笑ウ彼女』(http://haritora.net/look.cgi?script=10524
1993年2月。少女が曽祖父から受け継いでいた古い古い一冊のノート。眩い光の中で少女が出逢ったのはそこに書かれていた、まさにその人であった。……1冊のノートが繋いだ時を越えた笑顔の物語。

『彼ノかえる時』(http://haritora.net/look.cgi?script=10523
彼女は信じ続けていた。そのノートの繋いだ笑顔の軌跡。そして、彼の紡いだ明日への奇跡を。……一冊のノートの繋いだ3篇の笑顔の物語。これは、そのその終着点とも言えるもう一つのエピソード。





……からの、実は『冬ニ咲ク桜』、劇場にいたのは昼迄でして、夜は別の場所におりました。
はい!脚本として携わらせて頂いております『ライトハンド』の主題歌である『ライトハンド』でお馴染みのCoolRunnningsさんのライブにお邪魔して参りました!!

いやぁぁぁ!すげぇ良かった!すげぇ格好よかった!!
もうね、1曲目から『ライトハンド』なんだもの、魂震えます。
短いながらも非常に満足度の濃い凝縮された充実の時間を過ごせました!!
お誘いいただいた、健介さんには本当に感謝です!!

CoolRunnningsさん、まだ聴いたことないぞって方!
ならば今聴いて下さい!!
こちら!!
http://www.youtube.com/watch?v=as6YYhfs1Gs




こんな素敵な楽曲がテーマ曲のオーディオドラマ『ライトハンド』も春頃からいよいよ本格始動の予定です!!
これは本当に本当に気合いが入っちょります!!
ご期待下さい!!



しかしあれね。
同じ黒いシャツ・黒いジャケット・ジーンズといういでたちなのに、CoolRunnningsさんは皆さんビシっと格好イイのに自分はという……世知辛い格差をみせつけられました(笑)







gumba1227 at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年02月20日

『冬ニ咲ク桜』いよいよ明日です!

訳あって島根に行っておりました。
というわけで、必要に迫られて生まれて初めて飛行機に乗りました。

……どうにか生きております(笑)


いや、正直ちょっぴり怖かったのですが、実際乗ってみたらスターツアーズやらストームライダーと変わらない、というか向こうの方が激しいレベル。
帰りの飛行機は、離陸時に外の映像がモニタに映し出されていたのですが、なんかもう、エースコンバットの発着陸ミッションみたいで一人興奮しとりました。
人類の作り出した機械文明の素晴らしさを身をもって味わいました。


島根。
主に出雲と松江なのですが、色々と面白いものを見て触れてきました。
これから呑み会などでお会いした際には、お土産話など出来ればなぁと思うちょります。


んで。
帰ってきたので一休み……でもなかった!!


はい!!気がつけば明日なのです!!
何が!?



おるたりずむリーディングシアター
『冬ニ咲ク桜』


いよいよ明日開幕です!!
今公演では連作短編の脚本を3本+α書き下ろしを致しました!!

ではでは、どのような作品なのか?
ネタバレのない程度にご説明を致しますと、紹介文にもございます通り、本作は“平成”“幕末”“大正”という3つの時代を舞台にした3篇の短編から構成されております。
それぞれ独立した物語でありながら、これら3篇を通して聴いて頂くと実は……といった仕掛けを施してあります。
どのような仕掛けか?
これがですね……もうね、言いたくて言いたくて仕方ないのですが、でもストーリーの根幹に関わることなので言えない(笑)
ただ、自身の得意とするエッセンスをギュギュっと濃縮して詰め込んだ。そんな自信を持ってお届けする仕掛けです。

そしてその物語に命を吹き込んで下さる出演陣!!
数々の舞台を経験してきたおるたりずむのお二人の力強く深みのある演技!
そして声優として活躍する女性人お3方の、心の機微が手に取るように伝わってくる繊細な演技!
これらの織成す相乗効果!!

ほんとうに素晴らしいのですよ。

自信を持ってお送りする脚本。
自信を持ってお勧め出来る出演陣。
それらの紡ぎだす『冬ニ咲ク桜』
タイトルの通り、この寒さも忘れてしまうようなあたたかな物語です!
多くの方に是非とも味わって頂きたい一作となっております!!


もし、ご興味頂けるようでしたらお気兼ねなく岩本までご一報下さい。
ちなみに岩本は昼の回は劇場にいる予定です。
皆様にお会い出来ますこと楽しみにしております!!



っと、改めまして公演詳細!!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おるたりずむリーディングシアター
『冬二咲ク桜』


彼女たちは笑った。
その想いがやがて明日に繋がることを信じて。

そう、その笑顔の先にはいつもその桜の樹があった。
池の畔には立派な桜の樹があった。
桜の樹にはが大切な想い出があった。
想い出を守る為に彼女は誓った。
誓いはやがて一冊のノートに姿を変えた。
ノートは時を超え今も旅をする。
彼女たちの笑顔を創るために。

いびつな形の小さな出逢い。
そこから生まれた終ることのない運命の大樹。

平成・幕末・大正
駆け抜ける時の中で舞い落ちる三篇のキセキ。

これは、時と運命に導かれた3つの笑顔の物語。
おるたりずむが紡ぎ出す不思議な世界。


リーディングシアター第1弾は冬をテーマにしたお話です。
寒い冬を暖める優しい物語を是非劇場で!


脚本:岩本憲嗣
照明:おるたりずむ
音響:牛居朋広

【出演】 
わたなべあつこ
稲垣圭子
長谷川紘子
小島督弘(おるたりずむ)
武居新一郎(おるたりずむ)

【チケット】
¥2,500(1ドリンク付き)

【日程】
2013年2月21日(木)
<昼の回>14:00〜 
<夜の回>19:00〜
 (開場は開演の30分前です)

【会場】
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
(東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1〜2階)
※有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分
HP:http://esorabako.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




gumba1227 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年01月17日

【連作短編】冬ニ咲ク桜【公演情報】

久しぶりに本格的な風邪をひきました。
こんな本格的なのは恐らく『うたかた』の公演中以来……という文章を以前も書いた気がするので、もうちょっと最近ぶりなのでしょう(笑)
酒を断って変わりに風邪薬飲んで10時間睡眠。
どうにか普通っぽく生活出来ています。以前頭痛・関節痛はひかないのですが、まぁこれは酒を呑めば治るのだと思います。

さてさて、そんなクタクタのところにまるでお見舞いのように吉報が。
昨年からたびたびTwitterなどでも触れておりました。書き下ろしの新作連作短編作!
こちらに関する情報解禁とのお達しが!!

おおおおおおお!!!


というワケで早速公開!デデン!!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おるたりずむリーディングシアター
『冬二咲ク桜』


彼女たちは笑った。
その想いがやがて明日に繋がることを信じて。

そう、その笑顔の先にはいつもその桜の樹があった。
池の畔には立派な桜の樹があった。
桜の樹にはが大切な想い出があった。
想い出を守る為に彼女は誓った。
誓いはやがて一冊のノートに姿を変えた。
ノートは時を超え今も旅をする。
彼女たちの笑顔を創るために。

いびつな形の小さな出逢い。
そこから生まれた終ることのない運命の大樹。

平成・幕末・大正
駆け抜ける時の中で舞い落ちる三篇の物語。

これは、時と運命に導かれた3つの笑顔の物語。
おるたりずむが紡ぎ出す不思議な世界。


リーディングシアター第1弾は冬をテーマにしたお話です。
寒い冬を暖める優しい物語を是非劇場で!


脚本 岩本憲嗣
照明 おるたりずむ
音響 牛居朋広

【出演】 
わたなべあつこ
稲垣圭子
長谷川紘子
小島督弘(おるたりずむ)
武居新一郎(おるたりずむ)

【チケット】
¥2,500(1ドリンク付き)
【日程】
2/21 昼 14:00〜 夜 19:00〜 (開場は30分前)
【会場】
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
(東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1〜2階)
※有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分
HP:http://esorabako.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


はい!そんなワケで本作朗読公演となっております!!
脚本……これね、本当の本当にお勧めです。
最近書く機会のなかった○○○○○○○の要素が盛り込まれた一作(というか連作の3作)となっております!!

是非とも劇場にて耳と体で存分にご堪能下さい!!


チケットのご希望などございましたらお気兼ねなく岩本までご連絡下さい。






gumba1227 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2013年01月03日

【2013年おしらせ】あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は多くの方に様々にお世話になりました。
本年も何卒よろしくお願いいたします!!

……というわけで、お正月三が日は脚本にもノータッチでひたすらに世界を救うことに必死になっておりました。
今、風と水のクリスタルを解放したところです(笑)

しかしこの3DSのすれ違い通信ってんですか、凄いですな。
何が凄いって中央線の底力。
新宿まで行って帰ってくるだけで10人近くとすれ違ってる。
正月でこれだから、休み明けはさらにすれ違いまくるんだろうな。結構皆さん持ってらっしゃるのね。

で。前述の通り脚本に関しては今年に入ってノータッチ。
確か『ライオントリック』の時に年内締切だったにも関わらず、年末に体調崩して締切に間に合わず。
正月三が日にひぃひぃ言いながら書いたっていう苦しい記憶が今でも鮮明に残っているので、それ以来正月には絶対締切を入れないと決めております。

……というか、『ライオントリック』以来一度も締切を破ったことがない。
当然といやぁ当然なのですが、これ、数少ないあたしのセールスポイントだと思うてます。
脚本の良し悪しってのはなかなか数値で表すことが出来ないですが、締切を順守するしないってのはきちんと数字として自分にくっついてくる。実績になる。
だからこそ、とてもとても大切にしております。


という姿勢が評価された……のだとしたらとても嬉しいのですが、本年も様々な方にお声かけ頂き、ご縁を繋いで頂いて脚本を書き続けることが出来ております。
少し先の話も多々あるのですが、もう年も開けたので鬼も笑うまいということで、幾つかご報告を致したいと思います。


<1月>
健介さんの新作オーディオドラマ『ライトハンド』本格始動!……はい、昨年ご縁を頂くことが出来て、脚本として携わらせて頂いております作品がいよいよ本格始動です。
物凄く気合いを入れて執筆致しました本作!是非是非多くのかたに聴いて頂きたいです。
カッチョイイ公式サイトはこちら!!
【ライトハンド公式:http://www.lighthand.org/


<2月>
まだ情報解禁になってなさそうなので詳しくはお話出来ないのですが、脚本を書き下ろしました連作短編の上演がございます!!
一時期は毎年のように書いていたアノの要素を縦軸に、3つの時代を描いております。
3つの時代だけど、物語としては繋がっている。
まぁつまりアレです。
ジョジョみたいなものです……ん、いや、ちょっと違う(笑)
情報解禁になり次第こちらやTwitterでご報告致します!!


<4月>
ふじみ児童ミュージカル『キヅナノート〜忘れられない大切な仲間〜』が控えております!!
4月21日!東村山中央公民館にて!!
……はい、本作はメイドイン東村山に拘った作品となっております。
脚本のあたしは東村山在住。
主催の方ももちろん東村山市民。
作曲の方だって他のスタッフの方だって!
そしてストーリーも東村山のエッセンスをあちらこちらに盛り込みました。
……と、ここまで書くと東村山市民じゃないと楽しめないのかとお思いかもしれませんが、そんなことはない!
何度か稽古場にお伺いしたのですが、子供たちの演技が本当に上手い!ううん巧い!!
彼女たちの迫真の演技で涙腺が決壊することは必至です。


<8月>
劇団ゴールデンタイム!さん向け新作時代劇!!
……はい、つい最近情報解禁になりました。
昨年末に拙作『Sunnyday』を素晴らしいクオリティで上演いただいた、今あたしが一番注目してる若手劇団ゴールデンタイムさん!
なんとそちらに新作を書き下ろさせて頂くことになりました!!
しかも新作は時代劇!!
実は本作、色々とですね……喋りたいけれどまだ喋れないことが多数。
とりあえず、これだけは言えます『さくら』『MESSAGE』がお好きな方は必見です!!
【劇団ゴールデンタイム公式:http://goldentime.6.ql.bz/pc/top.html


<11月>
演劇ユニット一笑ドミノさん向け新作時代劇『風の響(ひびき)』!!
はい、またも時代劇です。
公演はゴールデンタイムさんより後なのですが、こちらは既に初稿が上がっております。
だからどんな話なのか話そうと思えばいくらでも……なのですが、まだ秘密ということで。
幕末モノです!二人の男を主軸に描かれる幕末群像劇……ってな感じでしょうか。
以前に描いた時代劇作品に出てきたとあるキャラクターが再登場します。
一体だれか……それもまた後日ということで。
こちら、静岡での公演となります。
お近くの方は是非……いや、必ず!!
【演劇ユニット 一笑ドミノ公式:http://ichishodomino.web.fc2.com/


……と、新作はこんな感じです。
あとはあたしが直接関わるであろう再演モノが二本。
暑い時期と寒くなり始めた頃に。
そしてこの二本も時代劇(笑)


……どれだけ時代劇尽くしの一年なんだ(笑)


といった感じなのですが、実は上記の作品、まだ全然書いてないのはゴールデンタイムさん向けの新作だけで。
というわけなので、今比較的ヒマです。

脚本執筆のご依頼などございましたら是非お気軽にお声かけ下さいませ!!
締切に追われるのが大好きなマゾ気質なので、締切を渇望しております(笑)

はい。そんなわけで、本年も何卒宜しくお願い致します!!



gumba1227 at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2012年12月31日

2012年、皆様本当に有難うございました!

2012年最後のブログ更新です。
というか、ここのところは良くて月一更新だったのでアレですが。

ブログはたまにですがTwitter(http://twitter.com/gumbavision)ではピーチクパーチク呟いております。
よろしければこちらも宜しくお願い致します。



さて、2012年も今日でおしまいなのでちょっとばかり回顧を。
まぁ、なんというか、ボジョレーの煽り文句の近年で最高の出来とかドラフトの10年に一人の逸材と同じ感じで毎年毎年“激動の一年”と言っている気がするのですが、
でも今年ばっかりは本当の本当に超激動でした。

公私ともに。


私の方はアレですわ。
お勤め先が大激動にみまわれたり。
その影響で新橋勤務になったり。
あとは、それ以上の大事件もあるのですが、それは皆様と飲む機会があった時にでも個別にご報告します。


公の方はコレですわ。
まず、なんやかんやと脚本執筆で忙しくさせて頂きました。
これまでず〜っと脚本・制作の二足の草鞋で歩んできたお芝居関係に関しては正式に制作を引退して脚本としてのみ関わることにしたり。
そしてお芝居以外のジャンルでも脚本として携わらせて頂くことが出来たり。
お芝居脚本に関してもこれまでとは違うフィールドでの執筆のチャンスを頂きまして。
あとあれか。拙作の公演DVDも二本ほど発売されたり。
発売といえば『さくら』『Garden』が掲載された本が出版されたり。その繋がりでニコ生の番組に出演させて頂いたり。


はい、色々ございました。



折角なのでもう少し細かく回顧。
お芝居に関しては今年は自身が直接的に関わったのは。
<新作>
『CROSS BRAVE』『GAEDEN』
『Chirstmas In the Dynamic』

<再演>
『ひまわり』
『Sunnyday』
辺りなのかしら。
あ、あとC2さんの『さんさんロード』も制作として入ってはいるのか。
まぁ、脚本として関わってたのは上記作ってな感じで。

どれも非常に思い出深い作品です。
『CROSS BRAVE』は小劇場のくくりとしては最大規模の大きな劇場で、多くの方の尽力の元に生まれた非常にド派手はエンターテイメント活劇。
これは本当に本当に大好きな作品。脚本としての愛着もさることながら、舞台で完成した作品に対する愛着が半端ないです。
本当に良い出演陣とスタッフに恵まれて生まれることが出来た大傑作だと思っています。
何十年か後で人生を回顧して、自作の舞台作品の中で好きなもの3本挙げろと言われたら絶対に挙げると思います。
今作に関わって下さった全ての方に本当に感謝です。

『GARDEN』は10年前の作品のリクリエイト。
10年前は丁度大学4年。卒業前に最後に携わる作品……というか、これでお芝居とは離れるものだと思った中で執筆した脚本でして。
そういった意味で今年置かれた状況と似通った中でのリクリエイトってことなんとも因果を感じずにはいられない作品でした。
本作はC2さんの看板役者である西川さんの初演出作品。
記念すべき初演出が拙作で恐縮です……。
そして非常に素晴らしい作品に仕上げて下さったことに恐縮の上塗り。
とても初演出とは思えないほどに丁寧で観客を魅了するような巧い創り。
大好きな作品のリクリエイトが彼の演出で本当に良かったと感謝しています。

『Chirstmas In the Dynamic』はつい先日終えたばかりの公演。
こちらのブログでも宣伝しておりましたが、本作は明かりの一切ない真っ暗な中での公演という非常に面白いコンセプトでした。
もともと本作の執筆のお話を頂いたのが昨年末。で、参考にということで、同コンセプトのイベントであるダイアログインザダークを体験しにいったのが
昨年のクリスマス近く。はじめは億劫だったのですが、体験して本当に良かった。視覚の封じられた中でその他の感覚をフルに活用することがこんなにも
刺激的だったなんて。
もちろんその感動は脚本執筆においても非常に参考になりました。
通常の演劇公演とは違う魅せ方、ギミックの配置、色々と考慮しての脚本執筆。脚本家としてとても重要なことを多く学ばせてもらった作品。
もちろん、公演は脚本の上で想定していたよりもずっとずっと刺激的な作品でした。
ご来場頂いたお客様にはきっと忘れられない経験になる、そんな他では得られない唯一無二の公演。
脚本執筆のお声かけ頂いたC.I.Dさんには本当に本当に感謝です。

『ひまわり』は初めてご一緒させて頂いた劇団望創族さんの公演。
なんと旗揚げ公演!!旗揚げ公演が拙作でいいのでしょうか……本当に恐縮。
そしてこちらも恐縮の上塗り。
出演陣の何と豪華なこと!!豪華なだけじゃないの、本当に皆さん巧い!!
そしてお声かけ頂いた清原さんの演出も本当に素晴らしい!!
『ひまわり』の持つ魅力というのを最大限に引き出すような、主人公である野島ちなみの心の機微や葛藤が観てる側に苦しくなるほどに伝わるような、それ
でいて優しさに溢れる演出。最後の最後で用意して頂いたあのギミックには……もうただただ感動。
こんなにも素敵な方々に拙作を選んで頂けたことに感謝感激です。

『Sunnyday』もつい最近終えたばかりの公演。
こちらも『GARDEN』同様初演の思い入れの強い作品です。
なんせあたしが最後に役者と演出をした作品ですので(笑)
今回は2012年Verということで、出演陣の男女比やストーリーの細かな所をあたしの手でリファインしての再演。
初演の持っていた良い部分を活かしつつ、きちんと新しい作品、今の時代に生きるお客様の心に鳴り響くような公演として非常に高いクオリティの作品を届けて
下さいました。
本作を上演いただいた劇団ゴールデンタイムさん。Twitterでは何度かつぶやいているのですが、まだ出来たばかりの劇団さんなのですが、若さと勢いを持ちな
がら細やかな部分まで行き届いた素晴らしい劇団さん。それは舞台の上でもそうだし、制作面でも言えること。
今一番注目している劇団さんです!!
そんな劇団さんに思い入れの強い『Sunnyday』を上演頂いたことに心の底から感謝です。



と、ここまでお芝居の話。
今年が自身にとって特別だったと思えるのは、これ以外にも脚本執筆の機会をいただけたことが非常に大きいと思っています。
そう、いよいよ来年より本格始動予定の健介さんの新作オーディオドラマ『ライトハンド』です!!

非常に有難いご縁を頂いて、携わらせて頂くことになった本作。
オーディオドラマ自体、何年か前に数分のものを書かせて頂く機会を頂いたのと、かつて舞台用に執筆した作品が四国のFMでラジオドラマ化されたことを除いて
は全くの未知の世界。
しかも本作は連続10話の長編。
舞台とオーディオドラマの脚本執筆にあたってのアプローチの違い。
2時間モノの作品と連続10話の長編での執筆の違い。
様々な違いを学ぶことになりました。これは脚本執筆にあたってこれ以上ないほどの最高の財産です。
そして、そんな苦労の中でも、健介さんの魅力溢れる原案や、健介さんをはじめとする様々な方の助言によって常に非常に楽しい気持ちで執筆を続けることが出来ました。
新しい環境での執筆とはこんなにも刺激的で楽しいものとは。
ご縁下さった健介さんと、お力添え頂いた多くの皆様には本当に感謝の極みです。
主演声優も決定し、いよいよ来年より本格始動となります。
気合、めちゃめちゃ入っております。
本当に本当に多くの方に聴いて頂きたい作品。
是非ともご期待下さい!!
【ライトハンド公式:http://www.lighthand.org/



……と、来年の話を少ししたところで、来年のおしらせを……と思ったのですが、随分と長文になってしまったのでそれはまた年が開けてから。




本年も本当に多くの肩のお力添えにより様々な作品を生み出すことが出来ました。
心より御礼申し上げます。

ありがとうございましたっっっっっ!!!!!!!

来年も多くの作品を生み出せるように、また、皆様にご恩返し出来るよう頑張って参りたいと思います。
今後とも何卒よろしくお願いいたします!!



gumba1227 at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2012年12月27日

結婚式2次会ご招待状

【日時】
平成25年8月31日(土)
受付17:00〜 開演17:30〜
※17時からウエルカムドリンクをご用意しております。

【場所】
French&DiningSKYGUILD
東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル49F 
HP:http://r.gnavi.co.jp/g098400/map/

【詳細画像】
nijikai



◆尚、お手数ですが8月11日迄にご返事をメール・お電話・SNSなどにて頂けますようお願い申し上げます。


gumba1227 at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月12日

オーディオドラマ『ライトハンド』情報解禁!!そして……

お待たせ致しましたっ!!

以前より告知して参りました、私が脚本として携わらせて頂いております健介さんの新作長編オーディオドラマの件!
いよいよ公式サイトが公開となりました!!

こちら!!



『ライトハンド』公式サイト
http://www.lighthand.org/



タイトルはライトハンド!
右腕に突如現れた文様。それをきっかけに強大な力を手にしてしまった一人の女性……という話ではありません(笑)
それはむしろこちら。
http://www.haritora.net/look.cgi?script=8393&full=no
http://www.youtube.com/watch?v=sWwA6E7lvgk


内容に関しても公式サイトにあらすじ的なもの記載されております。
きっとワクワクしていただけるようなそんなのが。
ですので是非一度サイトに遊びにいらして下さい。
物凄く格好いいトップ絵がお待ちしております。

【ライトハンド公式】http://www.lighthand.org/




そして!!


サイトオープンに併せて出演声優さんの募集も開始致しました。

『ライトハンド』出演声優募集
PDF:http://www.lighthand.org/recruit.pdf
WEB:http://ameblo.jp/kensuke-me/entry-11402410933.html


出演声優募集……と銘打っておりますが、これは是非とも演技を志す全ての方にご注目頂きたい一件です。
声優を目指している方はもちろんのこと、舞台を主な活動の場にしてこられた役者さんにも、もし興味頂けるようであれば是非とも挑戦頂きたいのです。

私自身、今作で初めて本格的なオーディオドラマ脚本の執筆というのを体験致しました。
大まかには“脚本”というカテゴリであっても、舞台とオーディオドラマという細かなジャンルの違いは表現方法において実に様々な差異があり、それを身をもって実感することで実に多くのことを学ぶことが出来ました。

それはまた、役者さんも然りだと思います。
舞台とはまた違った表現の中で得られるもの、それは例を挙げればきりがないほど無数にあると思います。
だからこそ、もし“舞台”というものに拘っているのではなく、自身の“演技”の技術向上を願っているのであれば、今回のこの募集はまたとないチャンスなのではないかなと思います。

しかも、数々の人気作を生み出して来た、実績溢れる健介さんプロデュースの新作だったりするのですから、これはさらに輪をかけて最上の好機!


というわけで、募集締め切りは12月1日です。あと約半月!!
皆様のご応募お待ちしております!!






とっ!!

こちらも是非是非宜しくお願いいたします。
どちらも公演まで一ヶ月程と迫って参りました!!




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

明かりの一切ない真っ暗な中での公演!!
C.I.D公演
『Conte In The Dark(コント・イン・ザ・ダーク)』

脚本:岩本憲嗣 演出:鄭光誠
脚本・演出:米山明男

【日程】2012/12/14(金) 〜 2012/12/16(日)
【劇場】APOCシアター(小田急線千歳船橋駅徒歩2分 )
【料金】前売り2800円/当日3000円
【チケット】https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_main_id=31986
【出演】荒谷弥生、新井南都、大崎晋司、櫻庭彩華、鈴木俊哉、鶴丸忍、波咲まこ、平岡由香、正木菜穂子、山本実奈
【HP】http://ameblo.jp/conteinthedark/ (左記サイトで公演情報の詳細を公開中)
【Corich】http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=31986
※受付開始は上記時間の30分前です。
※開場と同時の開演となります。
※演出の都合上途中入場いただけません。必ず開演時間迄にお越し下さい。
※本公演は全編暗い中での上演となります。暗所恐怖症の方、心臓の弱い方、小学生以下のお子様はご遠慮下さい。
※安全の為、開場時にライトをお渡し致します。上演中何かありましたらライトをつけてお知らせ下さい。近くに配置したスタッフがすぐに伺います。
※すべての回に女性専用席をご用意しております。ご希望の場合はご予約時にお知らせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2006年初演の人気作が今一番の注目劇団の手で大復活!!
劇団ゴールデンタイム!3rd channel
『Sunnyday』

脚本:岩本憲嗣
演出:佐東丞

おぼえていますか?
あなたと初めてあった日のことを。
あなたが初めて描いた物語のことを。
あなたがついた悲しい嘘のことを。
あの日あなたが見上げた空の色を。
僕は覚えてます。その日は珍しく……晴れていました。
想いを言えない男と想いの消えない女。
二人の間に訪れた優しい奇跡の物語。

【日程】2012/12/20(木)〜2012/12/23(日)
【劇場】てあとるらぽう(西武池袋線 東長崎駅より徒歩1分)
【料金】2,500円(前売/当日共)
【チケット】http://goldentime.6.ql.bz/pc/ticket.html
      ※上記URLよりご予約頂けます。
※未就学児童入場不可
※劇団特製、前回公演『ホタル』の缶バッヂをご持参のお客様は500円割引致します。

【出演】
長澤嶺、青柳みさと、村木華子☆★、midori☆、舞香★、秋山ひらめ(劇団半開き)☆、手塚優希、山由布子★、安澤直人、小川亮、岩上弥生☆、高橋茉里★、佐東丞
※本公演は、Merryチーム(☆)とHurryチーム(★)による一部ダブルキャストです
【HP】http://goldentime.6.ql.bz/
【Corich】http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=40140


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇









gumba1227 at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 脚本。 | 芝居。

2012年11月03日

【注目】皆様!おしらせ沢山です!!

9月10月と更新一度もしませんでした。。。
別に何も活動をしていなかったワケではなく、むしろ日々何かしらの脚本作業をしておりました。
そうなんです。それ故にいろんなお話が進んでおるのです!!
というわけで、そのあたりを是非お伝えしたく久々にブログ更新なのです。

あ、ちなみにブログはさっぱりですがTwitterは煩いくらいに囀っております。
宜しければフォローなんぞお願い致します。
【Twitter】http://twitter.com/gumbavision



さて。今年も残すところ二ヶ月を切りました!!
年の瀬です!間もなく師走です!!
お師匠さんでさえ走り回るくらいですから、あたしくらいの小物はそりゃもうてんてこ舞いです。
はい!!そうなんです!!この年末は幾つも拙作に関する上演などがございます!!


まずはこちら!!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

劇団ゴールデンタイム!3rd channel
『Sunnyday』

脚本:岩本憲嗣
演出:佐東丞

おぼえていますか?
あなたと初めてあった日のことを。
あなたが初めて描いた物語のことを。
あなたがついた悲しい嘘のことを。
あの日あなたが見上げた空の色を。
僕は覚えてます。その日は珍しく……晴れていました。
想いを言えない男と想いの消えない女。
二人の間に訪れた優しい奇跡の物語。

【日程】2012/12/20(木)〜2012/12/23(日)
【劇場】てあとるらぽう(西武池袋線 東長崎駅より徒歩1分)
【料金】2,500円(前売/当日共)
【チケット】http://goldentime.6.ql.bz/pc/ticket.html
      ※上記URLよりご予約頂けます。
※未就学児童入場不可
※劇団特製、前回公演『ホタル』の缶バッヂをご持参のお客様は500円割引致します。

【出演】
長澤嶺、青柳みさと、村木華子☆★、midori☆、舞香★、秋山ひらめ(劇団半開き)☆、手塚優希、山由布子★、安澤直人、小川亮、岩上弥生☆、高橋茉里★、佐東丞
※本公演は、Merryチーム(☆)とHurryチーム(★)による一部ダブルキャストです
【HP】http://goldentime.6.ql.bz/
【Corich】http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=40140


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

はい。6年前に初演を上演した拙作『Sunnyday』が劇団ゴールデンタイム!さんの手で今冬大復活です!!
今作は再演にあたり、あたし自身が2012年Verとして大改訂!!
初演の雰囲気はそのままに、様々な部分がリファインされた新しい『Sunnyday』となっております。
クリスマス間近の公演。
クリスマスにぴったりの切なくも心温まる一作です。
皆様、是非とも劇場でお楽しみ下さい!!





そして!!
そんなゴールデンタイム!さんの一週前に……なななんと!こんなに面白そうな企画が控えていたりします!!





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

C.I.D公演
『Conte In The Dark(コント・イン・ザ・ダーク)』

脚本:岩本憲嗣 演出:鄭光誠
脚本・演出:米山明男

【日程】2012/12/14(金) 〜 2012/12/16(日)
【劇場】APOCシアター(小田急線千歳船橋駅徒歩2分 )
【料金】前売り2800円/当日3000円
【チケット】11/04より発売予定。
【出演】荒谷弥生、新井南都、大崎晋司、櫻庭彩華、鈴木俊哉、鶴丸忍、波咲まこ、平岡由香、正木菜穂子、山本実奈
【HP】http://ameblo.jp/conteinthedark/ (左記サイトで公演情報の詳細を公開中)
【Corich】http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=31986
※受付開始は上記時間の30分前です。
※開場と同時の開演となります。
※演出の都合上途中入場いただけません。必ず開演時間迄にお越し下さい。
※本公演は全編暗い中での上演となります。暗所恐怖症の方、心臓の弱い方、小学生以下のお子様はご遠慮下さい。
※安全の為、開場時にライトをお渡し致します。上演中何かありましたらライトをつけてお知らせ下さい。近くに配置したスタッフがすぐに伺います。
※すべての回に女性専用席をご用意しております。ご希望の場合はご予約時にお知らせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

はい!!こちらの公演に短編の新作を1本書き下ろしました!!
そう、Conteと銘打っているからには……コメディでございます!!

そしてですね、何より注目頂きたいのがこちら……。

>※本公演は全編暗い中での上演となります。

そうなんです!!こちらただの演劇公演ではない!!
なんと一切の明かりのない、真っ暗な空間での公演という非常に刺激的な試みなんです!!

視界の閉ざされた、しかしそれ以外の感覚の研ぎ澄まされた空間での公演!!
果たしてどのようなものになるのか……気になられた方は是非劇場でご体感下さい!!

あたしも今から楽しみです。




からの……しんがりを務めるのはこちらの情報!!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

健介の新作オーディオドラマ
「タイトル未定」
長編三部作の最後を飾る最新作!

シリーズ構成・脚本:岩本憲嗣 
音楽:Civa 
キャラクターデザイン:akamori 
企画・脚本・音響効果・演出:健介

公開は2012年12月予定(全10話)

健介のオーディオドラマ:http://profile.ameba.jp/kensuke-me/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


かねてよりお伝えしておりましたオーディオドラマ脚本。
おかげ様で順調に進んでおります!!
そして初回配信予定も12月と近づいて参りました!!

これは本当に是非とも多くの方に聴いていただきたい一作!!
岩本自身が本格的なオーディオドラマ脚本に初挑戦というのもあるのですが、物凄く長い時間をかけて推敲と改稿を重ねて生まれた、自分にとっては新しいステージの第一歩となるとても思い入れの強い脚本。
それとともに、オーディオドラマ作家の健介さんの仕掛けた様々なアイディアやメッセージが時に刺激的に、時にズシリと重たく胸に響くようなそんな一作です。

断言します!必聴です!!


そうそう、それから本作。
演技に携わっている方には是非とも注目を頂きたい一作でもあります。

出演者の公募も今月内には開始予定とのこと。
声優を志す方はもちろん、舞台で活躍する役者さんにとっても、必ず自身にとっての財産となる経験が積めるであろう機会です。
公募開始に際してはこちらのブログやTwitterなどでもお伝えして参りたいと思います。

是非是非ご注目下さい!!



gumba1227 at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。

2012年08月27日

なつのおもいで。

まだギリギリ8月です。
どうにか月イチブログとなってしまうことは回避出来ました(笑)


さて……夏です。
夏なんです。
圧倒的に逃れようのない程に夏なのです。


“ひと夏のものがたり”という表現はあっても

“ひと春のものがたり”“ひと秋のものがたり”“ひと冬のものがたり”ってのはあまり聞かないことからも推測出来るように、夏はイベント盛りだくさん。
あちらこちらで、ものがたりの生まれる条件が整いまくってるドラマティック飽和状態!!


だというのにも関わらず。
まとまったお休みがとれずになかなか夏らしいことが出来ておりません。
こりゃ、ものがたりを創る側としてはイカンなぁ等と真面目っぽく遊びの口実を探しているわけですが。


それでも幾つか面白いこと、素敵な出会いなどがあったのでご報告を。




まずこちら。
つい先日、オフ会というものに生まれて初めて参加して参りました!!

あたしがオ、オ、オフ会……などと言うと、何か小賢しい手を使って犯罪一歩手前にことでもしているのではないかと疑われそうで実にアレなのですが。
そういった類のものではなく。


現在脚本として携わらせて頂いている<健介さんのオーディオドラマ>のオフ会です。

あたしも携わらせて頂いている次回作のスタッフさん(非常にお世話になっております!!)をはじめ、既に公開済みの作品の脚本家さん(本業は小説家さん)やオーディオドラマを作成していらっしゃる方、声優さんや舞台役者さん、それにリスナーの方々や出版社の方まで!!
実に多様な面々が一同に介してのオフ会!!

色々な方から実に有益なお話を伺えたり!
驚いたことにあたしのことをご存知で下さった方々がいらっしゃったり!(本当に感謝感激です)
そこから派生して思わぬ人の繋がりが確認出来たり!!

人生初オフ会がこんなに素敵なもので本当に良かったと思います。


実は健介さんともお会いするのはこの場が初めてでございました。
物腰の柔らかい非常にお話のしやすい方で、その場で色々と写真などを見せていただきながら面白いお話を沢山聞かせていただきました。
あたしとしては、是非この方と一緒に良い番組を創ってみたいと実感することが出来ました。これが何よりの収穫です。
ただ……だってねぇ、目の前にビールのピッチャーがあるものですから、ついつい飲み進めてしまいまして……はい、いつものように最終的にはほろ酔いになっておりまして。
そんな状態で何か粗相でもしてなかろうかと……ビクビクしております(笑)


というわけですので、こちらの最新情報も、もう少ししたら少しづつ解禁していけるのではないかなと推測しております。
健介さんはじめ非常に素晴らしいスタッフさんに囲まれております!!
あたしも全力にて頑張って、必ずや素晴らしいクオリティのものをお届け致したいと思います。
ご期待下さい!!


ちなみに、けんすけさんのおーでぃおどらま??という方は是非こちらから!!




からの。
そんなオーディオドラマの脚本にも少しばかり関係するのですが、夏らしい場所に行ってきました。
江ノ島!!

いやぁ……やっと夏っぽいこと出来ました(笑)

とはいっても別に泳いだりするワケではなくて。
水族館を楽しんでからの江ノ島本島(というのか?)をぐるりと一周。

しかしアレです。
最近は江ノ島を舞台をしたアニメが立て続いておりますので。現在はTARITARIとつり球のスタンプラリー実施中。
お土産屋さんなんかにもあちこちにポップやら幟やらが目立ちます。

どちらの作品も知っておりますが、確かにね、天地人の地が上手く描かれてる作品ってのは聖地巡礼的なことをしたくなるものね。
あたしは面倒だからしないけど、みんな楽しくスタンプ押して回ればいいと思う!!

という考えは浅はかです。


江ノ島ハード!!超ハード!!
ロックマンのボスラッシュ並にしんどい急勾配石段ラッシュ!!
有料のエスカレーターなんぞがあるので、金にもの言わせて悠々と上まで……と思いきや、本当に恐ろしいのはそれからだった(笑)
その後も急勾配の上り下りの連続。
暑さにやられて自動販売機に泣き付くこと数回。

こんなにアップダウンを歩いたのは小学校の山登り以来じゃなかろうか……。

疲れた。

しかし、ロケーションとしては素晴らしい場所ばかりでした。
確かにこういう場所を舞台にしたら物語に魅力が増すよなぁとかみ締めながら、ひとくくりに江ノ島と言われているけれど弁天橋のこっちと向こうで全然雰囲気が違ったり、海岸ごとに海にいる人の層も全然違ったり。
こういうのは是非とも物語を紡ぐ上で活かしていきたいなと勉強になりました。



やっぱり、物語の舞台を知るってのは百利あって一害なし。
こういう要素は今後も是非とも大切にしていきたいなと思います。



そんなワケで。夏が終わる前にもう一箇所出かけます。
今度はこれから改稿する『Sunnyday』の舞台となるあそこです!!



そう、その『Sunnyday』でございますが、12月に上演いただく劇団ゴールデンタイム!さんで出演者の募集を現在行っているとのことです!!
保守的な小劇場の世界において、様々なアプローチをアグレッシブに行い続けている印象のある劇団さん。
それでいて、作品の質は非常に高い!!
今一番期待している劇団さんです。

少しでもご興味ございましたら是非ご応募下さい!!
あたしも劇場にいると思います。


劇団ゴールデンタイム!
『Sunnyday』出演者募集
<詳細>http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=7891&sv=&category_id=3





【おしらせ】
拙作の脚本リンクをmixiページに纏めてみました。
mixiアカウントなしでも閲覧可能です。
これまで未公開だった作品や声劇などでもご利用いただける作品を含めすべての作品を無料にてご覧頂けます。
宜しければご覧下さい。
http://page.mixi.jp/view_page_information.pl?page_id=121020&module_id=657454





gumba1227 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 脚本。 | いろいろいろ。

2012年08月13日

ホームページに関するお知らせ、などなど。

とうとう一ケ月以上放置してしまいました。
本当にお久しぶりの更新でございます。



こちらは滞りがちですが、Twitterではあれやこれやと囀っております。
宜しければフォロー下さい。
【Twitter】http://twitter.com/gumbavision




さてさて。前回もご報告申し上げたのですが、7月いっぱいをもって舞台の制作を引退致しました。
というわけで、今月からはこれまでよりもずっと脚本に没頭出来る条件が整ったわけでして。

現状数本の執筆依頼を頂いているということもあり、ほぼ毎日どこかしらの喫茶店・ファミレスに篭って作業に勤しむという有り難い環境に居たりします。
尤も、同じ店には少なくとも中二日開けて行こうというマイルールにより、ローテーションを編成するのが大変だという悩みは抱えておりますが(笑)

そんな中、今月は締め切りが立て続けにやってくるので、気合いを入れて乗り越えて行きたいなと思っております。




で。
そんな最中ではありますが幾つかお知らせを。


まずはホームページのお話。
私の運営しております『脚本作成支援サイトGumbaVision!!』なのですが、ここ数年更新をしておりません。
もう飽きたから更新しないんだい!!……というわけではなく、一応事情がございまして。

HPデータの入っているPCが不調……というか逝ってしまわれておりまして、データをサルベージしないことには更新もなにもままならない状態なのです。
だったらさっさとサルベージしちまえよって話でもあるのですが、はい、いかんせん高額でして。
なので二の足を踏んだままあれよあれよと数年の月日が経過してしまったという次第なのです。

ただ、この数年の間にも新作の脚本というのは何本も書下ろしておりまして。
これらの脚本を一つのページで纏めて閲覧出来るようにしたいなという思いは常々ございました。


んでんで。話は少し脱線して昨年のこと。
もはや斜陽の色を隠しようのないmixiさんが、右肩上がり……とも一概には言えそうにないFacebookに対抗心剥き出しで作ったmixiページというのがございまして。
言わば、Facebookページの朴さん李さんなワケなのですが。
ミーさんハーさんなあたしは、リリース直後にとりあえず作ってみるかと自分のmixiページを開設しておりまして。
しかしこれもそのまま放置状態……いや、だってあまりにmixiページというものに世間のリアクションがないものだから、特にあれやこれや装飾する必要もなかろうかなと見限ってしまっていたワケです。

だがしかし。このmixiページ。2つ大きな利点がございまして。
(1)mixiアカウントなしでも閲覧可能!
(2)編集が頗る簡単!


はい。
ここでこの二つがガチャリンコします。

『だったら当面はmixiページに新作脚本のリンクを纏めてしまえばいいじゃないか!!』


というわけで、先週末にmixiページを整理・再編集致しました。
こちら!!


脚本作成支援サイトGumbaVision!!mixi版 岩本憲嗣脚本集
 http://page.mixi.jp/view_page_information.pl?page_id=121020&module_id=657454

そして……
【ここ重要】再編集に伴って、これまで公表せずに眠らせていた過去のオーディオドラマ脚本・映像脚本なども掲載をしております!!

とは言っても、賞を受賞した作品やコラボの作品は独断では掲載出来ないので、自分の裁量で掲載出来る作品に留まっております。
それと、整形作業に少し時間がかかるので、一気に全部というわkでなく、少しづつ時間のあるときに過去作を公開していければなと思ってます。


というわけですので、宜しければ是非ともご覧下さい!!
※mixiアカウントお持ちの方はフォローも頂けると嬉しいです。






からのもう一つ告知。
現在鋭意改稿中の劇団C2さん向けのリクリエイト作品『さくら』

今秋上演予定の今作の出演者を現在募集中とのことです!!

『さくら』は拙作の中でも一番の人気作です。
過去50以上の劇団さんで上演され、なんと海外でも上演されたことのある作品。
その作品を今回、10年ぶりに岩本が自らの手で大幅改訂したのが今回のC2さんの『さくら』なのです。

そんな新しい『さくら』の“初演キャスト”になる絶好のチャンスです。
ご興味、ご関心おありの方は是非是非下記より詳細をご覧の上ご応募下さい。

あたしも土日は劇場に居合わせると思います。
稽古場にもひょっとしたら顔だすかも。

皆様のご応募お待ちしております。

C2-Project vol.11 『さくら』出演者募集のおしらせ
  http://www.c2-project.com/c2p_audition.html








それからそれから。
【健介さんのオーディオドラマ】の件ですが、こちらも着実に前進をしております。
脚本関係でも大きな進展があり、今後に向けてさらにモチベーションもアップしております。
個人的にこの夏はロケハンを兼ねてお出かけしてみようかと計画していたり。

新しい情報あり次第Twiterなどでご報告して参ります!
ご期待下さい!!




gumba1227 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 脚本。 | 芝居。

2012年07月12日

いんたい。

また随分とご無沙汰なブログ更新です。
はい。色々と激動ございまして、幾つかご報告と告知なんぞをしたいなと。


まずご報告から。
お芝居に関することです。


私、今月いっぱいで制作業務から引退を致します。


理由としては。
外的要因から制作を続けていくような体制が維持出来なくなったというのが8割。
内的要因から色々思うところがありというのが2割。
と、そんな感じです。


とはいっても、いきなり全てにノータッチだと弊害も生じてしまうのと、折角培ってきたノウハウや買い揃えた道具なんかをそのまま眠らせてしまうのも勿体無いかなと思うので、当面は在宅で出来る内容・性急性のない内容の一部に関しては、求められれば制作協力程度であれば力添え出来ればと考えています。

但しその際は個人名ではなくBesteffortの名義にしたいなとも思っています。

まぁつまりは、色々と無理のない範囲での補助は、要望があるようなら考えていますが、確実に言えるのは今後は『制作さん』ではなくなるということです。


正直、少し寂しい気持ちもありますが、そんなおセンチな感情は脚本にぶつけてしまえと思ってます。
はい、脚本に関しては当然筆を折るつもりはありません。

これまで同様……ではなく、これまで以上に頑張って参りたいと思っております。
そんなわけですので、執筆依頼などございましたらお気兼ねなくお声かけ下さい!!


というわけで、恐らく制作として名前がクレジットされるであろう最後の公演。
いよいよ再来週に迫っております。
皆様、ご都合宜しいようでしたら是非是非。

◆公演情報◆
C2-project vol.10『さんさんロード』
 ■公演日程
  2012年7月25日(水)〜29日(日)
   25(水)19:30〜
   26(木)19:30〜
   27(金)★14:00〜/19:30
   28(土)14:00〜/19:30
   29(日)15:00〜
  ※受付開始は開演の45分前。
  ※開場は開演の30分前。
  ※★の回は平日昼割が適用されます。


 ■会場
  萬劇場
  (〒170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目32-22)
 ■料金
  前売:¥3500 当日:¥3800 
  平日昼割¥3,000
 ■チケット
  下記URLよりお求めいただけます。
  http://ticket.corich.jp/apply/37120/







と。


続いて告知。
前述の通り、制作は引退しても脚本家はまだまだバリバリと続けて参ります。
というわけで新作のお話です!!

なんとっ!!
50以上の劇団で上演されつづけ、海外でも上演されたことのある人気作『さくら』を実に10年ぶりにリクリエイト致します!!

もうですね、ずっと言いたくて言いたくて仕方なかったのですが、情報解禁前だったのでグッとこらえていたワケです。
幕末と現代が交差しながら展開する大切な想いの物語!!
ご期待下さい!!


と!同時に!!

出演者募集のオーディションも開催するそうです!!
皆様是非是非!!この新しい『さくら』の初演キャストになってみませんか!!




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私どもC2では2012年9月20日(木)〜23日(日)に上野ストアハウスにて公演を行います。
つきましては下記要綱にて出演者を募集致します。

現代と幕末が交差しながら展開するドラマチックストーリー。
ご興味いただけるようでしたら、是非ともご応募下さい。

尚、下記リンクより、劇団HPや過去公演動画をご覧いただけます。 宜しければご応募の参考にご参照下さいませ。

■過去公演動画 【C2チャンネル:http://www.youtube.com/user/creativec2
■公式ホームページ 【http://www.c2-project.com


それでは、皆様のご応募心よりお待ちしております。

◆◆◆オーディション詳細◆◆◆

【募集内容】出演者(男優・女優とも)
【資格】都内・若しくは近圏にお住まいで稽古に参加出来る方。
    経験不問(但し経験者は優遇)
【日程】2012/8/4(土)、5(日) 各日14:00〜17:00予定
【会場】東京都 JR中央線沿線公共施設
【内容】簡単な脚本読み合わせ・エチュードなど
【持ち物】ジャージ・運動靴・筆記用具
【オーディション費用】無料
【締切り】2012/08/03(金)23:00

【ご応募の流れ】
詳細をご覧の上で、下記内容のメールをご送付下さい。

宛先 c2_info@c2-project.com
件名 「『さくら』出演者募集」
1) 氏名
2) 年齢
3) 性別
4) 身長
5) 住所(都道府県・区または市まで)
6) メールアドレス
7) 希望のオーディション日程
8)備考

応募いただいた方全員に担当者より折り返し応募受理の旨をメールにてご連絡させていただきます。
携帯電話のメールにてご応募の際は 【c2_info@c2-project.com】のメールを受信できるよう設定お願いします。
応募後1週間以上経過しても連絡がない場合はお手数ですがc2_info@c2-project.comまでお問い合わせください。
質問などございましたらお気軽にご連絡ください。

【公演概要】

演目:『さくら』
演出:やすを(改)
脚本:岩本憲嗣

◆ストーリー◆
明治2年5月11日――箱館。
その日、抱き続けたその願いは遂げられることなく散り去っていった。
最後まで信じ続けたその想い……。

そして遥かに年月は流れ……現代。

トラブル続きの雑誌記者、薗部郁夫の前に現れたのは雪ノ丞と名乗る男。
彼はかつての新撰組隊士であり、そして……幽霊でもあった。

伝えなかった気持ち。語らなかった願い。許せなかった感情。
後悔しない為に、させない為に。彼はただひたすらに走る。走り続ける。
その先に、願い続けたたった一つの答えがあると信じて。

現代と幕末が交差しながら進むドラマチックストーリー。
これは、大切な人への大切な言葉。強い想いの物語。

◆作品紹介◆
C2の演出家・やすを(改)の最新作の演劇公演。
物語はもちろん、役者の感情や会話、そしてその呼吸にいたるまで、「見せる」ということにこだわる独特の演出が定評のあるやすを(改)。まさに「体感する」という表現にふさわしいエンターテイメント作品を作り続けている彼は、扱うジャンルも幅広く、時代劇、コメディ、ファンタジーとこれまで数多くの脚本の演出を手掛けている。
脚本は、数多くの団体で上演されている、岩本憲嗣の代表作「さくら」。謎めくストーリーの先にある、切ない恋物語を描いている。
今回は現代劇をベースに、幕末の過去とリンクするファンタジー作品を創り上げる。舞台を盛り上げる殺陣アクションも見どころの一つ。

◆稽古に関して◆
【8月〜】週5日以上 予定
【9月〜】進捗により連日予定
[中野区・杉並区・世田谷区・武蔵野市周辺施設]
※開始日や時間・場所など詳細はオーディションの際に別途ご説明させていただきます。

◆チケットノルマ◆
チケットノルマ有り。
ノルマ達成後、売上実績に対しキックバックあり
※枚数・キックバック率など詳細は稽古にご参加頂いた際に別途ご説明致します。

◆お問い合わせ◆
ご質問などございましたらお気兼ねなくこちらまでご連絡下さい。
c2_info@c2-project.com


【ホームページ】http://c2-project.com/
【Youtube】http://www.youtube.com/user/creativec2?feature=watch
【Twitter】http://twitter.com/Creative_C2
【Facebook】http://www.facebook.com/CreativeConfiguration
【mixiコミュニティ】http://mixi.jp/view_community.pl?id=3583046
【CoRich】http://stage.corich.jp/stage_hope_detail.php?stage_main_id=25707

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




からの!!

最近人に会うたびに訊かれる“健介さんのオーディオドラマ”の件!!

日々着実に進行しております!!
こちらも、情報出せるようになりましたらいち早くお届けして参りたいと思います!!

是非是非是非!ご期待下さい!!


あ。『けんすけさんのおーでぃおどらま?』という方は是非こちらを!!
百聞は一聴にしかずです!



gumba1227 at 15:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 芝居。 | 脚本。