gh触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた・・





ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。

クマバチに寄生し、クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、多様な場所で見られるという。

 生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、もともと近畿地方には生息していなかったが、1976年に和歌山県で発見され、京滋では2009年に京都市伏見区、12年に栗東市で確認された。

(source: 京都新聞 - 危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ


・ヒラズゲンセイ



・自然界の赤は危険が多いね。

・危険生物の授業、義務化してほしい。
現在やこの先、危険生物増えそう

・鮮やかに赤とか黄色とか自然界では毒持ちで危ないよなぁ。
自分を守る為に明らかに周りとは違う色にしてるって事でしょ。
でも、珍しいと思って触ってしまうよね。

・こんなん、ちっちゃい男の子が目を輝かせて捕まえに行くやつやん。
やはり自然界で鮮やかな目立つ色というのは毒を持ってるというアピールなんですね。

・私が小学校くらいの子供だったら間違いなく捕まえていたと思う。
子供の頃は蛇に噛まれたり毛虫や蜂に刺されたり、あとはよくわからない虫を捕まえて腕とか足がかぶれたものだった。
昭和と比べ今の時代は温暖化していて生物の形態や生息分布も広がっているので注意が必要ですね。ヒアリやセアカゴケグモなんかもよくニュースで見聞きしますね。


・ヒラズゲンセイ