990名古屋地方裁判所岡崎支部が下した無罪判決が波紋を呼んでいる。中学校2年生のころから、娘と性交していた父親が「準強制性交等罪」に問われたにも関わらず、無罪となったのだ。判決文からは、彼女の5年間がいかに「地獄」だったかということがうかがえる・・





被害女性の美羽さん(仮名)は、実父と実母、弟3人との6人暮らし。実父による性的行為は、中学二年から始まった。美羽さんが寝ていると実父がやってきて、<陰部や胸を触ったり、口腔性交を行ったりするようになり、その年の冬頃から性交を行うようになった>(< >内は判決文の要約)という。

美羽さんが高校を卒業するまで、こうした行為は週に1~2回程度の頻度で行われ、美羽さんは<体をよじったり、服をぬがされないように押さえたり、「やめて」と声を出したりするなどして抵抗していた>が、実父の行為は制止できなかった。本来ならば、助けを求められるはずの実母とも不仲だった。美羽さんが小学校の頃、実父は美羽さんを、殴ったり蹴ったりすることがあったが、実母は、<ほとんど黙って見ているか、実父に加担していた>という。


・娘への準強制性交で父親に一審無罪



美羽さんが高校3年生のとき、自分で4年制大学へ進学することを決め、大学の推薦入試に合格。しかし、期日までに入学金を収められず、進学を断念した。一家は2010年から生活保護を受けていたことから、子ども4人抱えての暮らしは厳しかったことがうかがえる。

それでも美羽さんは諦めなかった。進学に反対する両親に頼み、専門学校に入学。学費はいったん実父が支払い、美羽さんのアルバイト代から月4万円ずつ返済するよう取り決めた。だが、このころから美羽さんの抵抗が弱まり、性行為の頻度が週に3~4回と増えるようになったという。実父に「専門学校の学費を支払ってやっている」などと言われていたことの負い目が、あったからだとみられている。

それでも、実父からの虐待に耐えかねた美羽さんは、友人や弟らに被害を相談。「警察に行ったほうがいい」と勧められたが、<父親が逮捕されると弟らが犯罪者の息子になってしまい、生活できなくなってしまうことが心配>といって、通報を断念する。

専門学校の2年生になった2017年6月ごろから学校も休みがちになっていった美羽さん。このころ、は実父に激しく抵抗したことがある。
就寝中に、服の中に手を入れてくる実父の手を払い、執拗に美羽さんのズボンを下げようとするのを引き上げたりして抵抗した。すると実父から、<こめかみの辺りを数回こぶしで殴られ、太ももやふくらはぎを蹴られた上、背中の中心付近を足の裏で二、三回踏みつけられた>・・

(source: 女性自身 - 「中2から強制的に性交され続けた」判決文でわかった地獄の5年


・娘に性的暴行の父無罪で検察控訴



・この実母も知っていたのではないか?
いやむしろ加担していたのかもね

・無罪判決?
呆れて言葉が出ない。
最近首をひねるような判決が多い。

・前の記事にも投稿したが、この判決を出した裁判官は精神疾患を患っておられます。
間違いなく。
通常、一般的な常識で考えたら無罪はあり得ない。
子が自分自身で、周りのサポートもありながらだが訴える意思があって裁判になったんだろ。
なに考えてんだ?

・無罪に納得いかない。海外で有ればこんな判決に成らないだろう。この父親の息子を切り落としてやりたいね

・子どもは親を選べないだけに、酷過ぎる!

・父親のしたことは悪い事であるが「近親相姦罪」はない。
検察官が抗拒不能の立証に成功しない限り有罪判決を出せないのは当然であり本件で裁判官を非難するのは筋違いだ。

・最高裁判事以外も国民審査出来るようにして欲しい。


・“娘と性交”父親が無罪の理由 抵抗可能だった?