443きっかけは2019年7月11日、ツイッターユーザーが「公式サイト見てみたら、本当にまんま丸パクリ」として、セシルマクビーの商品「フロントボタンタイトワンピース」がハーリップトゥの「Puff Sleeve Midi Dress」に酷似していると指摘したことだ・・





ハーリップトゥの同商品は5月に発売すると間もなく品切れとなり、7月3日に再販売を始めたことが公式サイトでアナウンスされた人気商品。一方、セシルマクビーの同商品は7月中旬に発売予定で、複数の通販サイトで予約を受け付けていた。

デザインを見ると、ボタンの配置、カラーリング、ストライプ模様、丈の長さ、パフスリーブなどがよく似ている。ツイッターでは「セシルマクビーはブランドとしての意識ないのかな」「そのまんますぎる」「せっかく作り上げた物をこんな風に真似されるのは嫌だよね」などと小嶋さん同様、セシルマクビー側を問題視する声が寄せられた。





セシルマクビーを運営するジャパンイマジネーションは12日昼、J-CASTニュースの取材に対し、商品デザインが酷似していると指摘があがっているのは把握しているとした上で、その原因などについては「現在社内で調査中です」と答えた。

販売については「一旦中止しました」とし、「今後もう一度販売するかどうかは、誤解を生じるおそれがございますので、現在のところ未定です」と話している。

実際、一部の通販サイトではセシルマクビーの同商品ページが削除されているのが確認できる・・

(source: J-CASTニュース - 小嶋陽菜ブランドと酷似?「これはやりすぎ」と本人も怒る セシルマクビー、指摘で販売いったん中止




・コスト削減の為、生地屋さんのサンプルをそのまま着数で購入した場合、酷似することがある。
小嶋さん側が、生地を購入し、デザインして縫製工場も、別なら、真似して縫製したのだろうが、アパレルでは、良くあります。
日本のアパレルは、プライドはないと思った方がいい。

・繊維業界のものですが、今のアパレルの多くは、市場で売れているものを購入して自社のブランドとしてアレンジして売る事が多い。ロゴのスペルが違うだけなんて物も当たり前。全く同じ服が複数のブランドで売られている事も有ります。
だから今回のような事は日常茶飯事。

・小嶋がパクったのではと思ってしまった

・すげーじゃん!逆かよ!!

・ショッピングモールまわっていると、ほぼ同じデザインの服が色んなブランドで売られていることが多々あります。
なぜいつも、一部だけが問題に上がるのかが謎。

・アパレルではよくある。
他ブランドの良い商品マネしたり、写真撮ってぱくったり。CECIL McBEEも今や安っぽいイメージ。

・デザイナーあるいはデザインを請け負った会社が同一という可能性もある。