331使用自粛にまで発展した“お前騒動”だが、巨人サイドからは「よっぽど子供に悪影響ではないか」と、新たな問題提起が-。巨人の球団歌が球場で流れる際、中日ファンが「・ね、・ね、くたばれ!」と絶叫する替え歌が定番化している・・





 4日の巨人戦(東京ドーム)は1-5で7回に突入。ラッキーセブンのお約束で、まず中日の応援歌「燃えよドラゴンズ!」が流れた。左翼席で意気上がる竜党の声援を受け、中日が2点を返して7回表が終了した。

 今度は「闘魂こめて」の通称で知られる巨人の球団歌のイントロが聞こえてくると、スタンドの竜党から激しいブーイング。さらに「ゆけゆけ、それゆけ、巨人軍~」という歌詞のサビに入るや、右翼席の巨人ファンの歌声にかぶせるように、左翼席の声量が一気に上がり「・ね・ね、くたばれ、巨人軍~」という替え歌が熱唱されたのだった。


・話題となっている 応援歌「お前」騒動




 これは何も珍しい光景ではなく、何年も前から常態化している。巨人サイドは眉をひそめつつもあきらめの体できたが、いわくつきの今回の3連戦でも繰り返されたことに疑問の声が上がった。

 「中日の応援歌が自粛になったのは、球場で応援する子供たちが選手を『お前』と呼んだら、言葉遣いに悪い影響があるって理由でしたよね。だったら『死ね』とか『くたばれ』の方が、よっぽど子供に聞かせたくない言葉だと思いますけど」


・「お前」の入る応援歌



 さらに客席からグラウンドに投げかけられる不適切な発言について、次のような持論も語った。

 「今年はどこの球団でも、誹謗中傷(禁止)とかアナウンスが流れるじゃないですか。みなさんもご存じでしょうけど、とても言葉に表せないことをいう人がいっぱいいる。これは事実ですもんね。

『あっ、こんなことをいう人がいるんだ』というのも中にはいる。それは間違いなく正しくはないこと。これは学校や近所で遊んでいるときでもそう。不快な言葉はどこへ行っても不快ですからね。野球場だからやめなさいということではなくて。『野球だからいいでしょ?』『芸能人だからいいでしょ?』ということではないと思う」・・

(source: スポーツ報知 - 応援歌“お前騒動”で新たな問題提起 竜党応援団が巨人相手に「死ね」「くたばれ」替え歌大熱唱 与田監督の思いは届くのか


・「・ね・ね、くたばれ、巨人軍~」



・これについては何年も前からやってるし、あと公式応援歌じゃなく、注意しても無駄だと思うから巨人ファンは、どうぞ勝手にやってくださいって思ってると思う。
まあでもあきらかにこっちの方が子供の教育上良くないし、不適切だよね。これについて与田監督は何も思わないのであれは、異常。

・これを何も言わなかったら
与田はどうかしてるかと

・中日ファンですが、ナゴヤドームでも一部のファンが巨人戦で替え歌を歌っています。
とても気分が悪いですし、白けた気持ちになります。こどもたちにも聞かせたくありません。
あの歌を面白おかしく大声で歌っているファンは、同じドラゴンズファンでも心から軽蔑しますし、気分が悪いので本当にやめてほしいです。

・チームが弱い上にファンが下品ときたら救いようがないよね。

・阪神は、替え歌じゃなく、クタバレを使って、相手チームをけなしてますね。これに対し桧山元選手が注意する画像が甲子園で流れてますが。

・こういう時こそ、ドラゴンズ応援団は世間を味方につけなくちゃいけないのに、残念だね。
応援団主導ではないと突っぱねられるかな?
他もやっているからウチも、というのは安直すぎるわ。


・お前は教育上不適切?ナイツ塙さんと応援歌の歌詞問題について語る