gty動物をモチーフにした柔らかな感触が特徴のフィギュア「もにまるず」の作者と販売会社が、類似品を販売しているとして、100円ショップ「ダイソー」を運営する大創産業(広島県東広島市)に抗議文を送付したことが18日、分かった・・





作者の渡部学さん(30)と販売する「エムループ」(東京)が問題視するのは、ダイソーの「ぷにゅぷにゅあにまる」と称する商品。頭や胴体、目、口、鼻などの主要部分に加え、デザイナーの個性が反映される細部の造形まで「極めて類似している」と主張している。

販売中止と在庫破棄を求めている。

(source: 共同通信 - ダイソーに販売中止求める フィギュア作者「類似品」


・問題の商品


・これはダメだな
似すぎ

・かなり似てるように感じる。もし自分が当事者ならば、訴える。

・ダイソーはパクリの宝庫でございますよね。

・ダイソーで見た時、本家が許可したの?とは思ってた…。
他商品でも似たようなぷにぷに感はあるけど、この件は明らかに形デザイン一致してる…。

・ダイソーだけじゃなくて、もにまるずに似てるのはたくさん売ってる。
もにまるずも似てるやつも持ってるけど、もにまるずは手作りだからコストかかるんでしょうけど…高いんですよねえ…特にキャラコラボもの…。
まああの素材は唯一無二とは思いますが…。

・確認してきたけど、これはパクリと言われても仕方ないレベル。
でも100均だから耐久性とかはないに等しいね。

・ダイソー側が止めると言っても、既に1000個以上は生産されていて、この話題を知り買いにいく人で売り切れてしまうから、ダイソーとしてはホクホク顔だけ。

・無印良品が一番の被害者だと思うけど、ダイソーはパクり商品だらけ。
訴えられないのが不思議なくらいだったから、やっとか、という感じ。

・こりゃアウトだな。これ作ったダイソー担当者は意図的で悪意があるでしょう。


・ダイソーの「ぷにゅぷにゅあにまる」