df6モデルで女優の水原希子(28)が、成田空港の入国審査官の対応に「英語ちょっと勉強して」と苦言を呈した。25日、インスタグラムのストーリーを更新し、成田空港の出入国審査での出来事をつづった・・





自動化ゲートで、やり方が分からず困っている外国人がいたという。

「係の人が助けてあげればいいのに、遠目から見たりはしてるけど、なかなか助けに行く気配はなくて、入国審査官の人も席に座ったまま、日本語で『指、押して下さい』とか言って、そんなのどう考えたって分かる訳ないと思って、ようやく5分後くらいに係の人が対応してたけど。

空港で5分待つってなかなか長いよ。効率良く仕事して、英語くらいちょっと勉強してPress your fingerぐらい中学生でもできるよ」と苦言を呈した。


・水原希子さん



自分の順番が来た時に、その旨を入国審査官に告げた。すると「そう言われましても、入国審査官がメインデスク?本部を離れる事はできない」と説明されたという。

「私が言いたいのはそういう話じゃなくて、人が少なくて本部を離れられなくても、自動化ゲートは日本人とは違って、外国人は入国審査官が結局パスポートをチェックするんだから、困ってる人に対して、日本語で説明せずに英語で説明してあげて、むだな困る時間を作らない様に早く対応すればいいだけの話。

『指、押して下さい』ぐらい英語で説明するべきでしょ。成田“国際”空港なんだから。地方の空港とかなら分かるけどさ。遠くから見て助けないとか何? その時間何?」と憤った・・

(source: 日刊スポーツ - 水原希子 空港の入国審査官に苦言「英語勉強して」


・入国審査



・気付いた貴方が一言教えてあげたら良かったのにと思います。

・反論するわけではないですけど、
英語圏に行っても 英語圏以外でも誰も助けてくれません。世界共通にするには、写真や動画でやり方を機械の前に置くしか対応策がないのでは。
そんなこと教える人がいるのでは、どれくらいの人件費がかかるか水原さん分かってますか。

・空港で五分待つのが長いとか、セレブの感覚で普通の人みたいに言わないでください。入管で1時間近く待つ季節を狙ってしか家族で海外に行けない、海外に行くなんてできない、そういう人たくさんいます。

・普通にある話。怒る意味がわからない。

・意見があるなら、ご自身のSNSに上げるのではなく、出入国在留管理庁(旧入国管理局)の問い合わせ窓口にご意見すれば良いのではないでしょうか。現場の人間に言っても改善されないと思いますし、規則に従って担当者は業務を遂行しているとすれば意見された方も可哀そうです。

・自分スタンダードの極み。いつもこの手の話を聞くたびに思うことだが、その外国人は英語を話す人だったのか。外国らしき人をみたら誰彼無に英語で話そうとする方が失礼なこともある。英語を学ぶ小学生が中国人旅行者に英語で話しかけている姿がニュースで流れているのを見たが、それは語学教育としてあるべき姿なのだろうか。

・水原さんだからと叩いてる一部の人もいるけど、そういう問題じゃなく彼女が言ってること少しおかしいですよね。
どこの国の人が困ってたのかわからないですが、英語で言われてもわからない国の人も大勢いる。言語よりもわかりやすいジェスチャーで示す方がいい。日本語でも問題ないはず。


・最近の水原希子さん