f5「かんさい情報ネット ten.」(月~金曜、後4・47)が13日、放送され、番組冒頭でキャスターを務める中谷しのぶアナウンサーらが勢揃いして謝罪した。同局は同日、問題となった企画コーナー「迷ってナンボ!」を当面休止することを発表した・・





 冒頭で、中谷アナをはじめ、10日の放送に出演していた小島康裕解説デスク、乾佐登司報道局長ら4人が濃紺や黒いスーツ姿で一列に並び、まず、中谷アナが「今日はまず、番組からお詫びをさせていただきます。先週金曜日、街で出会った一般の方のプライバシー、人権への配慮を著しく欠いた放送をしてしまいました」と声を震わせ、謝罪。

 「あの場であいまいな態度を取ってしまったことが、さらに多くの方を傷つけ、不快な思いを抱かせてしまったこと、深く反省しています」と語った。


・話題となっている「かんさい情報ネット ten.」の報道



 中谷アナは当該のVTRあけで、コメンテーターとして出演していた作家・若一光司氏が「許しがたい人権感覚の欠如ですね」「こんなもんよう平気で放送できるね」と怒ったことに対し、「皆さんの悩みを聴きながらということですから…」とフォローするようにコメントしていた。

 中谷アナの謝罪に続き、小島解説デスクが「私は金曜日、その場でVTRの内容が不適切であることについて、何ら指摘することができませんでした」と謝罪。乾報道局長も番組責任者として謝罪し、最後は4人揃って11秒間、深々と頭を下げた・・

(source: デイリースポーツ - 読テレ「ten.」番組内で中谷しのぶアナ声震わせ謝罪「あいまいな態度を…」




問題の放送も、謝罪の放送も見ました。
まず中谷アナは若一さんが指摘された時に、謝罪もはっきりした態度をとらずにサッとコーナーを締めたのが残念でしたね。

・今日の番組冒頭の謝罪を観た。もともと好きな番組、今回の件をキッカケに、視聴者に信頼される良い番組になってくれたらいい。若一さんの降板だけは、絶対やめてくださいね。

・若一さんは以前も朝日放送の番組で同じような事があり降板されましたがまた読売テレビも降板されてしまうのでしょうか。
このような忖度なしの人は番組に必要だと思います。吉本芸人やもとスポーツ選手ばかり出すニュース番組は疑問に感じる。特に関西ローカル番組。

・若一の怒鳴りが放送事故というよりあれをゴーサインだした裏方のトップ、編集長がメディアにかかわっているというのが放送事故と思う。

・演者であるアナウンサーだけに謝罪させずに、
裏方であるデスクや局長も出てきて謝罪された点に、
真摯な姿勢を感じます。

・番組見てたけど、あの放送時には若一さん以外は何にも疑問に思わなかったんだと思う。だから中谷さんもあんなリアクションになってしまったんだと思う。中谷さんも人に話を振ってばかりじゃなくて、自分の考えを言っても良いと思う。

・tenは視聴率が良くなってきて、少し調子に乗っていた感じがあったので、
驕れる者は久しからずとして、いい機会だったと思う。
最近の街ロケではカメラ回せば何でもありみたいに、
強引な取材をしているので、それも含めて見直していただきたい。