dr松下氏は、ステマレビューが書かれる製品には、次のような傾向があるという。「一発でステマだと分かるのは、中国製のノーブランドなのに数百ものレビューが付いていたり、それらがすべて星5つになっている商品」・・





「この手のステマは、ブルートゥースイヤフォン、スマホのレンズやバッテリーといったデジタルガジェット系が多く、ほとんどは中国か台湾の製品です。日本や韓国の製品のステマは、まずありません」

また、ステマレビューの文面には、こんな特徴もあるという。

「レビューの内容は、おそらく機械翻訳で日本語にしたのだと思われる、崩れた文面が多いです。また、『山田太郎』のようにアカウント名が日本名になっていることが多いのもステマレビューの特徴です。日本人は本名でアカウントを登録することは、まずありませんから、ズラッと日本名のアカウントが並んでいると、一見して奇異な印象を持たれると思います」

一方、日本語がこなれているレビューの中にもステマは存在するようだ。

「レビューの中には、『これはメーカーからもらった商品ですが…』と但し書き付きで、堪能な日本語で書かれている商品もあるのですが、これもステマの一種だと思います」


・Amazonのレビューが嘘ばっかで全然参考にならない件



ところで、ステマレビューを書いたレビュワーには企業からどんな見返りがあるのだろうか。

「企業から打診されるステマレビューの条件は、『レビューを書いてもらえれば、商品を無料でさしあげます』というものがほとんどで、報酬が支払われるということは聞いたことがありません。レビュワーの中には『相手は中国企業だから、何もしてこない』と高をくくって、商品をもらえるだけもらってレビューを書かない人もいます」

「Amazonで良い商品を見分ける一番おすすめの方法は、レビューの分布を見ることです。Amazonの販売ページには、星の分布表が掲載されています。これを見て、もし星5つが一番多く、その次に星4つ、次に星3つという具合に評価が高くて自然な分布になっている商品は、信頼性が高いと言えるでしょう」

「星5つと星1つが多い商品は、初期不良があってそもそも商品が使えなかった人が多いということを意味しているので、避けるのがベターです。100個以上レビューが付いているのに、すべて星5つという商品はステマの可能性が高いので、注意しましょう。また、レビューが怪しいと思ったら、レビュワーのプロフィールを見ることも大切。同じ会社の商品ばかりレビューをしていたら、疑ったほうがいいと思います」・・

・詳細は(source: デイリー新潮 - Amazon“ステマレビュー”を見抜く方法 「家電批評」編集者が教える具体的事例


・アマゾンでとんでもないレビューを発見した件



・ステマではないが、楽天、ヤフーの評価で多い商品が届いてなく、まだ使ってもいないのに星五つつける人。 期待を込めて星五つつけます! とか意味不明な評価をつける人は評価の意味を理解しているのかな?

・競合他社からもイヤがらせをされる。
アマゾンは評価も検索順位に影響する。
本物を見抜くのが難しい時代です。

・先日、アマゾンのアカウントを乗っ取られて、同じイヤホンを80個購入され、80件レビューが勝手に書き込まれましたが、見事でしたよ。
日本語も自然だし、内容も自然にばらつきがあって、軽めのもの、硬めもの、長文、短文、ベタ褒めのもの、あっさり褒めるもの、初期不良を訴えるもの、期待していた機能が付いておらずがっかりだというもの、でもトータルするとまあ大丈夫そうだという印象を与えるような感じになっていたと思います。

・悪い評価は大いに参考にしているが、
良い内容はあまり信用しない。

・確かに私が購入したbluetoothヘッドセットに低い評価を付けたら、いかにも自動翻訳機で変換したようなメールが届きました。
低い評価を付けられると困るので返金か別の商品を送りますから評価を高く変更してくださいとのことでした。
あんまり評価というのはあてになりませんね。

・アマゾンのレビューなど信用しない。特に記事にあるように怪しげな日本語で高評価した商品は、連続して返品したことがある。
 

・Amazonで評価が低すぎる食べ物10個買ってみた結果