fh大阪府吹田市で警察官を刃物で刺し、拳銃を奪ったとして逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)。東京都内のゴルフ練習場で働き、清掃作業などをしていたが、事件直前に体調不良を訴え、初めて長期の休みを取っていた。





飯森容疑者、大阪で高校まで過ごす=ゴルフ場勤務、事件前から休み


同級生らの話や本人のものとみられるフェイスブックなどによると、飯森容疑者は吹田市内の小中、高校を経て駒沢大を卒業した。

勤務先の上司によると、別の会社で働いた後、昨年11月から勤め始めた。ゴルフ好きで「プレー経験は10年以上」と話し、5年ほど前にこの練習場で個人レッスンを受けていた。今月初旬にも沖縄へゴルフ旅行に出掛けたという。

これまで遅刻などはなかったが、今月10日、精神的に不安定だなどと訴え、休みを要求。当初は3日間の予定だったが、「6月いっぱいは無理」として延長した。15日夕、「25日ぐらいから復帰できそう」と電話で伝えてきたという。

飯森容疑者は中学時代、野球部に所属。チームメートによると、真面目で温和だったが、終始控えめで印象は薄かったという。卒業と同時に引っ越し、連絡は途絶えていた。

同級生の男性(33)は「事件後に公開された映像を見ても(本人と)分からなかった。まさかこんな事件を起こすとは」と動揺した口調で話した。


・フジテレビ 元自衛官と報道


・父親は在阪メディア役員


防犯ビデオの公開直後から飯森容疑者の目撃情報が相次いだ。

「公開すると、現場から2kmほど先にあるホテルに泊まった男ではないかという情報が寄せられた。調べると6月14日にチェックインした。防犯カメラの男に似ており、挙動不審でチェックインの際も周囲をきょろきょろと見まわしていたという。その後、報道を見た飯森容疑者の父親から、『うちの息子ではないか』との情報が寄せられた。さらに調べると、現場近くの量販店で血が付いた服を着て男が現れて衣料品を買っていたことが判明した」(捜査関係者)

 飯森容疑者の生まれは神奈川県だが、育ちは現場近くの大阪府吹田市だという。通報した父親は在阪メディア役員で、飯森容疑者は大阪府内の中学校から公立高校に進み、東京の大学に進学したという。

「確か中学校時代から野球部にいて、かなりうまかった。勉強もよくできたし、いいやつだった。それがこんな事件を起こすとは思いもしないですよ」(同級生)

飯森容疑者は大学を卒業後、東北地方の民放テレビ局で仕事をしたが、なじめずに辞めたという。 その後、東京に戻り、事件直前までは品川区内のゴルフ練習場で仕事をしていたという。


・父親が関西テレビ常務の飯森睦尚氏との噂








・大阪拳銃強奪 33歳男を山中で逮捕 捜査本部へ移送