fdrt6投稿したのは元漫画家でウェブディレクター兼デザイナーのツジタアヤ(@tsujita_aya)さん・・





「【虫注意】昨日、ヤリイカさばいていたら胃袋の中ではなく、頭の薄皮の中にグソクムシらしきものが居たんですけど、これどういう状況でこうなったの?? どなたかご存知方、いらっしゃったら教えて下さい」(原文ママ)と驚いた様子で写真を2枚アップした。

1枚目はまな板に乗った、胴体をさばく前のヤリイカ。白い光沢がまぶしい。2枚目は真っ二つに切られたヤリイカだが、明らかにイカではない「それ」がいる。体長は「約7センチ」あったという。茶色い甲殻が薄い膜に覆われ、ちょこんと居座っているのがよく分かる。


・問題の投稿


どうしてこのような状態になるのか。沼津港深海水族館の飼育展示マネジャー・塩崎洋隆さんに写真を見てもらうと、「こういう状態は初めて見ました」とした上で、「大きさなどの特徴から言って間違いなくオオグソクムシでしょう」と話す。

「オオグソクムシは他の動物に寄生しません。海底にいて、穴を掘って隠れたり、狭いところに潜ったりする習性があります。一方、ヤリイカは季節によっては深い海に生息します。ともに海底にいる時に底引き網漁などで一緒に捕獲され、オオグソクムシは近くにいたヤリイカの中に隠れようとして入ったのではないかと推測されます」

鳥羽水族館の飼育員・森滝丈也さんも取材に対し、「初めて見ました」と話す・・

(source: J-CASTニュース - イカを捌いたら、中から7センチの「オオグソクムシ」が...! 専門家も「初めて見た」珍事、その原因は?


・橋本環奈「オオグソクムシ」を食べてみる



・和気あいあいの様子が書かれているけど自分なら叫ぶかも。

・投稿主が楽しそうだったので軽い気持ちで画像を見てしまいました…苦手な人にはキッツイ…

・オオグソクムシってもっと大きいのかと思った!
このサイズもいるんですね。
びっくりはされたでしょうけど、クレーマーになるような方ではなくて良かったです。海の産物や山の産物には完璧はありませんよ。

・第三者的立場で見てるからまだいいけど、自分の身にリアルで起きたら余裕を保っていられる自信はないし、イカを食べられなくなるくらいトラウマになるかも…

・普通にそのイカ食べる気になれない。


・【閲覧注意】オオグソクムシの正しいさばき方。