442白いナンバープレートを付けた軽乗用車が茨城県内で増えている。きっかけは、ラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪・パラリンピックを記念する白色プレートの交付。背景には、「黄色ナンバー」へのコンプレックスがあるようだ・・





一般社団法人全国軽自動車協会連合会(東京都)によると、茨城県内の軽自動車のシェアは18年の3月末時点で約35%(全国39位)。道路上では少数派だ。ひたちなか市の中古車販売業、山田久義さん(39)によると、ドライバーたちからは、黄色プレートに対して「ださい」「他の車にあおられる」などの声が根強いという。

記念プレートは、新車だけでなく、すでに所有している軽自動車も付け替えられる。SNSなどでは、軽乗用車でも白色プレートがつけられる「裏技」として、記念プレートを取得する方法も紹介されている。山田さんは「交付が始まって以降、軽を買う人の半数以上が記念プレートを選んでいる」と話す・・

(source: 朝日新聞デジタル - 「ださい」黄ナンバー、白に変える裏技 茨城で増加中


・記念プレート



・白ナンバーにしたいんなら軽に乗らなきゃいいのに。どうしても白ナンバーが良いのなら普通車に乗ればって感じ。
軽なんだから黄色でいいと思うけどなぁ。

・ナンバーを変えても軽は軽です。
誰が見ても軽は軽です。事故の時にナンバー覚える事の方が大変なのに陸運局はその辺のリスクを考えて居るのかな・・・黄色ナンバーと白色ナンバーだけでも車種は特定されるのに紛らわしいですね。

・むしろ白にしてる方が足掻いてるようで痛々しい。

・白ナンバーにしてる方が、「そんなに嫌なら普通車にすれば良いのにね」って気分で見てしまう

・白になってもおそらく煽られることは変わらないと思うけど。
しかしタイヤも細く、不安定、ブレーキも甘く、パワーも無い軽自動車は自然と車間距離を開けてしまう。それが自然で、一生懸命走っているクルマに煽りはダメだろう。
たまに煽っている方が軽自動車だったりする。大事故の予感がする。


・軽自動車の黄色いナンバープレートを白色に変えられる?!