cdt吉本興業は24日、宮迫博之(49)ら芸人11名を当面の間、活動休止の謹慎処分とすることを発表した。宮迫らは詐欺グループの催しに事務所を通さない“闇営業”で参加し問題となっているが、これまで本人たちが否定してきた現場での金銭授受が認められ、処分に至った・・





同社は書面で「本件は、5年ほど前に、芸人が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたとするものです。弊社が、複数回にわたり、該当タレントへのヒアリングや各自の記憶の整理、確認を丁寧に行った結果、該当する芸人において、反社会的勢力主催の会合であるとの認識はなく、また、報じられていたような金額ではありませんでしたが、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と説明。

 宮迫は「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメント。


・話題となっている 闇営業の報道




 「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」。

 「どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした」と記した。

 このほか、活動停止・謹慎処分となったのは、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)、レイザーラモンHG(住谷正樹 43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、ザ・パンチ・パンチ浜崎(38)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、2700の八十島宏行(35)、2700・常道裕史(36)、ストロベビー・ディエゴ(41)。

・詳細は(source: オリコン - 謹慎処分の宮迫博之が謝罪「間接的に金銭を受領」 田村亮、福島善成ら11人【コメント全文】



・知らないし、ノーギャラだといってたのに今更白々しく謝罪ってかえって問題だと思うが?嘘をついていたと言うことですね?もちろん知らないはずはないし、ノーギャラはあり得ないと分かっていた。そんな説明に納得せよという方に無理があった気がする。いつも事実を曖昧にして誤魔化す宮迫のモラルは問題があると思う。入江だけ解雇でこの男がただの謹慎ならばさらに問題だと思う。良い機会だから反社会勢力がらみであることも考慮して宮迫もっと厳しい処分をするよう願う。

・最初から潔く認めて謝罪してれば多少は救われたかも…
宮迫さんら芸人が悪いのはもちろんですが、
吉本興業にも大いに問題アリですね。
このイメージダウン払拭するのは無理かもしれない。
特に宮迫さんはね。

・誤報といった吉本はなんだったのだろう。
そこまで守ろうとしてる意味がわからない。

・間接的ではありますが、金銭を受領していた・・・
この場に及んでまだ言い訳をしているような感じがする。
潔さがない。

・今回は虚偽の報告をしたことを謝罪するべきで、参加したことを謝罪するのはお門違い。
もし吉本が全員にもらってないことで通そうと提案したのなら最後まで守るべき。
参加した芸人が悪いのだが、ここまで全員が金銭をもらってないと揃っていうのだから吉本側が提案した可能性も高いと感じる。

・島田紳助の過去の実例があるので吉本興業は今回の当事者を解雇せざるを得ない。
当時の島田紳助の方が今回の彼らよりかなり売れていたし偉大だった。

・先輩面すんのはいいよ!でも、それと仕事は別。親方になった気分で…後輩の面倒を見る…ね。それ、社会の酸いも甘いも経験してから…やってくんないかな?大体こういうことが起きるってのは…布石があって起こるもの。こうなりそうだなあ~!っての分かってやったよね?なら隠蔽の罪で同罪だね。TOKIOの山口の件から比べて…悪質だし、やはり解雇だろうね!

・最初に嘘をついてしまうと、結局バレたらすべてが信用されなくなる良い例。
闇営業という当人たちと吉本との契約の問題。ギャラが発生したのなら、どのようなやり方で受け取り、該当分の納税はされたのかという問題。反社会勢力との付き合いはどこまであったのかという問題。
この3つに関しては、当人たちと吉本は明確に発表する必要があるのでは。


・速報。ミヤネ屋 吉本芸人金銭授受があった件