gy米イリノイ州チェスターフィールドにある高校のトイレの壁の中から、約75年前の財布が見つかった・・






廃校になった校舎は現在教会への改修工事が行われており、1940年代半ばに盗まれたと思われる財布15個が配管工の男性によって発見された。

1940年代半ばのものと思われる財布が見つかったのは、改修中の元セントラリア高校の女性トイレの壁の中で、写真や身分証明書などが入った色褪せた財布が通気口の奥に15個も押し込まれていた。


22


シティ・ホープ教会の牧師であるセス・バルツェルさんは先月20日、持ち主を探そうと自身のFacebookに財布の写真と身分証明書から割り出した8人の名前を投稿し「心当たりのある方はご連絡ください」と呼びかけた。
セス牧師によると、財布はほとんどが女性用で現金は入っていなかったが、当時は終戦間近だったため兵士の写真が多数見つかったそうだ。

そしてこのセス牧師の呼びかけに、同高校に通っていたという女性が名乗り出た。女性はセントラリア出身で現在はミズーリ州に住む、89歳のベティ・ジューン・シスサムさんだった。

ベティさんは地元テレビ局『KSDK』のインタビューに応じ、女性記者に財布を手渡されると「信じられないわ。赤い財布を無くしてしまったことは覚えていますよ。でも今頃になって出てくるなんてね…」と興奮気味に語った・・

(source: Techinsight - 75年前に盗まれた財布15個 学校の改修工事で見つかる(米)<動画あり>


dsh


・ノスタルジーを感じる話やなぁ

・革財布がなんだってんだー!!(バリバリ

・イイ話……なんですかね……?

・池の水抜くと結構財布出てくるよな

・>「当時は女学生も革財布だったんだね。時代を感じさせるよ」 今は違うの?

・連続窃盗事件として当時問題になっただろうに、75年も経てば美談になるのか。

・ちょっとしたタイムカプセルだな、なんか臭いそうだが

・セントラリアってサイレントヒルのモデルになった町じゃねえか!このおばあちゃんまさか…

・放課後の魔術師いそう

・多分もう犯人は絶対に捕まえられない所に逝っちゃってるんじゃない?持ち主の被害者も大半は…。


・ニュース映像