577身長124センチ。ちびもえこさん(23)は7歳児の平均とほぼ同じ背の高さです。「私は子どもではなく、小人(こびと)症です」と訴えています・・





極端に背が低いため、ジロジロ見られたり、日常生活に困ったりすることはありますが、「かわいそうとは思ってほしくない」と話します。スタイリストになる夢を追いかけ岩手から上京したものの、挫折を体験。いまは、ダンサーとして小さな体を生かした表現に挑んでいます。

マリリン・モンローの妖艶(ようえん)な曲が響き渡る中、セクシーなドレスを身にまとった、ちびもえこさんが登場すると、会場がわきました。2月中旬、東京都渋谷区の「KAWAII MONSNTER CAFE」。大きなケーキ形のピンク色の舞台の上で、ちびもえこさんは踊りながら腰をくねらせ、ドレスを大胆に脱いでいきました。


・ちびもえこさん


ちびもえこさんは、ここで月に1度「小人バーレスクダンサー」として活躍しています。「背が低いことは私にとって、ダンサーとしての強みになっています。登場するだけで、会場がわっとなってくれるので」と言います。

ちびもえこさんは、軟骨無形成症という骨の異常を抱えて生まれました。

「見た目の特徴としては、座高は健常者とあまり変わりませんが、手足が伸びません。足はO脚でお尻と太ももが大きく、腰が後ろにそっています。突然変異とされていて、根本的な治療法は見つかっていません」

低身長の原因の大半は、親の背が低いといった遺伝を含む本人の体質によるものです。ただ一部には、ちびもえこさんのように病気が原因で極端に背が低くなる人がいます。かつては小人症と呼ばれることもありました・・

・詳細は(source: withnews - 23歳、124センチ。「小人症」の私は踊る。 見せ物だっていいじゃない



・>ポールダンサーや身体の一部が欠損している人などをキャスティングする会社
そんな会社があるんだ。
いい出会いがあって良かったですね。

・かわいそうではないのにかわいそうとすぐに思うことはよくないことと思った。自分でできることとできないことがあった時、できることで人に喜んでもらおうと考えてチャレンジしていて、人柄もよくて頑張り屋さんだなと思った。

・>小人プロレスというエンタメがありましが、「彼らを見せ物にするのは失礼だ」という声があり、衰退しました。

小人プロレスの人気レスラーは客を沸かせる技術があり、自分の動きでチケットを買ったお客さんに満足を与えられているという誇りがあったそうだ。そしてきちんと収入があり、生活もしていけてた。
なのに失礼だと言い出す連中のおかけで活躍の場を奪われ、収入を得る手段も失われた。(小人レスラー同士で共同生活しているような話も聞いた)
そんな彼らに、「彼らを見せ物にするのは失礼だ」と言ってた連中が手を差し伸べたという話は聞かない。

・昔の洋画で「フリークス」というのがあります。持って生まれた持病で体に特徴ある人たち(シャム双生児や小人症など)が出演しています。一部分しか観てませんが、その人たちが生き生き出演していて、立派だなと思いました。「差別的だ」と問題になったようですが、異常にそういう見方をするほうが差別なのではないかと思います。何より本人たちがやりたくて出たくて稼ぎたくてやってることなら応援するべきだと思います。

・子供は悪気ないって言うけど、親のしつけの問題もある。
そしてうちの彼女も普通に小柄で少し弱い感じの容姿もあって舐めてかかる人は少なくない。
正直横で見ていて相手の人に「はぁ?」って思うこともある。

・試行錯誤しながら人生を切り開こうとする点はすごいと思う。
自分が必要とされる場所を見つけることは非常に難しいが、見つけようとしていないと尚更難しくなる。
彼女は諦めずに見つけようとしていたから見つかったのだと思う。


・「小人バーレスクダンサー」ちびもえこさんインタビュー