dfg7「鮭」の読み方は、サケとシャケのどちらが主流なのか――。Jタウンネット研究所では今回、こんなテーマについてアンケート調査を実施した。全国各地の読者から寄せられた票数は全部で1101票。はたして、気になる結果は......。





「鮭の読み方」論争、ついに決着? 全国アンケートの結果は「シャケ>サケ」


総合結果(円グラフ)は、シャケ派が589票(53.5%)、サケ派が512票(46.5%)。かなり拮抗した結果となったが、わずかにシャケが優勢だった。

広辞苑(第七版)では、鮭は「サケ」の読みで解説されている(※別に「シャケ」の項目はあり、そこでは『サケの読みが転じたもの』という趣旨の説明がある)が、現在はシャケの方が主流な結果に。


g78


ただ、地域別の結果をみると、少し事情が変わってくる。

シャケ派が優勢だったのは17地域どまり。27地域を制したサケ派の後塵を喫しているのだ。なお、同票の地域は3つあった(千葉、岐阜、熊本)。いったい、この差はどういうことなのか。

実は、大票田の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)では、シャケ派が342票(60.8%)と、サケ派の221票(39.2%)を大きく上回っていた。さら大阪でも、シャケ派(66.4%)がサケ派(33.6%)を引き離した。

そうした都市圏での結果も影響し、総合的にはシャケ派が過半数を占める結果となったのだ。ちなみに、逆にサケ派が圧倒的だったのは石川県。シャケ派10.2%に対し、サケ派はなんと89.8%に達していた・・


・鮭(さけ)のさばき方









・出身地がわかる言葉講座