887ジャニー社長から直々に〝後継指名〟を受けている若き幹部T氏が、『TOKIO』に異例の扱いを見せる可能性が高くなった。一部週刊誌でもすでに報じられているが、グループの看板である長瀬智也の不満が爆発寸前。他事務所への移籍を強行しかねない状況だという・・





「長瀬は音楽志向が強く、バンドとしての活動を望んでいる。そのために移籍話も出てきたのでしょう。『TOKIO』の事務所への貢献度は非常に高く、特に長瀬は10代からソロアイドルとして活躍。亡くなったジャニー社長の信頼も厚かった。T氏も『TOKIO』を先輩として立てていますし、だから4人そろってテレビにもよく出ている。長瀬が反乱を起こすことは、まずないでしょう」(ジャニーズライター)

とはいえ、やはり長瀬には引っ掛かりがあるようなのだ。それは、昨年5月、ワイセツ事件を起こして契約解除された元メンバー・山口達也氏の問題だ。


・ジャニー喜多川氏 亡くなる




「長瀬は『TOKIO』という音楽グループにこだわっている。山口氏はベース担当でしたが、ライブなど演奏する際に、誰がベースをやるのかという問題が出てくる。バンドでは臨時メンバーはありがちですが、それでは長くは続けられない。しかもジャニーズ事務所のコンセプトはグループアイドルですから、臨時はあくまで臨時。長瀬には、どうしても山口氏を復帰させたい思いがあるのです」(同・ライター)

山口氏は、昨年、女子高生にワイセツな行為をして起訴猶予処分となっている。

「ジャニーズ愛の塊であるT氏は、山口氏を許せない。ジャニー社長がいなくなった今、その思いはさらに強くなっているでしょう。翻って、山口氏が事務所を契約解除されたのは昨年5月のこと。最近ではボロボロになり、うらぶれた山口氏の姿も週刊誌に掲載されています。

そんな山口氏の近況に、T氏としても少しずつ揺れ始めたようなのです。ジャニー社長の件が一段落付き、折を見てジュリー副社長に提案。『TOKIO』を系列会社への〝社内異動〟を進言したいようなのです。社長は城島茂。そうすれば城島の会社ですから、山口氏復帰の〝ウルトラC〟もあり得るのです」(女性誌記者)・・

(source: まいじつ - 山口達也氏復帰へ...ジャニー社長の訃報受けT氏の“揺れる思い”


・話題となった 山口達也さんの報道







・薬物中毒の「田代まさし」がNHK教育で復帰果たしたのに、TOKIO山口はまだ謹慎なんて。山口なんて同じ番組それもNHK教育の番組出ていた17歳女性に電話して呼んだだけ、女性が拒否すれば何もなかったのに下心丸見えで行くと、そして酔っているのをいい事に、事実かどうかも判らないことを言って山口を潰した。これって昔の「横山ノック」氏と同じ構造だね。

・だがまだ早い。今戻ってきてもいいことは何もない。

・何もしないよりかは、ある程度仕事させながら、他のメンバーとスタッフの目の中で治療し続けた方が早い。いつまで治療だけの何も仕事しない日々を送らすのかね。あの事件は女性の方にも問い正す所有ったから、刑事裁判になっていないのに今まだテレビ出演できないとは。そこまで未成年女性は清い人間なのかね。本当にこの国の人は若い王女様に弱いのだね


・太一 ジャニー氏 家族葬について語る