54『ガンバレルーヤ』の2人はこの日放送されたロケで「シベリア犬ぞりの旅」に挑戦・・






バイカル湖にある巨大な氷の塔を訪れ、番組カレンダー用の写真を撮るロケだった。2人は犬ぞり用の犬種「アラスカンマラミュート」を連れ、マイナス20度の酷寒の中を移動していった。

移動先で2人は恒例の企画「寒中ジブリ」にも挑むことに。まひる、よしこがスタジオジブリの映画の1シーンを暗唱し終わるまで、酷寒の中、冷水に入り続ける企画だ。




相方・まひるが台詞を暗唱する中、冷水に耐えられなくなったよしこは早々に冷水から逃げ出し、まひるを置いてきぼりにして小屋に逃げ込んだ。

慌てたまひるも冷水から逃げ出そうとしたが、用意されたはしごを上ることができず、冷水に浸かりっきりに。「助けて!」と叫び続けたまひるだったが、よしこは小屋から顔をのぞかせるだけで、救出することはしなかった。

よしこは犬ぞりでも犬を操ることができず、まひるに任せきりにする一幕も。犬ぞりをうまく進めることができず「クソが!」と絶叫したよしこに、視聴者は批判を浴びせた。



「ガンバレルーヤは相変わらず面白い」との声があった一方で、

《よしこ脱落とかひどい…》
《よしこ、まじでクズじゃん。》
《まひるが頑張ってるのに、相方のよしこは…クソが! だったな》
《よしこって性格悪くない? まひるちゃんの方が長く冷たいの浸かってるのによしこの方が早く逃げるし》
《よしこが突然発する「クソが!」が不快でしかないし、それがお笑いになってるのも意味が分からない》

などの声も・・

(source: まいじつ - ガンバレルーヤよしこが“クズ”過ぎ批判