33熊本県北の県立高3年の女子生徒がいじめに遭ったことをうかがわせる遺書を残して自殺した問題で、学校側が事前に遺族と協議せず、亡くなった女子生徒の顔写真を外して卒業アルバムを作成していたことが15日、分かった・・




 遺族や同高校によると、教頭と担任が2月18日に遺族宅を訪ね、完成した卒業アルバムについて説明。クラスのページに女子生徒の顔写真を掲載しなかったことを伝えた。また、修学旅行など学校行事の写真も女子生徒が写っていないものを選んで構成されているという。

 遺族は「娘が高校生まで生きた証し」としてアルバムを受け取るつもりだったが、娘が掲載されていないことを、その時に初めて知ったという。学校側は遺族の要望を受け、女子生徒の顔写真や行事に参加している写真を、アルバムの空きページにテープで貼り付け、3月1日の卒業式で全購入者に配った。

 熊日の取材に対し、同高教頭は「通常、卒業時に在籍していない生徒は載せていないため同様に考えていたが、ご遺族は掲載されると思われていたようだ。認識の差があった」と説明している。

(source: 熊本日日新聞 - 卒業アルバム、顔写真外す 熊本県北の高3女子自殺


・熊本県の高3女子生徒が亡くなったニュース



・こんな対応している学校だからイジメで自殺が起きるのでは??
学校側の冷たい対応に憤りを感じました。

・作ってしまってから説明ってどうなのかと思う。
遺族がアルバムを購入すると分かっていたのなら、写真を載せるか作成段階で相談があってもいいと思うが。
後から、写真をテープで貼り付けるっていうのも、遺族にしたら悔しいだろうな。
こんな対応だと、いじめた生徒に配慮してるのかと思ってしまう。

・むしろいじめっ子の写真を外すべきだと思う。
人の人生奪った罪は大きい。

・他の生徒からしたら、卒アルみるたびに、いじめがあった、自殺があったことを思い出すことになる。
加害者は一生背負っていくべきだし、知ってて知らん顔していた半共犯者も一生背負っていくべきだが、全く知らんかった他のクラスの生徒は複雑な気持ちだと思う。

・同じ職を持つものとして、どうしてこんな対応しかできないのかな?って疑問を通り越して憤りを感じます。
教員は人を育てる仕事です。
教育を施す立場にありながら、人として持つべきものを欠きすぎていると思います。
問題なのは学校"組織全体"がこの対応で良いと思い実行したという事です。
人として残念です。

・こりゃあかんでしょ。
まさに臭い物に蓋をするって感じ。
教員もなにかと叩かれて大変だとは思うけど、さすがにこれは教員らしい対応かと言われたら違う気がする。