77昨季のフィリーズは9月下旬に9連敗を喫するなど、終盤に失速して7年ぶりのプレーオフ進出を逃したが、この連敗期間中に一部の選手が試合中にロッカールームでテレビゲームをしていたという。18日にESPN(電子版)など米国の複数メディアが伝えた・・




インディアンスのカルロス・サンタナ内野手(32)は、昨季にフィリーズでプレーしていたが、チームの負けが込む中、よりによって試合中にテレビゲームに夢中になる選手の姿に激怒。ロッカールームに戻り、手にするバットでテレビを破壊したという。

サンタナはESPNの取材に対し、「名前は言いたくないが、試合中にテレビゲームをしている選手がいた」と話し、「チームが連敗しているのに、そんなことはお構いなし。彼等は他のチームメートや首脳陣、そして球団のフロントにも敬意を欠いていた」と続けた・・

(source: スポニチアネックス - 昨季のフィリーズ 試合中に選手がテレビゲーム 激怒のサンタナはバットでTV破壊


・カルロス・サンタナ内野手



・連敗中かどうかはともかく試合中にゲームはアカンでしょ。

・日本でも数年前まで似たような感じのプロ野球チームがありましたね…
ただ日本の場合怒るべき主砲が同じくやる気を無くして監督室で寝ていたりしましたが

・セーブはしたのかな

・気持ちは察します。
テレビを破壊すべきだったか、ゲーム機を破壊すべきだったか。
ゲームをしてた選手を破壊しなかったのが幸いです。

・ドイツワールドカップのときも、控え組がマリオカートにはまりすぎて、俊輔がキレた事件があったな。

・ホークスの暗黒期には藤本がロッカーで将棋を指していたらしいが、そんな彼も今やコーチ監督になっているという。

・怒ってテレビを壊したのが選手てのにも寂しさがあるな。監督やコーチは何をしてたのか。

・芝刈り機でゲーム破壊してた親父もバットでテレビ破壊してたな


・ニート息子発狂!父親、ゲームを芝刈り機で粉砕