dfg名古屋市営バスで12日、車内販売用の乗車券や釣り銭が入った長財布(計3万6210円相当)がなくなるトラブルが起きた。車内や営業所内を捜しても見つからず、バスのドライブレコーダーを調べたところ、14日になって原因がわかった・・




市交通局によると、男性運転士(50)から12日、「前日に財布を車内に置き忘れたかもしれない」と報告があった。

車内や職場からは見つからず、ドライブレコーダーを確認したところ、11日午後0時53分ごろ、この運転士が運転席の右側にある窓のそばに財布を置きっぱなしにしていたことがわかった。

翌12日早朝に別の運転士がバスを運転し、午前6時23分ごろに同市瑞穂区の交差点を左折した際、開けていた窓から財布が落ちる様子が映っていたという。

職員が現場付近で財布を捜したが、見つからなかったという・・

(source: 朝日新聞デジタル - 窓からポロリ…バスで財布紛失、ドラレコ確認し判明


・名古屋市営バス



・ドラレコ役立ちますね。
義務化した方が良い。

・ドライブレコーダーの、新しい活用方法。

・歳をとってくると、どこに何を置いたのかすぐに忘れてしまうようになってきた

・最近は運転手を信用しなくなったのか、現金を持たせない会社も多くなりましたね。乗車券販売も機械にお金を入れる仕組みで。

・ドラレコ、様々に役に立つから装備義務にしても良いと思うけれど、むやみに他人のプライバシを毀損する使い方をする者がいるのも残念な事実。

・財布を持たせるのではなく料金箱だけで全て対応できるようにすれば金銭管理の心配も不要だし、車庫(営業所)でしか脱着できないので盗難などの不安も減る。
運転手は安全運転だけに集中できるようにしてあげてほしい。

・次の運転手が一番疑われたと思うけど、ドラレコの記録があってよかったですね。

・これは紛失した運転手を責められないね。本当に置き忘れだと思ったんでしょ。実際窓際に置いたんだし。盗られたかもと騒がなかっただけ良かったよ。


・運賃箱の裏側