sdftピエール瀧容疑者が人気キャラクターの声優を務めたアニメ映画「アナと雪の女王」のブルーレイ・DVDの生産・販売が中止されたことが15日、分かった・・





ディズニーの公式ホームページでは「3月13日 生産終了」と掲載された。都内のディズニーストアには13日まで商品が陳列されていたが、14日に映像商品、CD(サウンドトラック)など関連商品がすべて撤去された。
都内のディズニーストアの店員はこの日、撤去理由について「大人の事情で…」と苦笑いしたが、生産終了の日付が逮捕翌日とあり、瀧容疑者が理由なのは明らかだ。

瀧容疑者は、「アナ雪」の日本語吹き替え版で雪だるまの「オラフ」役を務めた。物語の狂言回しを担う重要なキャラクターで、コミカルな歌も人気に。オラフを主人公にした短編スピンオフ(番外編)も製作されたほどだった。


・話題となっている ピエール瀧容疑者の報道




11月22日には日米同時公開となる続編「アナと雪の女王2」が公開されるが、神田沙也加(32)、松たか子(41)らは続投予定。すでに瀧容疑者の降板は発表されているが、今回生産中止となった「アナ雪」についても新たな声優で録音し直して再発売するとみられ、瀧容疑者の声によるオラフは“お蔵入り”になる可能性が高い。

「アナと雪の女王」は2014年に公開され日本歴代3位となる興行収入255億円を記録。世界でも歴代13位となる興収約12億8000万ドル(約1430億円)を記録した。ブルーレイ、DVDのセットは国内でもすでに販売枚数200万枚を超えていた。

(source: スポーツ報知 - オラフお蔵入りに 「アナ雪」生産中止、新声優で差し替えへ


・アナと雪の女王 「オラフ」 登場シーン 日本語吹替



・最近のメディア 対応が過剰すぎる気がする 過去の物までしなくても・・・

・作品に罪はないという意見。
個人的には概ね同意見ですが、問題はそこではなく、クレームを付ける人たちが一定数いるということ。そのクレームに、スポンサーが耐えられるのかということだと思う。
我々は、お金を払って映画を観たりDVDを買ったりするだけで、制作側のスポンサーではないですから、制作側が決める事には何も言えないとも思います。

・電気グルーブの配信もストップした。作品に罪はないのに、聴けないことがとても寂しかった。ただ、ディズニー作品に関しては、子供が見るだけに夢の詰まったクリーンな作品であって欲しいと願うので、この対応は仕方ない。破天荒な面を持つ瀧だけに、オラフを演じる彼に意外性も相まってとても良かっただけに、非常に残念だ。

・過去の業績をも抹殺されると言う事があると著名人はもっと自覚するべきとの暗黙の裁きみたいな物、著名人が犯罪、とかく薬物などは制裁処置が過激になりやすいことは肝に命じてほしい。ファンを裏切ることは愚かだと思ってほしい。

・まあ子ども向け作品だから「子ども用」に録り直すのはアリだと思う。代役の人にかかる負担は半端じゃないけど。
でもそれだけだと、結局転売屋が横行するだけになりそう。

・過去の作品は過去の作品のままでいいと思うんだけど…
今まで陳列されてた物とか在庫とかゴミになってしまうのか?
だとしたら、そっちも問題のような。

・日本では仕方ないね。社会的な制裁も必要。というか芸能人は人そのものが商品なんだから、定期的に人間ドックだけでなく薬物の尿検査もすべきだとは思うがね。


・ピエール瀧が歌う!『アナと雪の女王』雪だるまの"オラフ"スペシャル動画