67私が以前住んでいたのは、どちらかというと年配の人が中心で、二世帯で暮らす家族が多い地域。そのため、町内会運営の中心は、年配の人々でした・・





役員の方々は結束力がとても強く、少しでも苦情をいうと一気に態度を変えられます。子供のイジメのように特定の人を無視することもよくあって、とにかく変わった町内会でした。

実際、役員たちの価値観と気分で、ころころとルールが変わるようなことも。そして彼らは、まったく関係ない地域などからの新参者には、とにかく冷たい対応をしていました。私もそういった被害を受けた1人です。

例えば、雪かきに関するトラブル。自分の家の敷地内に積もった雪が、少しでも隣家の境界をこえると何時であろうと苦情を言われます。しかし、逆に相手側の雪がこちらの敷地内に入ってきたことを告げると、「新参者が言う権利はない」と文句を言われます。


・自治会会長が新住民に入会金40万円を請求



さらには、ウチの客人の車のタイヤがほんの数センチ敷地内から道に出ているだけで、違反駐車をしていて道を塞いで迷惑だとして警察に通報されました。とにかく、嫌がらせが激しかったのです。

あまりにも酷かったので、警察や市にも相談しましたが対処してもらえず。タイミングよく引っ越しが決まったので、解決はできませんでしたが、なんとか逃げることができました。

こういった嫌がらせは、相手にしないのが一番なのかもしれません。ですが、巻き込まれてしまった時は、引っ越せるなら引っ越すのが最良の手だと思っています・・

(source: スポーツ報知 - これが「町内会いじめ」の実態だ いくら正論で反撃しても...「新参者に権利はない」(青森県・30代女性)


・「町内会」問題



・田舎の過疎化に同情できない理由がこれ!
老害の自業自得な面も多々ある

・ド田舎に住むのは絶対にやめましょう。青森にも都市はあります。

・ホント町内会って害悪だよ。まぁ、そういう状況を作り出したのは古株の老人で、人口減少してるとか騒いでるくせに新しい人間が来ると文句しか言わない。まぁ恐ろしいほど矛盾してて、正直意味が分からない。

・こういう 年寄りは自分で自分の首絞める事を知らないからな。
逃げられてよかった

・自衛策が必要であり、合理的なのは「アンチ持家主義」です。
賃貸暮らしであれば、不幸にして「町内会いじめ」に巻き込まれた場合でもトカゲの尻尾切りの如く、環境を変えるのが比較的容易いと思われます。

・田舎はねー。独自ルールあるから。
テレビの移住とかを見て憧れちゃうのは本当に危険。

・私の地元もまさにこれ。そして限界集落になりました。同情しませんでした。

・うちも町内会あるが老人が多く町内会費もなんか老人のイベントが多い!
そう言うのに町内会費を使ってほしくないんだけどなw

・わかるー。
忌憚ない意見をどうぞ。と言われ、ここはこうしたらどうですか?って提案すると、「お前は何を言ってるんだ?」という顔をあからさまにされる。
新しく来たのが意見するなということでしょう。


・憧れの田舎暮らしをはじめる前に見る動画