木質バイオマス発電

2013年12月12日

連絡会の「活動履歴・資料」が出来ました。


連絡会の活動記録を残すために、冊子を作りました。

構成は
1.はじめに
2.連絡会の運動の経過
3.町の資料
4.議会の資料
4.1 木質バイオマス発電事業調査報告書(調査特別委員会)表紙とまとめ 平成25年6月
(注)議会だより…調査結果まとまる(臨時号)平成25年7月5日 参照
他 議会だより 2013 No.123号…等 参照
5.県の資料
6.国の資料(環境省指定廃棄物対策チーム...等)
7.町、議会、県との文書(公開質問状、公文書公開請求、申し入れ文書…等)
8.新聞報道、テレビより
9.夕刊はなわ、塙タイムス、東白日報...等より
9.1 意見広告
9.2 記事
10.雑誌(政経東北、財界ふくしま)
11.連絡会ニュース Vol.1〜Vol.12、他
12.その他

全体が 約300頁です。(現在20部、50部作成予定)【※追記:120部作成しました。】
CD版も作成し、紙バージョンより多くの資料を入れました。
関係者に配布します。

↓クリック。拡大。
IMG_0237


gumbo2004 at 02:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月02日

那珂市議会の丁寧な対応

先月11月29日、那珂市議会議長より「陳情の審査結果について」との封書が届きました。
5月末に連絡会代表の吉田さん及び宮崎さんが塙町近隣、久慈川周辺の市町村を廻り”塙町木質バイオマス発電所の誘致撤回”運動の説明をしました。
その説明(陳情)に対しての対応でした。
突然の訪問にも関わらず丁寧な対応をしていただいたそうです。
ありがとうございます。

※各市町村を訪問した際はどの市町村でも丁寧な対応をしていただいたとのことです。私たちの塙町でも同様に出来ていればと思うのですが・・・どうなんでしょう。


↓クリック。拡大。
img464




gumbo2004 at 11:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年11月29日

朝日新聞 地域-福島版 の不可思議な記事

11月29日の、朝日新聞の福島地域の記事に「木質バイオマス発電 慎重? 推進?」が掲載された。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1311290700003.html

●塙町の計画中止に(原発事故影響「汚染広がる」)
●荒れる森に危機感(豊富な「燃料」、活用されず)
●「雇用創出の好機」(施設立地支援へ決議・要望)

(注)上記( )内の文字はネット版には無い。

近所の方が記事を読んで「何か変な記事が出ている」とコピーを届けてくれた。
記事を読もうとしていたら「朝日新聞の記事を読みましたか?」との電話があった。
さっそく記事を読んでみると・・・。突込みどころ満載で笑ってしまいました。

●塙町の計画中止に(原発事故影響「汚染広がる」)の部分では
◇菊池基文町長が「正しく町民に説明する時間がなかった。・・・」
◇木質バイオマス発電は、森林の間伐材などをチップにして燃やす火力発電の一種だ。
◇町は除染目的ではなく、汚染防止措置をとることなどを説明した・・・
とある。

(1)町は20数か所で5/14〜6/25まで地区説明会を開催し、町の広報誌でも4月〜6月まで特集もしたので時間が無いとの説明が意味不明。汚染灰の処理地や誘致企業名も公表せず。説明内容も二転三転。
(2)国の固定価格買い取り制度(FIT)で森林の未利用材に価値が付き、森林がきれいになる・・・との最初の説明だった。
ところが「森林の間伐材」は燃料の30%。他は製材工場から30%、廃材40%。これらの燃料が放射性物質が付着した震災由来の燃料であることが県資料(4月発表の個票)で判明。・・・等々。
(3)町は除染目的では無いと説明。しかし県や森林組合は除染目的の事業であることを隠していない。町では「国を信じ、環境省を信じ、県を信じ、町を信じてほしい」と声高に主張。原発事故以降、国や県の事を信じられるはずも無い。

●荒れる森に危機感(豊富な「燃料」、活用されず)の部分では
(4)豊富な「燃料」、活用されず・・・とあるが、原因は放射性物質に汚染されているから活用できないのが当然。計画に無理があることを直視していない。

●「雇用創出の好機」(施設立地支援へ決議・要望)
(5)木質バイオマス発電所での雇用創出とあるが具体的数字がありません。
グリーン発電会津や白河ウッドパワー等の数字が出せるはずです。(調べた範囲では直接雇用は非常に少ない事がわかっています)
明星大の東之弘教授(*)のいう「若い人が働く場所を生む」との指摘はどの職場か説明してほしいものです。

(*)東之弘教授は県の木質バイオマスエネルギー利用検討委員会・委員長であり県の安定供給指針作成の中心人物です。

いろいろ書いてきたのですが、最も変に思われるのが「何故、朝日新聞がこの記事を、今、掲載するのか?」ということです
この記事は、小坪遊、増田洋一記者の署名記事です。これまでも紙面で”環境”という囲み記事を書かれてきた人たちで木質バイオマス発電の問題点を熟知している方たちなのです。

どうしちゃったの”小坪”さん、”増田”さん。”朝日新聞”さん。
何かあったのかしら・・・。


↓クリック拡大
img461
img462


gumbo2004 at 21:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年10月30日

連絡会ニュース Vol.12 (最終号)

木質バイオマス発電の白紙撤回が決まり。連絡会も今月(10月)末で活動を終了することになりました。
これまでの応援ありがとうございました。


↓クリック。拡大。
img215

img216


gumbo2004 at 12:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月26日

昨日(9/25)の報道と発表

昨夜、鮫川村焼却炉問題連絡会の和田さんよりメールが届きました。
転載させていただきます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本日以下の報道、発表がありました。
(‥膰鮫川村での減容化実証事業における仮設焼却炉の主灰コンベア破損事故について(環境省の事故原因の報告と対策…等) 【重要】
http://shiteihaiki.env.go.jp/samegawa/

∋川村焼却施設爆発事故 地元住民、国に施設の撤去求める(福島13/09/25)
http://www.fnn-news.com/localtime/fukushima/detail.html?id=FNNL00005594
2013-09-25_101


H皇長、木質バイオマス発電施設の計画撤回を県に報告(福島13/09/25)
https://www.youtube.com/watch?v=Luqh7VDCvaU

2013-09-25_001

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※鮫川村に待望の地元組織「鮫川青生野を守る会」が結成されました、
共同代表=金沢助右門さん、堀川宗則さん、棚井幸一さん、保護者代表の藤田憲一さん、会員・地区民ら約50人とのことです。また鮫川村仮置き場設置同意書への文書偽造問題での棚倉署への刑事告訴も受理されたとのことです。(東白日報より要約)

※環境省の原因調査結果で”爆発”とは言ってません。(笑)
可燃性ガスが発生し、閉鎖空間で可燃限界濃度に達し、灰が火種となって着火し、一気に異常燃焼し、圧力上昇を招き、破損、変形に至った。(すごく遠回りして言ってますが、これって”爆発”ですよねぇ〜。)



gumbo2004 at 02:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年09月21日

塙町の木質バイオマス発電事業が中止(白紙撤回)

塙町の木質バイオマス発電事業が中止(白紙撤回)されました。
今日(9/21)の福島民報、福島民友の新聞記事として確認できました。
昨日の夕方、”中止の記者会見があった。情報源は信頼出来る。”との連絡が入っていたのですが内容の確認ができませんでした。
応援していただいた方々、本当にありがとうございました。
正直、ホッとしています。
後日、正式なコメントをお知らせします。

img206


gumbo2004 at 07:24|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2013年09月20日

選挙管理委員会を訪ねました。

今日(9/19)は、塙町の議会の一般質問を連絡会のメンバーで聞いてきました。
木質バイオマス発電事業に関しての質問では、県の議会が9月24日から始まるので”県のほうへ伺い、近いうちに決定したい。”とのことでした。推進したいのか、白紙撤回するのか、相変わらずわかりません。
連絡会としては町当局の動きに関わらず、運動を展開します。
議会の合間に選挙管理委員会を訪ね、リコール方法と書式等について確認や問い合わせを行いました。詳細については別途日程調整し、書類等を揃えてもらい再度伺います。

宣伝カーは那倉地区へ行ってくれました。(激励のメールありがとうございます。)

※9/13の集会以来、取材が連日入っています。電話での取材や、事務所でも水曜日(9/18)に取材を受け。金曜日(9/20)にも取材予定が入っています。
連絡会役員と顧問との会議も、土曜日(9/14)、木曜日(9/19)と行い、その間も連絡会内部での話合いを繰り返しています。


IMG_0181


gumbo2004 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月15日

読売新聞にリコール(解職請求)の記事が載りました。

読売新聞に記事が載りました。
”木質バイオマス発電「撤回しないなら、町長解職請求」”です。昨夜の会議(9/14)を取材し記事にしています。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20130914-OYT8T01175.htm

gumbo2004 at 11:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月14日

毎日新聞にリコール署名記事が載りました。

毎日新聞に”住民有志は13日夜、決起集会を開き、…解職請求(リコール)をすることを決めた。”と記事が載りました。

http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130914ddlk07040178000c.html


gumbo2004 at 11:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

塙町民集会報告

昨夜、塙町民集会が開催されました。
約180名の参加があり、熱気も出て”断固反対塙町町民集会決議”を宣言して終了しました。
(決議にリコール決議が抜けお叱りがありました。)
リコール運動に向け歩みを進めることを全体の意向として採択できた思います

※9/9日の連絡会と菊池町長との会談を受け急きょ設定した集会だったので連絡会としてもどれだけの人が集まるのか心配していたのですが出席できない方が多数いたなかで参加人数が確保できホッとしました。


↓クリック。拡大。
img205


gumbo2004 at 11:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)