1224日午前1~2時ごろには、立たされていた心愛さんがまたおもらしをしてしまった。勇一郎被告は「もう着替えがないぞ。いつまで立っているんだ」と詰問し、心愛さんは「午前10時まで立っている」と言わされいたという・・





 心愛さんは、結局、24日朝まで風呂場に立たされていた。風呂場や廊下が寒いことは分かっていたが、なぎさ被告は「布団をあげなかった」。

 24日午前、心愛さんは風呂場で髪と肌着1枚でぬれて、肌着から肌が透けている状態で体育座りのような格好をしていた。勇一郎被告は「見ていないとすぐさぼろうとする。嘘をつく」といい、風呂の洗い場で立たせた。

 午後3時ごろ、勇一郎被告が「今から5秒以内に服を脱げ。5、4、3、2、1」と数え始めたが、心愛さんは脱ぐ力もなかった。勇一郎被告はボウルいっぱいに冷水をため、心愛さんの頭にかけることを3回くらい繰り返した。


・栗原心愛さん 虐待死事件




 そのあと、「シャワーでながせよ」といい、心愛さんはお湯を出そうとしたが冷水に変えさせ、「かせ」とシャワーをひったくると、背中や頭に躊躇(ちゅうちょ)なくかけた。心愛さんは背中を丸めて震えていたという。

 午後4時、勇一郎被告は心愛さんをリビングに連れてきてうつぶせにしてプロレス技をかけた。午後5時前後にまたおもらししてしまった心愛さんに「いい加減にしろ。俺は片付けないからな」といって、家族は夕食を食べたが心愛さんには与えなかった。

 午後9時、リビングに入って心愛さんがなぎさ被告に「トイレに行きたい」と言ったので、なぎさ被告は「いいよ」と応えた。心愛さんは「寒い、寒い」と言いながらリビングのストーブの前で手を伸ばして当たっていた。お風呂に入った方がいいと言って、なぎさ被告は「服は軽く水洗いして浴槽に掛けておいて」と頼んだ。

 午後9時50分、「もう寝ようか」と寝室に入ろうとした。これが心愛さんとの最後の会話だった・・

・詳細は(source: 産経ニュース - 凄惨な虐待、最後は服ぬぐ力もなく…千葉小4虐待死母親初公判


・心愛さん虐待死事件 傷害幇助の罪で母親裁判開始へ



・父親は極刑に処して欲しい。

・母親も大問題ですが、父親の行為は本当に許せません。出来ることなら死刑にしてほしい。

・これは父親は地獄すら生ぬるいですね。

・当時の状況を読んでて涙が出てきた。
怖い、痛い、寂しい・・・負の感情を全て抱えて生き絶えた。
父親には極刑を望みます。

・父親は自分が通報することで!助けようとしたってポーズを見せようとしたのでは
どこまでも卑怯で、心愛さんがかわいそうで読むのがつらい

・この供述を読んでとても悲しくなりました。
自分がお腹を痛めて産んだ子にこんな酷い事が出来るのかと…
父親と同罪、いやそれ以上に罰するべきなのはこの母親だと思います。
親になるべき人じゃなかったと思っています。


・虐待死事件で母親初公判 心愛さん「地獄だった」