6677番組では「平成生まれ vs 昭和生まれ」をテーマに、世代が違うことで感じるイライラについてトークを展開。その中で、デヴィ夫人は若者の欲のなさに驚き。物が飽和する便利な現状に満足している若者たちに「あなたたち、そのクラスで満足しているわけね?」とバッサリ・・





さらに、稼いで成り上がろうといった競争心がないことに「ハリウッドスターの生活とか興味ないんですか?」と疑問。モデルのゆきぽよが「多分、届かないし。誰とも張り合ってないってのがあるかもしれない」と言うと、「あきらめちゃってんだ」と嘆く。

食べ物の話題では、インスタ映えを重視して味は二の次との声があがると、「つまんない世の中だわ」と感想を漏らした。

また、「よいちょまる」「あざまる水産」といった若者言葉についても疑問を呈したデヴィ夫人。「あなたたち、正しい綺麗な日本語を喋られなくなりますよ」と注意する。


・デヴィ夫人



ほかにも、頼みごとをするときは電話ではなくLINEなどにテキストで残してほしいとの意見があがると「今の子たちって記憶力もないってことですか? 覚えられないからLINEでくれ? とんでもないわ」と呆れていた。
これらの発言を受け、ネット上では「よく言った!」「わかる」と共感の声があがる。

「デヴィ夫人の言う通り。綺麗な言葉を使えたほうが同世代から見ても絶対好感度高いもんな」

「若者が『よいちょまるー』とか『あざまる水産』とか使ってるの見てデヴィ夫人さんが『綺麗な日本語喋れなくなるわよ』って言ってたの本当そうだと思う」

一方で否定的な意見も。

「電話じゃなくてラインとか文章で残してほしいのは記憶力が無いからじゃなくて利便性が高いのとちゃんと形が残るからでは? 若者バカにするビジネス飽きたわ…」

「平成の皆さんにデヴィ夫人が『あなた達は正しい日本語が喋れないの?』的なこと言ってたけど、私達世代も言われたよね。同い年の千鳥が昭和代表で出てるけど、我々はチョベリバ世代じゃないですか」・・

(source: しらべぇ - デヴィ夫人、平成生まれの若者を痛烈批判 「よく言った!」「感じ悪い」と賛否


・昭和世代VS平成世代 最近の若者はどうなってるんだチェック



・デヴィ夫人が正しい。

・昭和でもチョベリバなんて使ったことない

・正しい日本語が何かを知らないバカにかぎって、「言葉は時代とともに変化する」、「通じさえすれば問題ない」旨の姑息な言い訳をほざく。

・我々は確実に阿保になっていっている事は否めない。例えば待ち合わせも、近くに着いたらラインで連絡するわ、とやってるけど、そもそも、最初に何時にどこ、をキチンと決めておけば、ラインのやり取りを何回もやる必要ないからね。便利便利と言いつつ、工程は増えてしまっているわけだから。耐性低いバカが反論してるだけだね。

・ジェネレーションギャップなんだろうけど、今後の日本に不安を感じずにはいられない。

・最近の若いもんは、、、、って言い回しは。
何千年も前から言われてるらしい。
人間なんてそんなもんよ(笑)

・別にデヴィ夫人だって自分の稼ぎではなく、スカルノ大統領の目にとまらなければただの夜の女どまりだったでしょ。
偉そうに言われたくない。

・まだ生ぬるい。
今の若者には、年功序列や、我慢とか発想とかない。
はっきり言って、バカばっかり。

・「最近の若者」より「最近の老人」のほうが厄介ですよ。

・中井りかしれっと出ていて呆れる


・ひろゆき 最近の若者とバブル世代の若者、どちらがダメなのか