7782019年6月9日、世界は終焉を迎える——米国のある牧師の主張が話題になっている・・






ついに6月9日、人類滅亡することが判明


このたび6月9日に世界は終わると予言しているのは、米国の牧師ロナルド・ウェインランド氏である。6月9日は新約聖書で描かれた聖霊降臨「ペンテコステ」の祝祭日に当たり、ウェインランド氏によると、このタイミングに合わせてイエス・キリストが再臨するのだという。

キリスト降臨の理由は、もちろん人類を救うことにある。ウェインランド氏によると、6月9日の直前に世界的な核戦争が勃発し、第三次世界大戦の惨禍から人々を救うためにキリストが再臨するということだ。

「核戦争がキリスト降臨のきっかけとなりますが、それは戦争という人類の問題に介入し、止めることが目的なのです」(ウェインランド氏)


・ロナルド・ウェインランド氏



あとたった十数日で世界は終焉の時を迎えてしまうのか……。実はこのウェインランド氏、過去にもほぼ同様の内容で世界滅亡の予言をしている。2011年9月29日にキリストが再臨し、2012年5月27日に世界は第三次世界大戦により滅びる……という内容だ。知っての通り、この予言は当たらなかった。その後、2013年に滅びるという予言を出している。

「(今回キリストが現れなければ)次の機会は2020年のペンテコステになるでしょう」(ウェインランド氏)

 このように、予言が外れることを予期してか、ウェインランド氏はあらかじめ予防線を張っているようだ。ちなみに2020年のペンテコステは5月31日に当たる。


・人類が滅亡すると言われている日5選



・そうすると東京オリンピックが無くなるので、風俗店とかの浄化作戦も無くなるから凄く良いね。

・ロックの日だね。こりゃ縁起がいーね!
でもいきなり終末ってのはナイからねー。

・月刊「人類滅亡」
さて、今月の特集は!

・所謂【店じまい・閉店セール】ちゅ~事だっちゃ

・昨日の晩飯、何食べたか覚えてるけっ?

・滅亡ビジネス笑いが止まらね〜

・終わってるのはコイツの頭ン中だろ

・コメ欄見ててふと思ったのだけど、某キリスト教徒たちは、人々が「安全だ~、安心だ~」と人々がいい始めた時滅びが訪れイエスキリストがやって来ると本気で信じているのだけど。
と、するならトカナ教とトカナ教徒たちが「危険だ~、危険だ~」と騒いでいる間ならば『まだ安全で』。
「安全だ~、安心だ~、安泰だ~」などといい始めたならば本気でヤバい状態なのだと言えるのかもね。
陰陽的な概念の話もあるしね。


・人類が滅亡したら起こること8選