2016年01月05日

【2016/1/3撮影】 NGC1622 エリダヌス座の銀河団

昨夜の1/3にはエリダヌス座 Nu星の近くにあるNGC1622などの銀河団を撮影してみました。

20160103-NGC1622-LRGB3
Atik383L + EFW2 + Astrodon tru balance Gen2
AT8RC + CCDT67= f.l 1072mm
OAG-9 + Lodestarにてオフアキシスガイド
L10分x11枚、R10分x2枚、G10分x2枚、B15分x2枚 (合計180分)
センサー温度-30℃
Deep Sky Stackerにてコンポジット、LRGB合成
PhotoShopCC2015にてレベル調整


銀河は左からNGC1625、NGC1622、NGC1618です。

gumbo_champroo at 22:23コメント(0)トラックバック(0)天体写真ATIK383L+ 

2016年01月04日

1/3の夜

12400727_1003876856350950_3230175807179993789_n 1/4が今年の正月休み最後の日。

 これが今回のお休みのラストチャンスと思って、1/3の夜に撮影に出かけた。月の出は夜半過ぎて1:30。
 それまで出来るだけ撮影時間を稼ごうと思って、珍しく日没前には現地に到着して、機材をセットアップ。

 温度順応もしっかりと行って、6時半頃からアライメントしてピント調整。19時15分頃には撮影開始する事が出来た。この日の狙いの対象はNGC1622付近の銀河群。南中は22時前なので、3時間ちょっと撮れそう。

 OACのメンバーも7名集まって皆めいめいに撮影開始。

IMG_1291


 予定どおり22時半頃までNGC1622付近を撮影して、まだ月の出まで3時間くらいあるのでこんどは対象を変えて撮影開始したが、このころから露が降りてきてコントラストの低い画像のオンパレード。2対象目はあえなくボツ画像に。

 後で気がついたが主鏡に露がついて曇ってしまっていた。フードを付けていたのに、こんなことは初めてだ。

017bfb4ba862c9e7633d710efd0ff2ac632ea47c2f


 機材もびしょびしょ。

3


帰宅後、機材をリビングに広げて乾燥させてから就寝。

0118b339fcda20137be7701fb8959c9253a8db8b99



gumbo_champroo at 22:04コメント(0)トラックバック(0)天体撮影 

2016年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は天気に恵まれず、なかなか撮影する頻度が上がりませんでしたが、今年は良い天気に恵まれますように。

20151013-Barnard-1-4-in-Perseus-2-1280


gumbo_champroo at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月25日

IC1848 胎児星雲 【2015/12/20撮影】

 観望会の夜に撮影したIC1848胎児星雲です。

 いつもどおり、WOStar71とFSQ106EDのツインシステムで撮影したんだけど、カラーを撮像したEOS6Dがノーマルだったので全然赤色が写ってませんでした(ノーマルは赤が写らないこと、すっかり忘れてたorz)

 運良くAtik383L+のほうでもRGBを一枚ずつだけだけど撮っていたので、カラー化に成功。

20151220-IC1848-1280
WOStar71 + Atik383L+
L10min x 13枚 Ha15min x 5枚
R10min x1枚 G10min x1枚 B15min x1枚
Total 240min
OAG-9 + ASI120MMにてオフアキシスガイド
RAP2 DeepSkyStacker StellaImage7 PhotoshopCS6



gumbo_champroo at 06:46コメント(0)トラックバック(0)天体写真ATIK383L+ 

2015年12月19日

M45 すばる 【2015/12/19撮影】

金曜の夜。月没後、日付が変わって12/19の夜に撮影したM45。

冷却CCDでL画像を撮影し、デジカメでカラー画像を撮影するといういつものカラーアシスト撮影だけど、今まで使用していた冷却X2を手放したので、デジカメはEOS6D(normal)での撮影に初挑戦。

今まではFSQ106ED(RD)の385mm(f3.6)にAtik383L(フォーサーズ)をつけてL画像を撮影し、WOStar71の350mm(f4.9)に冷却X2(APS-C)をつけてカラー画像を撮っていたが、画角のバランスを考えて今回は逆にWOStar71にAtik383L(フォーサーズ)をつけて、FSQ106ED(主焦点)の530mm(f5.0)にEOS6D(フルサイズ)を付けての撮影。

L画像とカラー画像の画角はこんな感じでオーバーラップ。

024011c5


適当に合わせても無理なく合成出来る。そして、以前の組み合わせより1割ほど画角が広くなった。


20151219-M45-1280
WOStar71 + Atik383L+ L10min x 18枚
FSQ106ED + EOS6D(normal) ISO1600 10min x 11枚
Total 290min
OAG-9 + ASI120MMにてオフアキシスガイド
RAP2 DeepSkyStacker StellaImage7 PhotoshopCS6


gumbo_champroo at 21:07コメント(0)トラックバック(0)天体写真ATIK383L+ 
Archives
記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ