rrt妊娠中の職員が深夜まで働いていたのは、厚生労働省でした。確かに取材班には、これまでも省内の職員から働き方をめぐる悲痛な声が相次いでいます・・






厚労省で妊婦が深夜3時まで残業!働き方改革はどこに…


20代男性
「働き方改革と言われても、仕事が全く減らず上司がキレていた」
30代男性
「もう限界かもしれません」
20代女性
「霞が関は働き方改革においていかれる」

霞が関の異常な働き方は厚生労働省に限ったことではなさそうです。

でも、おかしいと思うのは、やはりこの省が働き方改革の旗振り役だからです。大企業の場合、先月から時間外労働の上限が月100時間未満となり、罰則も設けられたというのに…。

実際、省内の取材を進めると、驚きの実態が明らかに。


・残業200時間の職員も・・・厚労省 働き方改革担当部署



ある課では、妊娠中の女性職員が午前3時を過ぎても働いていました。彼女は国会待機や法案の対応をしていました。そのため月の半分以上、午後10時以降まで仕事をし、タクシーで帰宅する日が続いたといいます。

女性も、「妊娠しているため勤務を配慮してほしい」と訴え上司も人事課に増員を求めていました。しかし、「不祥事の対応などに人を割いているため増員はできない」として、改善はみられなかったといいます。

女性を知る40代の職員は「少子化対策をしている厚生労働省で妊婦を守れないのはシャレにならない。もし体に影響があったら、どうやって責任を取るんだ」と憤りをあらわにしていました。

さらに、過度な残業で体調を崩した人もいました。30代の古田一郎さん(仮名)は仕事中に意識を失って、倒れた経験があります。

「ある夜、翌日の国会に向けた準備を進めているときに、急に意識がなくなり、床に倒れました。気付いたら周りで、同僚たちが心配そうに顔をのぞき込み、自分の名前を呼んでいました。体力には自信があったんですが…」・・


・“答弁回数”など国会の業務量 厚労省がダントツ










・人手不足と働き方改革のジレンマ