112 俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKōki,が5月14日、自身のインスタグラムを更新。ファッション誌『Harper’s BAZAAR』(ハーパーズ バザー)中国版に掲載されたミニスカートにブーツ姿のショットを披露した・・






・モデルKōki,が「ホンモノ」富永愛から“遠回し”にこき下ろされる


 ネット上ではファンからお約束のように「かっこいい!」「相変わらずスタイルいいですね!」「世界で活躍する姿すごい!」などと、賛辞が上がったが、ほぼ、つま先立ちに近いハイヒールや、明らかに画像処理されている加工写真を見た多くの人からは、

《すぐバレる嘘をまだ続けているのか》
《Kōki,って実際はAIなんじゃね? まさに伸縮自在のモデル》
《股下加工やり過ぎだろ。恥ずかしくないのか》

 など、厳しい意見が殺到している。




 「もはや何度となく繰り返されている“写真詐欺”に、さすがに好意的なファンからも疑問の声が上がっています。先日公開された『シャネル』のランウェイでは、周囲のトップモデルとのスタイルの差をまざまざと見せつけられ“公開処刑”と話題になりましたが、シャネルの公式インスタグラムに投稿された写真では、他のモデルと目立った身長差を感じさせないことから、シャネルによる画像修正疑惑まで浮上しています。

ネット上では『中条あやみや榮倉奈々にも遠く及ばないのに、ファッションモデルどころかティーン誌モデルすら無理』と厳しい指摘が飛んでいます」(芸能記者)





 そんなKōki,の“偽造写真”をズバッと切り捨てているとウワサになっているのが、ファッションモデルの富永愛だ。身長179センチ、股下92センチという日本人離れしたスタイルで世界のファッションシーンを席巻。国際協力NGO『ジョイセフ』のアンバサダーとして社会貢献活動を行うなど、まさに日本が誇るトップモデルだ。





 「実は富永のインスタグラムに投稿されている一部の写真には、“#加工してませんシリーズ”とハッシュタグが付いているんです。これはもちろん、富永の9頭身スタイル画像に“一切の加工処理はしてません”という証明のようなもの。これがKōki,に対する痛烈な“皮肉”だとネット上で話題になっているのです。

富永は4月10日に放送された『ボディーミュージアム~美脚絶景~』(NHK BSプレミアム)に取り上げられた際、脚の整え方など、ただスタイルが良いだけでは美脚が維持できないことを紹介し、そのたゆまぬ努力に対して視聴者から喝采が上がりました。もはやKōki,とはプロモデルとしての意識の違いは明らか。レベルの違いをまざまざと見せつけています」(ファッション誌記者)・・


・Koki,さん