33東京・池袋で車が暴走し、母子が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意聴取に・・





飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意聴取に「ブレーキをかけたが利かなかった」と説明していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

(source: 共同通信 - 「ブレーキ利かなかった」と任意聴取で説明


・話題となっている 池袋暴走事件





・いろいろと意見はあるかもしれませんが、往生際が悪いと思う。

・アクセルに問題が無かったら、今度はブレーキのせい?
病院でのんびり静養してないで、早く逮捕されてほしい!

・本当にこんな認識でいるのだろう。高齢者は運転に自信を持っている方も少なくないと聞くが、誤認知は技術や経験以前に病気と同様に本人の意思とは関係なく突然あらわれるものと理解した方が良い。
平時が問題ないから運転できるというものではないのだから。

・人が死んで、運転ミスを否定しているのに逮捕しない。
最近の死者がでた交通事故で逮捕されなかった事例を他に聞いたことがない。
このモヤモヤした感じは何?

・歩くとき、杖を使うほど足が弱っているから、踏ん張りがきかなかっただけ・・
 自動車の不具合ではないでしょう・・・・
 まだ逮捕しないという「特別待遇」には、あきれます・・・

・ここまで来ても自分は悪くないと言い張るとは。入院している間に、認知症認定されて減刑狙うよう弁護士に仕込まれたな。

・ブレーキ痕も無い様だし、ブレーキは踏んでないだろうね。
操舵とかアクセルとブレーキの動きを記録するブラックボックス的なものが必要なのではないかな。


・加害者から謝罪の意向「受け入れる気持ちになれず」(19/05/17)