54気象庁によりますと、午後6時28分ごろ、熊本県の阿蘇山で「噴火が発生した」ということです。気象庁が詳しい状況を調べています・・






阿蘇山に噴火速報 気象庁


「噴火速報」は一定の期間、噴火が発生していない火山で噴火が発生したり、すでに噴火が発生している火山で、より規模の大きな噴火が発生したりした場合に発表される情報です。今後の火山活動に注意が必要です。

阿蘇山では火山性微動の振幅がやや大きくなり、火山ガスの放出量が増えるなど活動が高まり、今月14日、気象庁は噴火警戒レベルを2に引き上げて「中岳第一火口」からおおむね1キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけていました阿蘇山が噴火するのは4年前の平成27年以来です。


・4.16 18:28頃 噴火速報!!阿蘇山



熊本県阿蘇市にある阿蘇火山博物館が設置している火口カメラの映像からは午後6時28分すぎ、火口から灰色の噴煙があがっているのが確認できます。

熊本県の阿蘇山ではこれまでに2回、「噴火速報」が発表されています。

このうち3年前の平成28年10月の噴火は昭和55年1月以来の爆発的噴火となり、噴煙が1万1000メートルの高さに達したほか、大きな噴石が火口からおよそ1.2キロ先まで飛びました。気象庁は噴火警戒レベルを3に引き上げ、火口からおおむね2キロの範囲で警戒を呼びかけました。

また4年前の平成27年9月の噴火では噴煙が火口から2000メートルの高さまで上がり、火口の周辺に大きな噴石が飛びました。






・速報 熊本・阿蘇山が噴火