dft元ライブドア社長の堀江貴文氏(46)が24日、ツイッターを更新し、幻冬舎騒動に言及した・・





幻冬舎代表取締役社長の見城徹氏(68)が作家・津原泰水氏(54)の著書の実売部数をツイッター上に公表し、大騒動になったことで、多くの作家から批判を受けた見城氏は謝罪後、19日にツイッターの終了に追い込まれた。

この話題を振り返った堀江氏は「つか、作家って実売部数公表されたくらいで折れちゃう豆腐メンタルなの?笑」とつぶやき、津原氏に同情した作家らをけん制。逆に経営者としての見城氏の立場を擁護した・・

(source: 東スポWeb - 堀江貴文氏が幻冬舎騒動に言及「作家って実売部数公表されたくらいで折れちゃう豆腐メンタルなの?」


・話題となっている 幻冬舎の報道


・堀江貴文さん 幻冬舎騒動に言及



・出版業界の売り上げの指数を発行部数から実売数に変えたらどうなるか気になる

・これ、同じことを思いました。
売れた時だけ何万部って公開して、売れなかった時には秘密にするということには違和感を覚えます。
個人事業主なんだから、仕事の結果はそのご本人の実力でしょう。奮起して次に頑張ればいいのでは?

・見城氏は、自社出版物への批判に対しては、言論で反論すべきでした。そもそも出版人は、言論の自由を守るべき立場でしょ?当該作家の批判は、出版妨害でも何でもない。見城氏の過剰反応としか思えません。いかにも報復が目的としか思えない「見せしめ」的なやり方だったから、これほど反発が大きかったということかと。
このような想像力の働かない方々が、世の言論に影響を与える立場にいることが問題なんです。

・実売じゃなくて発行部数だからね
しかも本屋は買い取りじゃなくて委託販売
40%は返品されるっていう統計もあるらしいし
発行部数に4掛けすればおおよその実売かもね

・信用と信頼の問題でしょ?
メンタルどうこうの話ではないと思う
公表するのは別にいいけどタイミングや言い方が悪い

・自分は売上を粉飾してたのに?


・見城徹氏