r73月21日放送の『ラジ(コ)フェス』(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が、デビュー当時の電気グルーヴの意外な姿を目撃したことを明かした・・





 太田は「電気グルーヴは俺らの若い頃、ほとんど同じくらいにデビューしたじゃない」と回想。「俺らのテレビ番組が初のテレビ出演だったんだよ」と語り出す。電気グルーヴは、東京に来て初めて会った芸人がデンジャラスで、「すごい興奮した」と言っていたという。

 電気グルーヴはリハーサルではノリノリで、ギャグを言いまくっていたが、「俺らが司会で、本番になったらシューンとしてるわけ」と大人しくなっていたという。


・話題となっている ピエール瀧容疑者の報道




 太田が「お前らどうした? あんな面白かったのに」って言ったら、彼らは「リハーサル見てたチェッカーズに、楽屋に呼び出されてボコボコにされた」と話したという。

 相方の田中裕二が「いや、ボコボコにはされてない、怒られたぐらい(笑)」とフォローしていた・・

(source: SmartFLASH - 爆笑問題・太田「電気グルーヴがチェッカーズに怒られた」過去明かす


・電気グルーヴ デビュー当時



・何でチェッカーズに怒られたのか
ちゃんと書かないと意味の分からない
記事だと思うのだが。

・時代が違うから。
自粛しないで、叩かれるリスクは昔よりすごく高いわけでさ。
とは言え、自粛したら制作にかかった金丸々損するからメディアとしては、必死。
巻き込まれる芸能人もかわいそう。

・先日亡くなられた内田裕也氏も薬物で逮捕されてて、ポール・マッカートニーは大麻所持により国内で逮捕された経歴がある
瀧氏の関連した作品が全部ダメでもいいが、他に薬物で逮捕された人の作品も全部撤去しなきゃダメなんだけどな

・これだけの情報だとチェッカーズが悪者みたいでやめて欲しい

・このラジオでも ネットで書き起こされた文章は、前後関係が解らず意図して違う伝わり方をするので、radikoのタイムフリーで前後を聞いてくれと伊集院が言っていた。まさに、それを体現する記事だな

・ツッパリキャラクターだった横浜銀蠅は実は大学卒だったため、見かけと違って本物のツッパリグループであるシャネルズ(ラッツ&スター)に「なんでツッパリが大卒なんだよ」と睨まれ、小さくなっていたらしい。
そういえば翔も覚せい剤で逮捕されて消えていったね。
卒業後に会社員にでもなっていたら、覚せい剤なんてやらなかったんじゃないかな。

・太宰はカルモチン中毒。サナトリウムまで入っている。太宰から薬物中毒を抜いたらだいぶ詰まらない作品になる気がする。既に亡くなっているから全て、一つの人生、一つの作品として素晴らしいと受け入れられる。反面教師として。

・チェッカーズと電気の共演はステージ上に鶴久高杢瀧と何もしない人が3人いたのが面白かったって
昔卓球が話してたな


・チェッカーズ with 電気グルーヴ