42動物性食品を一切食べない完全菜食主義を15年間続けてきた女性が、一転して完全肉食主義に転じたニュースが海外で話題になっている・・





15年間「野菜だけ」の女性、完全肉食に切り替え 想像を絶する“体の異変”


英紙「Daily Mail」(5月9日付)によると、米・カリフォルニア州在住のニコル・カーターさん(44)は、自身の健康と環境への影響を考え、18歳からヴィーガン(完全菜食主義者)になったという。

しかし、完全菜食主義を長年続けていくうちに関節痛や精神的不安、鬱、エネルギーの低下、不眠症、便秘、消化不良に悩まされるようになっていったそうだ。そして、2006年には胆石膵炎、2012年には潰瘍性大腸炎を発症してしまった。この頃には脱毛、倦怠感、膣カンジタにも悩まされるようになっていたという。


・ニコル・カーターさん



菜食主義に問題があると考えたカーターさんは、肉食主義者であるアンバー・オハーン氏に触発され、菜食主義を捨てた。

1日に1.5ポンド(約675g)のレッドミート(牛などの赤身肉)を食べる完全肉食主義に切り替えたところ、潰瘍性大腸炎が改善され、体重も59kgから54kgに減少したという。現在の1日の食事メニューがこれだ。

朝食:クリーム入りのコーヒー

昼食:ステーキ450g

夕食:ステーキ225g、時々、卵とベーコンを追加

飲み物:1日を通して水、コーヒー、炭酸水

野菜は健康に良いものだというのは、もはや常識となっているが、カーターさんは厳しい菜食主義を続けている人々に向けて、野菜の量を少し減らし、肉も食べるようにアドバイスしている・・


・私がヴィーガンをやめた理由



・例えばAさんは初め菜食主義だったがだんだんと調子を崩し糖尿病を発症してしまったが、のちに糖質制限(つまりは肉食)に切り替えたことろみるみるうちに体調は改善し糖尿病を改善させてしまった。糖質制限の提唱者である江部先生が有名だよね。
.
むろんこの逆があるのだ、つまりは最初は肉ばっか食っててそのうちガンになってしまい玄米菜食に切り替えたところガンを完治させてしまったという。この手の先生方は断食も推奨しているね。
.
ようするに体質の問題やその人の病気との相性の問題もあるのだ。
.
・この記事の人は極端すぎ。
肉食に変えてから野菜一切食べてないじゃない。バランス悪すぎ。
そのうちまた体調悪くなるからね絶対。
肉が良いか野菜が良いかじゃなくて、結局は栄養バランスなんだよ。
偏った食事が一番体に負担をかけてるの。

・西洋人は肉食の文化だから急に菜食に切り替えるのはリスキーだと思うけど、
日本人は鎌倉時代以降、おおかたの人が野菜と穀物、魚で生きてきたからね。
ブタ・牛・鶏を抜くのは、人によっては体にいいはず。
なぜなら、
私は長年、原因不明の体のだるさでどんどん動けなくなっていってたけれど、
腸に負担のかかる食材や肉を抜くようになって、いま元気を取り戻しつつある。
長い日本の食文化を考えれば、
肉の摂取が体の負担になる人がいてもおかしくはない。

・遺伝子検査ってのが重要視されるようになるだろうなぁ。


・ホリエモンが「ヴィーガン(菜食主義者)はクソだ」と断言する納得の理由