2017年02月03日

ひとりでできるかな? はじめての研修会 @モモステナンゴ

お元気様です!☀



突然ですが、みなさんこれ何してるのかわかりますか?

2017-02-03-00-43-33


大量の人たちが何やら集まってますね、、


奥に見えるのは、市役所






実はこれ、デモです。

デモの理由は、、、「教師不足」!!

いくつかの学校でクラス数に対して教師の数が足りておらず、

もう2月の頭だというのにそのまま、、、


日本で言うPTAみたいな人を中心に、保護者たちが抗議に来ているわけです。



グアテマラでは1月に新年度が始まるわけですが、クラス数や教師の数をすり合わせるのは1月になってから、、、

どうやら毎年このようなことが起きてるみたいです。



12月にやっとけば、、?
と誰しもが思うと思うのですが、ずーっとこのシステムらしい、、笑



「ゴビエルノ(Govierno:政府) そろそろ気づかな あかんぜよ」


     しゅうぞう心の一句






はい!!
というわけで、本題。



1月はボランティア仲間と初研修会を行ったわけですが、

今回、任地で、一人で、はじめての研修会を行いました!!

まあ一人と言ってもカウンターパートのPabloさんが手伝ってくれたんですけどね。




対象は、

パイロット校5校の先生方全員(27名)




目的は、

・1月の研修会の内容の復習。

・GuatematicaのGuía(教師用指導書)について知ること。



2017-02-03-09-19-02

資料もできていざ本番!!


研修会の流れは、、これだ!!



  ①出欠

  ②覚えてるかな?授業構成・板書計画の復習!

  ③知ろう!Guíaってなに?

   ~休憩~

  ④やってみよう!Guíaを使って板書計画作成!

  ⑤まとめ



それぞれについて写真とともに少しずつコメント。

でも今回はほぼ写真撮っていないので、撮ってたビデオからの切り取り画像です!

定点カメラだからおんなじ写真ばっかです!笑
ーーーーーーーーーーーーーーーー

①出欠

 いつもPabloさんは参加者が集まってきたら出席簿を回して、みんなが書き終わるのを待つ、という方法をとってました。

が、時間がもったいない!!ということで、教室の入り口にて、来た人から席に着く前にサインしてもらうという斬新な方法を取りました!!(わ、わりと普通~~!笑)


スルーする先生続出でしたが、時間短縮の効果はでてました!



②覚えてるかな?授業構成・板書計画の復習!

Taller 1

内容は、ほとんど1月の研修会と同じなので割愛。

アイスブレーキング的なものとして、

復習始める前に、あるお話(自作)をしました。


~~~~

「AさんとBさんは隣同士の家に住むご近所さん。
 ある日、AさんとBさんはそれぞれ友人たちを家に案内しました。


 Aさんは、
 『こっち、こっち!ついてきて!』

 と言って案内しました。

 Aさんの友人たちは、楽しくおしゃべりしながら、言われた通りAさんについていきました。
 Aさんはどんどん進み、友人たちも楽しく話していたら、あっという間、15分で家に着きました。



 一方、Bさんは、
 『僕の家は公園の正面にあるんだ。そして、その公園は教会のある角を曲がったところにあるんだ。ちなみに教会の隣には背の高いビルが建ってるよ。』
 
 と家の位置の説明だけしました。


 Bさんの友人たちは、
 『あ、教会があった!あそこの角だ!』『でもあの教会の横にはビルがないよ、、』
  などと話し合いながら道を歩いていきました。Bさんは、説明を繰り返すだけ。

 何度か道を間違えたりしたので、家に着くのに45分かかりました。




みなさん、AさんとBさん、どっちの方が良いですか?どっちの案内の方が好きですか?」


~~~~

先生方からは見事に2つの意見が出ました(割れてくれてありがたい!!笑)。

でも、大半の先生方はAさんを選びました。


理由は「しっかり導いたから」


そりゃそうですよね!
家遊びに行くのにちゃんと連れて行ってくれないBさんなんなの?って感じですよね!笑


ただ、この話には続きがあります!

~~~~

「後日、AさんとBさんの友人たちは、またAさんとBさんそれぞれの家を訪ねることにしました。でも、今度はAさんとBさんなしで!

すると、Aさんの友人たちはたどり着くことができませんでした。
一方、Bさんの友人たちはたどり着くことができました。


グループAさんとグループBさんの違いは何だったのでしょうか?」


~~~~

先生方からは、


   Aさん   :しっかり導いた・リーダーシップ
   Aさんの友人:ついていった・Aさんを信頼した

   Bさん   :指示、ヒントを与えた・見守った
   Bさんの友人:探した・ヒントに沿った



などの意見が出ました。



何が一番違ったのか?





それは、「友人たちが考えたかどうか」




どちらも家主と一緒なら家に着くことができました。
でも、家主なしになったときに違いがでました。



これを学校の授業に置き換えると、

AさんとBさんは先生、友人たちは生徒



先生が答えまで全部教えて、生徒は聞いてノートに写すだけの授業と、

先生はヒントだけ与えて、生徒が考えて答えにたどり着く授業と、

どっちがいいですか?という話です。



どちらもその授業の時は答えにたどり着くことができるけど、
先生無しで自分たちだけで問題を解く時に、違いが出てくると思います。




公式や計算方法だけ教えて、その過程「なぜ?」がない授業を昨年たくさん見たし、

わかってるように見えてもテストになると全然できないことも昨年痛感しました。



「授業は先生が教える時間じゃない、生徒が考える時間なんだ!!(織田裕二風)」

ということを伝えたくて、こんな話をしました。

作り話だし、賛否両論あると思いますが、先生方も興味持ってくださったしやってよかったなあと思ってます!!


正直この話が個人的に研修会の中で一番うまくいったので長くなってしまいました。笑


  ↓↓↓

ではあとはサラっとサクッと!


③知ろう!Guíaってなに?

Taller 3

要点を書いたレジュメを基に、実際にGuíaを一緒に読んでいきました


「Guíaって何?」「こんな情報載ってます!」「読むときの注意点!」
など基本的なことを伝えました。


④やってみよう!Guíaを使って板書計画作成!

2017-02-04-01-43-32

休憩後は、
1つのテーマを指定して、Guíaのそのページを見ながら実際に板書計画を作成してもらいました。


流れは1月の研修会に習って、個人→グループ→全体共有という形にしました。

2017-02-04-02-21-03

グループで話し合い、、そしてグループの板書計画作成中、、


Taller 4

全体共有はPabloさんも手伝ってくれました。

僕の意図を汲み取ってくれるPabloさんは、いつも僕のできないところまで上手に説明してくれます!!


⑤まとめ

Taller 5

↑ 締めの話をしていたらなぜか感極まってる様子。笑


今日行ったことを絶対にやってくれとは言いたくない。

 だって、新しいことばかりだし、新しいものを受け入れるのは大変だから。

 自分も日本から来て、毎日新しいことだらけ、、。でも少しずつ慣れてきました。


 だから、日本から持ってきた方法とモモステナンゴの、先生方の方法を混ぜて、授業を良くしていきたいです。

 自分は異文化交流が好きなので、たくさん交流していきましょう。

という旨の話をしました。


写真は「新しいことだらけ、、」当たりの表情です。笑

普段は抑えてる何かがぐっと込み上げてきたような、、


でも、勇気はいるけどしっかり気持ちを伝えるのは大事ですね!!

ーーーーーーーー

Taller 2


 伝えたいことは伝わっただろうか?

そんなことこれから活動始まってみないとわからないか!
 
やっとスタートラインに立った気がします!



色々あるだろうけど、写真みたいに腰を入れて
ずっしりどっしりと構えていきたいと思います!!




ではでは!
Hasta luego!! 

gummanoshuzo at 10:22|PermalinkComments(0)研修会