3312019年4月23日放送の番組では、高齢ドライバーによる重大事故が続発している現状を特集し、75歳以上になると運転に自信があると答える人が増えるという調査結果も紹介された・・





 「年齢がいくと自信がなくなるという根拠はどこにある?」。武田さんは、この調査に不満をぶつけ、「何かみんな先入観があるんじゃない? 老人になると自信を失ってほしいとか」と漏らした。

 そして、むしろ20歳代が免許を返納すべきじゃないかと持論をぶった。事故率と死亡率が一番大きいからだといい、「20歳代の人には、なんで返納求めないの?」と疑問も呈した。

 司会の石井亮次アナ(42)は、「これは何と答えればいいんでしょうか?」と戸惑ったが、武田さんは、こう主張した。「これ、老人イジメじゃないの?」


・話題となっている 池袋暴走事件




 特別解説委員の石塚元章さん(61)は、交通安全白書を見ると、運転ミスは、75歳以上になると倍にも増えると紹介したが、武田さんは、「それはね、情報操作なの、警察庁の」と譲らなかった。

  「運転を安全にするってのは、技術だけの問題じゃないんですよ。心理的な問題ですね。20代の事故率がなぜ高いかって言ったら、乱暴だからなんですよ。だから、その調査の中に、乱暴性も入れなきゃいけない」

 武田さんによると、高齢者は、運転ミスが増えても、慎重さが上がって事故率は低いのだという。


・ゴゴスマ


 「なんで、家族は、20代の人に声かけないの?」。武田さんは、なおもこう食い下がり、石塚さんが、警察庁も高齢者をいじめようと思っていないと指摘すると、「間違いなく思ってます」と反論した。

 運転免許の返納は、人生の一部をなくすことにつながり、地方の高齢者は、バスもなくなっている中で生きる希望を失うと指摘した。「老人をさ、思い出で生きれって言ってるね」とし、高齢者差別だともした。

 武田さんの発言は、放送後からツイッター上などで波紋を呼び、様々な意見が書き込まれている。

「こういう考えの高齢者が事故起こすのでは?」「何が差別?被害者意識強すぎだろ」「池袋の件は都会なんだから返納でいいでしょ」・・

(source: J-CASTニュース - 免許返納に「老人イジメじゃないの?」 武田邦彦氏が発言、ネットには異論続出



・いじめって表現は違うと思う。
運転経験を積んでる方が危険予測とか、スピード守るとか、そういうのは分かるよ。
そうじゃなくて、視力も落ちるし、危険と判断してから行動に移すまで時間かかるだろうし、耳だって遠くなってくる。
だから『無理に運転しないでね』って返納してはいかが?って提案してるんでしょ。

・田舎で何十年も毎日運転してる人は週末だけ運転してる人よりは安全運転寿命が伸びるとは思うので、年齢一律てのがいいかというと、そんなこともないと思う。とはいえ年齢が上がるにつれ認知能力の低下により安全性が下がっていくことは確かだと思う。
今後の自動運転などの技術革新で状況は変わるかもしれないが、そろそろ保険会社が動くかもね。今は若者のみ割高だけど、高齢者も保険が割高になるかも。そうすりゃ返納、というか車を手放す人も増えるんじゃないか?

・見ていたけど、この人からまず免許を返納してほしいと思った。プライドが高く、意固地。人の話は聞かない。老人いじめと言い切る。こういう人が事故を起こすのではないですか。
若い人の事故率?問題にすべきなのは事故率なのではなく、絶対数。若い人より、老人ドライバーのほうが今や多いのでしょうから、まず絶対数を考えるべき。それからパーセンテージでしょう。この思考がなぜ持てないのか。老化の証拠でしょう。

・警察署に車庫証明取りに行った時にゾッとするやり取りを聞きました。
視力検査で見えませんを連呼する老人に、「これ見えないと更新できないから頑張って見てください」って。何度も何度もやり直して視力検査を通過させてました。

色んな検査を追加しても、更新頻度を増やしても、運転免許を更新して良いレベルを維持しているのかしっかり判断して適切な評価を下さなければ意味がありません。
ゴネられたり、暴言吐かれたり、大変なストレスのかかる作業になるとは思いますが、そこは警察が管轄してるもの。
能力もないのに免許を発行しろと宣う人は公務執行妨害で検挙しても良いと思います。


・母娘の告別式営まれる 東京・池袋の10人死傷事故