gfy反社会的勢力の宴席での闇営業と金銭受領が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、吉本から謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を行った。亮は契約解除を希望した。





 2人は経緯を説明。6月8日以降、吉本に反社会的勢力から金銭受領があったことを伝え、謝罪会見を希望したが、吉本側に阻止されたとした。岡本昭彦社長から謝罪会見について「やってもええけど、ほんなら全員クビにするからな。おれにはお前ら全員クビにする力がある」と言われたことを明かした。

 さらに2日前に吉本から突然、引退会見か契約解除を選ぶよう通告され、会社主導の会見を求められたとした。亮はネット視聴なども可能にしてほしいと希望したが、吉本から「いやいや、そんなんこっちで決める」と言われたとした。また「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」とも言われたとした。

 亮は「なにが大丈夫なんか分からん」と不信感がつのったと説明。「好きだった会社がこんな風に変わるんだ」と感想を語った。

 2人は会社を辞め、自分達で会見を開く道を選んだと説明した。

(source: デイリースポーツ - 田村亮 吉本の謎発言を暴露「在京在阪のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫や」


・問題のシーン




・本人たちがここまで暴露しても、キー局は吉本に忖度して数ヶ月もすれば彼らが居ない日常だけが戻ってくるんだろうなぁ。
もちろん彼らのした事には大いに問題があったのだが、本人たちが謝罪会見をしたいといってるのを静観しようとしていたのは、吉本自体がたいして重大な事と考えてなかった節があるように思える。

・吉本興業は終わったな。顧客でもあるテレビ局は吉本との関係を一切やめるべき。
事務所は吉本だけでは無いんだから、所属芸人は他の事務所に移籍すればいい
と思ったけれども、吉本の株主構成見てビックリ。民放大手各局など名前がびっしり
でも、だからこそ、株主として吉本を変えていくべき
もし株主達が自らの利益の為に動かないなら稼ぎ頭の芸人たちが動くべき
人気芸人が居なければ、会社が回らなくなる。

・会見みてるけど・・・・
こんだけ切実に事実を語る会見を行っているのに、
会社側の責任者がいない会見とは、どういうことか?
トカゲの尻尾切りで、勝手に喋らせてみたいな感じで、
この2人以上に不信感を感じた。

・「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」とも言われたとした。
何が大丈夫か?
というのはなんとなくわかるけど、つまり昔からそういうズブズブの関係だった訳でしょ。テレビ局も説明責任があるのでは?

・これは大問題発言だという気がする。良い機会だから民放各社がここをどう報じるかチェックしてほしいと思う。

・ここの部分を民放は多分放送しないと思う

・まさかのテポドン投下・・・これは驚いた。個人でもやり方次第で組織と戦えることを証明した山口真帆、ジャニーズ事務所に公取委が注意したことで特定の組織に忖度する必要はなくなったというのも背景にあるのか。いずれにしろ闇営業の一件は反省すべきだが筋を通そうとしたのはわかった。令和になって芸能界大激震だな

・ここまで語ってくれると思ってなかったので、会見内容が本当なら、会見をして良かったなと。全部見てないけど・・・吉本はもっと、きちんとした会社かと思ってましたが、普通の会社以下でした。上に立つものの行動とは思えません。ボイスレコーダーの話がありましたが、実際、会話を録音してもらえてたら、もっと真実が伝えられたのに。

・吉本興業の会社の体質がよくわかる会見だったな。経営者がコンプライアンス遵守出来ないのであれば、会社としては成り立たない。もう時代は大きく変わっている。かんぽも一緒で解体すべきでしょう。