dt4月30日、「退位礼正殿の儀」で、安倍晋三首相はおそらく歴史に残る大失言をしてしまった。それが起きたのは「国民代表の辞」のほぼ末尾だ・・






「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません」

これでは、国民の大多数の願いとは全く逆だ。

文書として公表された「国民代表の辞」には当然、「願ってやみません」とある。なぜこんな間違いが起きたのか。
動画で確認すると、安倍氏は懐から出した文書を読み上げたのだが、「あられますことを願って」まで進んだところで一瞬口ごもり、その後で「あらせられますことを願っていません」と発言していることがわかる。

「願ってやまない」の「やむ」は「已む」と書く。「己」や、十二支の「巳」と紛らわしい字ではある。安倍氏が手にした原稿では教養のある官僚が漢字で書いていたため、なんと読むかためらって、「願っていません」と言ってしまったのではないかとも思われる・・

・詳細は(source: AERA dot. - 「已む」読めなかった? 安倍首相が歴史的儀式で驚きの大失言〈AERA〉


・問題のシーン



・正直、自分も読めなかった。
大事な式典で発言する内容は、予習しておくに限るな。

・作成した人がルビ振っといてあげれば良かったのに。
でもYahoo newsに載せる記事も誤字脱字多いけどな。指摘するなら自分らが正確な日本語学んでからにした方が良いと思うよ。

・このような読み間違い伝々を防ぐために、大事な文書には書いた人がふりがなを付けることを願って已みません。

・読めない字なんて林先生じゃないんだから誰でも沢山あると思うけど、大事な行事で大事な立場で発言するのに下読みもしない安倍さんの姿勢が大いに疑問だよね。

・ま、読めないご本人も問題だが、それ以前に取り巻きは何してたんだ?って話かと。。それだけ大事な式典で、かつ事前練習や読み合わせなどの時間も取れないとすれば、それ前提に準備するのが仕事かと。ご本人の滑舌の悪さが幸い(笑)して、うまくすり抜けた・・感じです。

・総理に限らず、官民問わず、上の人間は下っぱが作った文章をそのまま読むことはしばしばあります。忙しいから、事前に全文目を通すなんてやってられない。

今回の件は、一般であまり使われない漢字をわざわざ使った文書を作った事務方の配慮が足りなかったと思うなあ。


・天皇陛下ご退位 総理大臣による国民代表の辞