gt浦和レッズGK西川周作が、物議を醸した湘南ベルマーレ戦での誤審について言及した・・






ゴールネットを揺らした直後、西川は失点したと認識していたようで、ボールをキックオフのためにセンターサークルに戻すような投げ方をしている。西川自身も「あの投げ方は、完全にパスではないですし、2-1にされて、切り替えていこうっていう声掛けをしていた時だった」と話し、「ある意味、初めての経験をした」と振り返った。

その後、元浦和の梅崎に「周作が『入った』って言えば落ち着くよ」と言われたが、「レフェリーにジャッジは任せて、俺からは何とも言えない」と返した。その上で「ここで何も隠す必要もないですし、あれはしっかりとしたゴールだったと思います」と、失点を認めた。

最後に西川は「逆の立場だったらありえないだろうし、そこは厳しくやってほしいなと思います」と、審判団へ正直な思いを口にしながら取材エリアを後にした・・

(source: GOAL - 「あれはゴールだった」失点を認める浦和GK西川周作…ピッチで梅崎司と交わした言葉とは?


・話題となっている誤審疑惑




・高額な賭け金を集めあり得ない控除率で賭けの対象試合になってるという自覚がゼロ。ただでさえ疑惑持たれている運営システムでこんな判定が出るようでは八百長をうたがわれてもしょうがない。オリンピックに回す金があるのならVAR等の整備は最低限でしょ本末転倒も甚だしい。

・チームに不利な事をあえて申告するのは難しいかもしれないが、申告してすっきりした形で再開していたら、逆転負けは無かったかもしれないと悶々とした気持ちになっているだろうね。
ただ、浦和の選手が責められるのは違うと思う。

・選手だって生活かかっているんだから、自分のプレーで得たPKとかならともかくチームの失点をGKの一存で覆すわけにはいかない。
マリーシアやダイブとはまた違う種類のもので、騙そうとしたわけでもないんだから西川を責めるのは酷。

・あれが入ったかどうか判断が出来ないのならば、審判の手当て総額は変えないで、両ゴールに補助審判をつけた方が良い。
審判のレベルが低すぎる。
ダゾーンで採り上げられるだろうな。
さすがにフォロー出来んだろうな。

・西川の態度を見ていたら明らかに決められた事を証明しているし、ボールの返し方を見たら明らかだ。逆に西川も汚名を着せられて被害者やわ。審判が決定権があるから仕方ない部分がある。ただ浦和サポーターはあのゴールを見て何を思ったのか。それが疑問。主審より副審二人の方が問題やし。第4の審判もいる訳だから審判同士で話し合いを出来るはず。