79UFO探究ブログ「UFO Sightings Daily」によると、火星には恐ろしい顔をしたゴブリンまで存在したというのだ・・






遂に火星でゴブリンの彫像が発見される


撮影したのは我らがNASA火星探査機「キュリオシティ」、発見日時は2014年3月14日だ。

カッと見開いた目に、大きく開いた口からは巨大な歯が覗いている……。なんと恐ろしい顔だろうか。まるでカメラを向けるキュリオシティを威嚇しているかのようだ。ウェアリング氏は「火星のゴブリン」だと見ている。

「片目を覆い隠していますが、これはファッションか、もしくは眼帯でしょう。大きな目、まゆ、鼻腔、口、歯、垂れ下がった耳、額の隆起が確認できます」


43


73


最近では科学者の中にも火星に人工物があると考える者もいる。1976年、NASAの火星探査機バイキング1号が撮影した「人面岩」は、後に撮影された写真ではただの岩にしか見えず、「自然物」だと結論づけられた。

しかし、2016年に米・テネシー大学宇宙研究所の元物理学教授であるホレイス・クレーター氏らが発表した論文では、「火星の人面石はNASAの主張するような自然物ではなく、知的生命体の手による人工物である」と結論づけ、その証拠として、人面岩の中には「眼球」と「歯」があることなどを示した。

今回の“ゴブリン”にも眼球や歯などが確認できることから、クレーター氏らの基準に照らしても地球外生命体が作ったものだと考えて良いだろう・・


70


・スポンジ・ボブ

・これは今まで見た中で一番顔だな。
本物だとしたら間違いなく宇宙人が作っただろw

・ん? 火星の映像はカナダロケじゃあなかったのか?

・宇宙人が怪奇的な物作った、何のために?何とかの像とか言って建設してたのかな。だけど戦争で壊れたとかだったりして。

・鬼太郎の誕生シーンやな。