f7「ねぇ、どれにする~?」 都心のある映画館の窓口――かつてサッカー日本代表を率いたトルシエ監督の通訳、フローラン・ダバディ氏を彷彿させる長身のイケメン外国人に腕を絡め、小柄な女性が甘えていた・・





一応、変装はしているものの、キャップとマスクの間から覗く愛らしい瞳、総選挙のスピーチで何度も聞いたあの声で、彼女が『AKB48』の元エース、大島優子(30)であることはバレバレなのだが――周囲を気にする素振りはない。

二人がチョイスしたのは『ボヘミアン・ラプソディ』。券売機で大島がチケットの購入手続きをしている間、今度はダバディ似のカレが彼女の背中に手を伸ばして、密着していた。スクリーンに向かう大島の後を、イケメンが静かにフォローしていく――そう、カレはレディファーストの国、アメリカで知り合った大切な人なのである。




上映終了後、二人は帰宅ラッシュで混み合う品川駅へ徒歩で移動。横断歩道で信号が変わるのを待つ間、大島はカレの腕に頭をピタリとくっつけている。そして信号が青になるや、ガッチリつないだ手を前後に大きく振りながら、満面の笑みで歩き始めた。まるで高校生カップルの初デートのように……。

そして――極めつけだったのが、『罪と罰』の東京公演が無事に終わった2月上旬のある夜。大島のマンションから出てきたのは件のカレと、なんと大島の父親だったのである。

翻訳アプリを介して会話しているようで、二人はスマホを見せ合いながら、和気藹々としている。その後、彼らは大島父の知人らしき女性を交えて三人で寿司をつまんだ。・・

(source: FRIDAY - 大島優子「初めての熱愛写真」イケメン米国人と手つなぎデート




・撮られたのがが初めてというだけで、熱愛は全然初めてではない気がする。

・お父様公認の仲なのですね
いいじゃないですか
不倫でないなら何ら問題ないでしょう

・どの場面の写真か分かりませんが‥
服装がダサすぎて。

・びっくりするほど足短っ。
服のセンスも最悪。
これがトップアイドルだった方なのかね、、

・本文と関係ない事書くのあまり好きではないが、、、
あまりにも脚が太く短いのと、服のダサさがすごい!
びっくりした。
大島優子は可愛いし、策士で売れる要素持っていたけど、昔からハスキーな声が苦手。


・最近の大島優子さん